何もやりません!「ママ閉店」はなぜ炎上したのか?

ママ閉店
子育ての大変さは経験した人にしかわからないと言われますが、そんな中、とあるツイートとして投稿された「ママ閉店」というワードが注目を浴び、賛否両論を生んでいます
ここでは「ママ閉店」がどうしてこれほどまでに注目を集めているかに触れ、賛成派、反対派の意見を挙げながらどうして炎上騒動が起きたのかについて推察していきたいと思います。

「ママ閉店」とは

ママの休憩
近頃話題になっている「ママ閉店」は、目まぐるしく過ぎる日常の子育て風景を夫目線でツイートした内容から注目を浴びたワードです。お母さんであることを少しの間休み、一人の人間として、女性として自由に時間を過ごすためのある種の宣言のようにも聞こえますが、ネット上では「子どもへのネグレクト」「自分勝手」などの意見から炎上。一方で「こうでもしないとママは休めない」「すごくいい。マネしたい」などの賛成意見も多く、今でも議論は続いている状態です。

「ママ閉店」を生んだ話題のツイートとは

「『はーい、もうママ閉店でーす』
妻が時々言う。
発動したら何もしない。
テレビ見たり(普段はほぼ見ない)、スマホいじったり。
こどもたちにママとすら呼ばせない
あだ名で呼ばせる
『ママじゃないでーす』
『◯◯ちゃんで〜す』と。
世のママも閉店したらいい
急遽閉店するのがいい」
(引用元:Twitter てるりん@3児の子育て@nurseterurinのツイート

家族で過ごす日常のワンシーンをツイートした内容は、子育て中のお母さんたちには特に響いたようで、すぐに多くのアクセスやリプライがつきました。さらに「#ママ閉店」が作られていることやネットニュースで配信されたことなども加わって議論はますます広がりを見せ、今でも完全に収束していないほどです。

賛成派、反対派の意見とは?

「ママ閉店」についてよくピックアップされているのは、主に反対派の意見です。「わざわざ『閉店』と言わずに『ちょっと休むね』などでいい。子どもを突き放すようでかわいそう」「名前で呼ばせるなんてちょっとやりすぎ」などの意見が。「何かにつけて『ママ閉店』を理由にネグレクトになるのでは」という懸念や「自分で『開店』したのに勝手に『閉店』するなんて自己中心的すぎる」という声もあります。一方で「ママにも休息時間が必要」と擁護する意見や、「ママが休んで何が悪い」「24時間開店しなきゃいけないなんてルールは誰が作った」など、抗議ともとれるような声も多く挙がっています。

合わせて読みたい

孤育てが母親を追い詰める…ママを孤独にしないためにできること
孤育てが母親を追い詰める…ママを孤独にしないためにできること
  「孤育て」とは、育児中にママが孤立する状態を指す言葉です。パパや周囲の助けを得られず、実質一人で子育てを担っているママたちのことです。...
30台後半、中学生と小学生の子育て中です。 平日はライター業、週末はウェディングMCとして、実質週7フル稼働中。 「言葉よりも姿勢を見せる」をモットーに、母親の一生懸命さから何かを学んでくれればなぁと期待していますが、なかなかうまくいかないものですね。そんな時は、コストコ、イケアでのショッピングと、たまのエステでストレス発散! しています。笑

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
何もやりません!「ママ閉店」はなぜ炎上したのか?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

今まで経験された出産方法を教えてください。[複数回答]

アンケート結果

Loading ... Loading ...

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る