育児セラピストってどんな資格?資格の取得方法も大公開!

育児セラピスト

育児セラピストって聞いたことはありますか?この資格は「一般社団法人 日本アタッチメント育児協会」の認定資格。育児中のパパやママの力になるための「育児の専門家」の資格と言えます。保育士や助産師、ベビーヨガやベビーマッサージのインストラクターなどのプロはもちろん、育児中のママ、これからママになる妊婦さんなど、自分の子育てに役立てようと思う一般の方にも支持を得ているのです。

育児の専門家「育児セラピスト」

育児とは「心を育てる」ことであり、幼児期にそれにつまづいてしまうとその後の成長に深刻な問題を残してしまうという考えの元、子どもの「心を育てる」育児を正しい知識でサポートしていくのが「育児セラピスト」です。

子育ての現場で注目の育児専門家の資格

助産師や看護師、保育士など、子育てをサポートしてくれている現場で問題視されているのが「親の教育」です。育児中のパパやママは一生懸命子育てをしていますが、間違った知識や思い込みなどに振り回されていることも多くあります。そのような時、正しい知識や適切な対応を伝えられる「育児の専門家」として、育児セラピストは注目されています。

自身の子育てのために取得する人も

助産院や保育園など、子育てを支援する場に所属している人だけのための資格ではありません。自分の子育てにも「育児セラピスト」の資格は大いに役立ちます。幼児期の大切な時期に正しい知識で子どもを導くことが出来る方法を学ぶことが出来ます。我が子を育てていると、客観的な目を持つことを時々忘れてしまいませんか?そういった時に正しい知識があると、冷静に対処できるかもしれません。

育児のプロもより深い知識を求めて取得

そして「育児セラピスト」は教育現場で仕事をしている方にも人気の資格です。より深い知識を得ることで、子育て中の親へ知識を伝える事にも役立つからです。子育てに関する仕事をしている方向けに、「育児セラピストシニアマスター」という資格もあります。育児に関する正しい知識を学ぶだけではなく、自らも育児セラピストを育成できる、育児のプロ中のプロを目指せます。

合わせて読みたい

産後1カ月後になんでも相談できる「新生児訪問」は絶対おすすめ!
産後1カ月後になんでも相談できる「新生児訪問」は絶対おすすめ!
無事に出産を済ませ病院を退院したら、いよいよ赤ちゃんとの生活がはじまります。プレママにとってはうれしくもある反面、不安に感じることも...

育児セラピスト資格の種類と難易度など

育児セラピストの資格は、3つの段階に分かれています。自らの子育てに役立てたい方の多くが基礎知識をつける「育児セラピスト前期課程(2級)」の取得を目指します。さらに深い知識を得たい場合は「育児セラピスト後期課程(1級)」を、後進を育てたい場合は「育児セラピスト・シニアマスター講座」の順に難易度が上がります。

育児セラピスト前期課程(2級)

子どもと接する上で必要な育児の知識や、子どもの発達の知識、日常的な育児の中でアタッチメント(愛着)を育む行為について学ぶことが出来ます。2級では試験は無く、講習(レクチャー)と実習(ワーク)、質疑応答の講義を修了することで、資格取得となります。したがって、取得の難易度は低めです。導入部分の講義とあって、他の資格より多い7都市で開催されています。

育児セラピスト後期課程(1級)

1級では2級よりもさらに専門性の高い知識を学ぶことが出来ます。また、身につけた知識を育児中の親に伝えるためのスキルも学びます。発達心理学、社会学、アタッチメント理論、コフート理論など2日間に渡る講義の後、試験があります。さらに後日レポートの提出も必要ですので、覚悟をもって挑む必要がある資格です。東京、大阪、福岡、名古屋の4都市で行われています。2級と同時に申し込むことも可能です。

育児セラピスト・シニアマスター講座

1級の資格保有者のみが受講可能で、日本アタッチメント育児協会の代表者、廣島大三氏自らが教鞭をとる、育児セラピスト最高位の資格です。1級までは無かった、大人の発達心理学まで範囲が広がる専門的な講義です。講習(レクチャー)と実習(ワーク)、ワークショップを経て、認定試験を合格すると資格取得となります。2日間に渡る講義を受講する通常カリキュラムの他、一泊二日の特別カリキュラムがあります。

合わせて読みたい

ママが子育て中に感じる孤独感を解消する五つの方法
ママが子育て中に感じる孤独感を解消する五つの方法
妊娠・出産、そして育児。子どもと一緒に過ごす時間はママにとって幸せなひと時です。その反面、環境の変化により、自分だけが社会から孤立させら...

子育て中のママやパパが取得するには?

自らの子育てにも役立つ「育児セラピスト」の資格。このような資格を取得する時、難易度の他に気になるのが費用や拘束時間です。子育て中のママにも人気がある資格だけに、受講中「子どもをどうするか」は重要な問題です。手軽に受講できる「育児セラピスト前期課程(2級)」を中心に考えてみました。

受講費用は前期課程(2級)で5万円!

「育児セラピスト前期課程(2級)」の取得にかかる費用は、5万円です。この中にテキスト代なども含まれていますが、決して安くはない費用だと言えます。さらに専門性の高い「育児セラピスト後期課程(1級)」の費用は15万円、「育児セラピスト・シニアマスター講座」の費用は通常カリキュラムが16万円、特別カリキュラムが17万円となっています。

朝から夜までの講義を受講する必要があります

1日講義を受けるだけで取得できる前期課程(2級)ですが、10時から18時までと拘束時間は長めです。また7都市でのみ開催しているので、他の地域に住んでいる方については、さらに長い移動時間も必要になります。託児サービスなどもありませんので、子育て中のママが受講する場合は、おばあちゃんやおじいちゃんなど、預けられる場所を確保する必要があります。

手軽とはいえ、しっかりと計画をたてましょう

現在、前期課程(2級)の講義が行われているのは、東京、大阪、福岡、名古屋、北海道、仙台、京都の7都市となっています。各地方の中心となっている都市で行われていますが、やはり講義時間の長さも考えると、開催都市以外に住む子育て中のママが受講するにはハードルは高めかもしれません。電車の時間によっては、宿泊をする必要もあります。受講する際には、子どもの預け先、家族の理解、そして費用について、計画を立ててから実行することをおすすめします。

おわりに

日々すくすくと成長していく子どもたち。初めての子どもでも、2人目以降でも、子育てには不安がつきものです。子どものことを考えると、育児の正しい知識を身につけられる「育児セラピスト」はママにとって魅力的な資格です。また自分の子育てが一段落して再就職をする場合に仕事の選択肢が増えるかも知れませんね。出産後よりは時間の自由が効くときに取得しておくことをおすすめします。試験内容などについては、2017年3月現在の情報ですので、受講の際には公式サイトを確認してください。

公式サイト

育児セラピスト

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。ご了承ください。

ピックアップ

育休中にとるべし!子育てと両立OKで求人が多い資格はコレ!
育休中にとるべし!子育てと両立OKで求人が多い資格はコレ!
ワーキングマザーにとって育休中は資格にチャレンジできる時期でもあります。今ついている仕事のスキルアップを目指して資格をとるのもいいで...
育休中に資格取得!復職後に役立つ資格はコレ!
育休中に資格取得!復職後に役立つ資格はコレ!
出産を機に仕事ストップして子育てに専念していても社会に復帰できるのだろうかと心配になってしまいますよね。育児で忙しくて自分のこともま...
仕事がしたい!主婦の人におすすめの仕事4選
仕事がしたい!主婦の人におすすめの仕事4選
育児中でも、子育てが一段落ついてくると、仕事をしたいと考えるママも多いのではないでしょうか。 しかし、子育て中の場合、保育園のお迎...
30代後半。家族構成は夫、長女8歳、次女6歳です。職歴はIT系企業でのWEBサイト制作、製造業企業でのECサイト運営補佐を経験。ライター以外にも、夫の仕事を在宅で手伝っていますので、あまり家事をする時間がありません。子どもたちには、自分のことはなるべく自分で出来る様に教えています。ただ、お勉強については、いっしょに出来る様に時間を確保しています。子どもたちには毎日の生活とお勉強で、考える力をしっかりと身につけて欲しいと思っています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
育児セラピストってどんな資格?資格の取得方法も大公開!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る