夫との生活に疲れたら…プチ別居でリフレッシュしてみよう!

プチ別居
結婚当初は周りも認めるほど仲がよかったのに、今となれば夫との生活に疲れを感じている…夫がいる生活に嫌気が差す…と、結婚生活に「疲れ」を感じている方にオススメの方法があります。結婚は恋愛とは違い、すぐに放り出せるものではありません。また、子どもがいる場合は、すぐに離婚をするという結論を出す事もできませんよね。もし、あなたが夫との生活で「疲れている」状態なら、「プチ別居」をしてみませんか?

結婚生活がうまく行かない原因って何なの?

家事をしない夫
ため息が出てしまうような毎日から一刻も早く抜け出すためには、知っておくべきポイントがあります。結婚生活がうまく行かない場合は、そのほとんどに以下のような「原因」や「理由」がある事でしょう。今現在、疲労感に襲われてしまっている方は、夫との生活に疲れている原因や理由を、まず知る事から始めましょう。

夫婦の間の価値観の違いが大きな原因となる

「話が合わないなと感じる場面が増えた」「夫とは考え方が違うため、ケンカの原因になる」など、価値観の違いによって結婚生活に疲れを感じていませんか?夫婦の間では、仲良く会話をする事で良好な関係を築く事ができるのですが、その会話をあきらめてしまっているからこそ、すれ違っている場合があります。

家事の負担が妻に偏りすぎている

共働きの家庭が多い現代ですが、あなたへ家事の負担がかかりすぎていませんか?妻が洗濯や料理、育児などのほとんどをこなしている場合、最初は大丈夫でも後々大きなストレスになってしまいます。家事の負担があなたに偏りすぎている場合は、疲れを感じる事が多くなる可能性が高まります。

妻自身の自由な時間が無くなっている

結婚生活を始めてから「自分の時間」が無くなっていませんか?結婚するまでは、自分の好きなものに没頭する時間が確保できていたのに、結婚してからは家庭の事で手一杯…という状況に陥っているのかもしれません。妻は個人的なストレス発散の場が無くなり、それが原因で夫婦仲が悪くなっている事もあります。

合わせて読みたい

同じ家に済んでいるのに【夫婦の会話】少なくなっていませんか?
同じ家に済んでいるのに【夫婦の会話】少なくなっていませんか?
夫婦の会話、ありますか?結婚した夫婦なら日々話すことがあって当然と思いきや「夫(妻)とはほとんどしゃべらない」という人も多いようです。夫...

結婚生活に疲れた時にはどうすればよいの?

距離を取る
ケンカや言い合いばかりの日々が続いたり、毎日の生活にストレスを感じたりしながら生きていくと、必ず限界が訪れます。そうならないためにも、耐えながら生活を続けていくのは避けましょう。この先、また夫との生活に満足を感じる事ができるように、少し夫と距離を置き、疲れている状態を打開する事が一番よい方法です。

プチ別居でストレス解消をしてみよう!

テレビで紹介された事もあり、注目を集めている「プチ別居」ですが、夫との生活に疲れを感じている妻にオススメの方法です。離れる事で状況が悪くなるかもしれないという不安がよぎるかもしれませんが、プチ別居をする事で夫婦仲が改善すると言われているのです。完全な別居ではありませんので、夫婦仲を取り戻すためにも、最適な方法であると言えます。

プチ別居って何?プチ別居はどうやるの?

プチ別居とは、完全な別居状態ではなく、1日~1週間を目安に、今住んでいる家から妻が離れる状態の事を言います。つまり、疲れを感じている家庭から離れる事で、夫婦間で起こっている問題を客観視する事が可能になるのです。毎日同じ生活を繰り返すよりも、その場から少し離れて生活をする事で、ストレスの緩和につながります。例えば、妻が家を出る事で、いつもと違う生活を送る事ができ、夫には妻のいない家で家事や育児の大変さを知ってもらう事ができます。しかし、状況次第で、妻ではなく、夫が家を離れるというケースもあります。

プチ別居する事で得られるメリットは?

プチ別居をする事で得られる事は「夫婦仲の改善」です。基本的に、プチ別居は離婚を前提とした別居ではありません。夫婦仲を改善し、これからもよい関係を築いていくためのものが、プチ別居なのです。プチ別居は、家を出て新たな刺激を受ける事で、今のマンネリ化した生活から抜け出す事ができます。また、見慣れた風景で毎日同じ事を繰り返す生活から抜け出す事で、リフレッシュする事もできるとされています。

合わせて読みたい

子どもの前で夫婦ゲンカはダメ!子どもに与える恐ろしい悪影響六つ
子どもの前で夫婦ゲンカはダメ!子どもに与える恐ろしい悪影響六つ
一緒に生活していると、時には夫婦ゲンカをしてしまうことがありませんか。しかし夫婦ゲンカは子どもにとって想像以上に大きな傷になるのです。こ...
福祉系大学で心理学を専攻。卒業後は、カウンセリングセンターにてメンタルヘルス対策講座の講師や個人カウンセリングに従事。その後、活躍の場を精神科病院やメンタルクリニックに移し、うつ病や統合失調症、発達障害などの患者さんやその家族に対するカウンセリングやソーシャルワーカーとして、彼らの心理的・社会的問題などの相談や支援に力を入れる。現在は、メンタルヘルス系の記事を主に執筆するライターとして活動中。《精神保健福祉士・社会福祉士》

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
夫との生活に疲れたら…プチ別居でリフレッシュしてみよう!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

今まで経験された出産方法を教えてください。[複数回答]

アンケート結果

Loading ... Loading ...

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る