一姫二太郎とは?一姫二太郎が育てやすいとされる理由

良ければシェアをお願いします。

母娘と赤ちゃん

妊娠していることが分かると気になるのが、赤ちゃんの性別です。男の子か女の子かどっちが良いかは別にしても、出産後の準備を進めるにあたって分かっていたほうがいいケースもあります。どちらにしても元気に生まれてくれることに越したことはありませんが、昔からの言い伝えで「」は育てやすいと言われています。ここでは「一姫二太郎とは何なのか?」「育てやすいと言われている理由」などをご紹介していきます。

スポンサーリンク

昔から言われる「一姫二太郎」とは?

まず一姫二太郎の意味をご存知でしょうか?これは子どもが生まれる順番を意味しています。まず最初に女の子が生まれ、次に男の子が生まれる事が理想的であるということです。女の子が一人、男の子が2人の3人きょうだいという意味ではないのです。ちなみに二太郎の「太郎」は太郎・次郎・三郎の順番から、長男であることを指しています。

一姫二太郎の発祥と起源 その1

一姫二太郎の起源には様々な説がありますが、その一つは「男が家督を継ぐ」という考えから誕生した言葉だと言われています。最初に女の子が生まれるということは、お姉ちゃんになるわけで、その後に生まれて来る弟たちのお世話が出来るという観点から、最初の赤ちゃんは女の子が良いとされていました。男系社会といわれる日本の家督制度ならではの考えです。

一姫二太郎の発祥と起源 その2

明治時代に入るまで、お殿様といわれる戦国大名たちは多くの側室を持ちました。それだけ男の子を望んでおり、女の子を産んでしまった母親を慰めるためにも「一姫二太郎」を使用していたとも考えられています。悲観せずに、一姫二太郎という言い伝えを聞かせ、次は元気な男の子を産んでほしいと母親たちへの慰めの言葉として成り立っていたという説です。

現代で間違われて使われている「一姫二太郎」

時代を経て言葉の意味が変わったり、間違った使われ方をすることは多々あります。現代では「一姫」という言葉に対して女の子が一人だけ、「二太郎」では男の子を二人産むという意味で解釈している方も多いようです。しかし、正しくは先述した通り、「女の子が生まれた後に男の子が生まれる」という子どもが生まれる順番のことを指します。

合わせて読みたい

二人目妊娠のベストタイミングはいつ?
一人目の赤ちゃんが生まれて落ち着いてくる頃に、二人目をどうするか話し合うご夫婦が多いようです。また、今まさに妊活中という方も、ご自身の年齢を考慮して、一人目を産む時期・二人目を産む時期を計画していることでしょう。もちろん、計画通りに行くとは限りませんが、育児や経済的負担を考え、なるべくベスト...

一姫二太郎は現代でもよいのでしょうか?

ここまでは昔に一姫二太郎が良いとされていた理由を紹介していきました。次は現代に置き換えて考えてみましょう。今の時代でも最初に男の子が生まれるより、女の子が生まれる方が良いのでしょうか?理由と共にご紹介します。

女の子は男の子に比べ病気に強い

子育てというのはどの時代であっても大変なことといえます。赤ちゃんがぐずると精神的にも肉体的にも疲労困憊してしまいます。それでいて女の子は夜泣きも少なく、赤ちゃんの頃から病気にもなりにくい体質も持っており、男の子よりも育てやすいといわれています。初めの内は誰でも慣れない育児なので、手のかかる男の子よりも、最初は女の子が良いという説があります。

女の子はお母さんのお手伝いをしたがる

男の子に比べ女の子は母親がしている家事や育児に早い段階で興味を示します。昔の諸説で弟のお世話役のために女の子が望ましいとされた考えに通ずるものがありますが、女の子が育児に興味を示すことは現代でも共通していることです。それ以外にも、女の子の人形遊びやおままごとなどの遊び方は、男の子に比べ手がかからないことも挙げられます。

出産の観点でも最初は女の子が重宝

赤ちゃんの性別に関わらず、「二人目の方が楽だ」という意見を聞いたことがある人も少なくはないでしょう。男の子は女の子に比べ骨格がしっかりしています。初産で出産するには結構時間がかかる妊婦が多いようです。しかし、骨格が男の子より小さい女の子を先に産むことで産道が慣れ、二人目からの出産は少し楽になるという考え方があります。

最近は話し相手として女の子を望む

現代社会の多くの若いママは、最初に女の子を望んでいるようです。これは母親からすれば、将来的に話し相手になりやすい娘を最初に産み、二人目はその後でゆっくり考えるということが浸透しています。また、娘というのは嫁に行ったとしても、孫を連れて実家に来る機会が多いこと関係しています。逆に男の子というのは実家に顔を出すことが女の子に比べ少ないです。このことからも最初の娘を産みたいというのが現代的といえます。

合わせて読みたい

人気の2歳差兄弟!2歳差にしたい時はいつ妊娠すればいい?
子どもの兄弟の年齢差にはさまざまな場合がありますが、育てる上で多くのママやパパから一番の理想と言われているのが「2歳差兄弟」です。その理由は、常に兄弟がお互いの遊び友達になれるため、他者との関わりを兄弟間で学びやすいからだと言われています。 他にも、幼稚園や保育園の通園期間が重なること...

最初に男の子を生むと苦労をすること

男の子であっても、女の子であっても、子どもは親にとってはとても愛おしい存在です。ですが、一姫二太郎という昔からの言葉が現代まで引き継がれている裏には理由が存在します。ここでは最初に男の子を生むと苦労をする事柄をみていきましょう。

女の子に比べ病気にかかりやすい男の子

女の子に比べて、男の子というのは熱を出しやすく、特に昔は高熱を出すと現在のように医療設備が整っているわけでもなく、情報も簡単に共有できないような時代でした。そのため、かなりの確率で乳児死亡率が高かったことがいえます。昔から男の子の方が病気になりやすいと言われています。

良くも悪くも元気でやんちゃな男の子

男の子の遊びは女の子に比べやんちゃな傾向があります。外で遊んでいて怪我をしてしまったり、家の中の物を壊してしまったり、外出先で騒いでしまうことも女の子より多いです。そんな男の子を抑制し、面倒を見てくれる姉がいるとお母さんも助かるでしょう。上の子が男の子で下の子も男の子の場合は、そのようにはならないケースが多いです。

おわりに

一姫二太郎についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?面倒見のよい女の子がいる事で、下の男の子の面倒を見てくれて助かった経験をした方も多いと思います。しかしこれはあくまで一例です。男の子でも面倒見の良い子、女の子でもやんちゃな子はいます。その子の良さが出るような環境が一番の理想です。

ピックアップ

産後いつから妊娠できる?産後は妊娠しやすいって本当?
「年子の弟や妹が欲しいから、産後すぐにまた妊娠したい」と考えている人や、逆に、「産後は育児に専念したいため、しばらく妊娠したくない」と考えている人もいるでしょう。では、産後いつから妊娠できるでしょうか。また、産後は妊娠しやすいというのは本当なのでしょうか?妊娠しやすくするための秘訣や、産後直...
男女で違う?男の子と女の子それぞれの育て方
よく子どもを産むなら「一姫二太郎」といわれますが、実際、女の子のほうが男の子より育てやすいのでしょうか。そもそも男の子と女の子で育て方は変えるべきなのか、子育ての基本と、男の子、女の子との向き合い方のコツについてご紹介します。 子育ての基本は男の子も女の子も同じ 子育...
共働きママが二人目を妊娠することのメリット・デメリット
子育ては大変なこともありますが、楽しいものですよね。一人目の育児が落ち着いてきた頃、二人目が欲しいと考える方も多いのではないでしょうか。 しかし、二人目が欲しいと思っていても、経済的な事情や子育てへの不安などから躊躇している場合も少なくないでしょう。さらに夫婦共働きの場合は、保育園の問...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
一姫二太郎とは?一姫二太郎が育てやすいとされる理由
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る