産後1ヶ月後になんでも相談できる「新生児訪問」は絶対おすすめ!

良ければシェアをお願いします。

新生児訪問

無事に出産を済ませ病院を退院したら、いよいよ赤ちゃんとの生活が始まります。プレママにとっては嬉しくもある反面、不安に感じることも多くあるでしょう。そんなママと赤ちゃんのサポートの一環として行われているのが「新生児訪問制度」です。各自治体から無料で受けられるサービスなので、是非活用しましょう。それでは「」とは、いつ、誰が、何のために行うのかご紹介します。

スポンサーリンク

はじめに、新生児訪問とは何でしょうか?

厚生労働省の説明によると『すべての乳児のいる家庭を訪問し、子育ての孤立化を防ぐために、その居宅において様々な不安や悩みを聞き、子育て支援に関する必要な情報提供を行うとともに、支援が必要な家庭に対しては適切なサービス提供に結びつけることにより、地域の中で子どもが健やかに育成できる環境整備を図ることを目的とした、広く一般を対象とした子育て支援事業である』とされています。では、その内容はどういうものなのでしょうか。

「新生児訪問」ってどんなことするの?

生後28日以内の赤ちゃんを対象に各自治体の保健師や助産師が、家庭訪問を行う行政のサービスです。

  • 赤ちゃんの体重や身長の測定など発育状況の把握
  • 育児指導や適切なアドバイス
  • 赤ちゃんの栄養状態
  • ママの体調や精神状態の把握
  • ママの育児の様子

その他、はじめての育児の戸惑いや悩みを何でも相談することができます。

合わせて読みたい

ママが子育て中に感じる孤独感を解消する5つの方法
妊娠・出産、そして育児。子供と一緒に過ごす時間はママにとって幸せなひと時です。その反面、環境の変化により、自分だけが社会から孤立させられているような気持ちになってしまうこともあるようです。ママと赤ちゃんが二人で過ごす時間が長ければ長いほど孤独感や不安は大きくなり、苦しむ人が多くなると言われていま...

どこに、誰が訪問にきてくれるの?申請方法は?

訪問は、ママと赤ちゃんが生活している場所に、自治他の担当保健師や助産師が赴き行います。赤ちゃんとママを取り巻く環境や成育状況を把握するためのサービスです。30分~1時間ほどの訪問ですが、様々なアドバイスを受けられることができます。もし、相談や質問があるのならメモしておくとよいでしょう。また、専門の知識を持った女性の訪問なので、安心してサービスを受けることができます。出産後、役所に出生届を出すと電話連絡があり、日程調整をして訪問となることが多いでしょう。強制ではないので、希望しない場合は断ることができます。

里帰りをしている場合はどうしたらいいの?

出産前から里帰りするママも多い中で、どのタイミングで「新生児訪問」を受ければいいのか気になりますよね。その場合は、生後60日以内の訪問とされています。赤ちゃんが生活している場所での訪問とされているので、里帰り中であれば実家で受けることができます。里帰り中だから受けられないのでは?といった心配をしなくても大丈夫なので、気にせず活用しましょう。

合わせて読みたい

あってよかった!産後に必要となるアイテムリスト
母親学級や入院時など様々な場面で産後に必要なアイテムリストは渡されます。しかし、それだけでは足りないかった物も多く、退院後実家に帰った人はいいのですが、赤ちゃんのお世話をしてくれる人が居ない人は買い物もできずに困ってしまうことが多いです。そこで、ここでは産後あってよかったと感じたアイテムを紹...

「新生児訪問」には賛否両論の意見が・・・

先述した通り、強制ではないので断ることもできます。「新生児訪問」については、賛否両論の意見があるのが現実です。育児で忙しいのに訪問されても迷惑、初対面の人に心を打ち明けられるわけがないなど、不必要なサービスだ!という声も見受けられます。しかし、他人と接する機会が減ることにより、育児の孤立化が潜むという背景があります。

育児の孤立化に潜んでいるものは?

近年、育児の孤立化が問題視されているのをご存知でしょうか。初めての育児に戸惑ったり、苛立ちを覚えたり、他人と会話する機会も減ることでママのストレスが溜まることも多くなってきます。その結果、悲しいことに育児放棄や虐待に繋がる可能性も全くないわけではありません。また、他の子と比べてわが子の成育状態が遅いのではないかと考え込んでしまうママもいます。出産後、社会から孤立してしまうことは怖いものだと認識しましょう。

新生児訪問を受けることによるメリット

育児に関する専門知識を持った保健師さんや助産師さんによる訪問なので、赤ちゃんの発育状態やママの精神状態のケアも行ってくれます。他人と会話することで、孤立した心を解きほぐすこともできます。不安に思っていること、育児で悩んでいること、自身の精神状態などなんでも気軽に相談してみましょう。それだけでも気持ちが軽くなります。無料で受けられる便利なサービスなのですから、これを使わない手はありません。基本1回ですが、状態や状況に応じてサポートしてもらうことができます。

構えず気楽に訪問を迎えましょう

他人を招き入れるのだから掃除をしなくてはいけない、お茶を用意しなくてはいけないなどと構える必要は全くありません。育児で手が回らないのは訪問する側も承知の上です。ママと赤ちゃんに配慮した訪問なので、個別に連絡を取り希望日時の調整もできます。構えず気楽にサービスを受けましょう。子育てに関する悩みを一人で抱え込んでいるのではないんだという安心感を得るためにも「新生児訪問」は絶対におすすめです。

おわりに

いかがでしたか?新生児訪問についてご説明しました。初めての育児は不安でいっぱいです。厚生労働省でも2017年度から産後うつへの健診費助成を開始します。何もかもひとりで抱え込まないで、ママと赤ちゃんが健康に生活するサポートとして、「新生児訪問」という制度を積極的に活用してみてはいかがでしょうか。

ピックアップ

断乳したい!卒乳したい!赤ちゃんにとってはどちらがいいの?
よちよち歩きの赤ちゃんがはじめてのお誕生日を迎えるころ、ママたちが考えはじめるのは「おっぱいの卒業時期」ではないでしょうか? 断乳、卒乳したいけれど実際どちらがいいのかわからない。赤ちゃんにとって本当はどっちがいいのか知りたい。そんなママのために断乳、卒乳についてメリット、デメリットをまとめて...
産後は記憶力が低下する?マミーブレインについての基礎知識
皆さんはマミーブレインという言葉をご存知でしょうか。アメリカで生まれた言葉であり、出産後何かと以前より物事を忘れっぽくなったり、頭を使って考える力が一時的に衰えてしまったりする産後の女性に対して起きる記憶力の変化のことです。さらには注意力が散漫になるなどといったこともその症状の一つとされています...
産褥期のママの正しい過ごし方について
初産の方にとって、出産後の生活は想像することしかできなくて不安に思うことがたくさんありますよね。出産後はもちろん育児が待っていますが、育児と並行して気遣わなければいけないのはママの体です。妊娠中に産褥期の正しい過ごし方を知っておくことで、様々なトラブルに対応でき、心の準備を整えることができま...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
産後1ヶ月後になんでも相談できる「新生児訪問」は絶対おすすめ!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

今まで経験された出産方法を教えてください。(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る