良ければシェアをお願いします。

子どもの食中毒が怖い!食中毒の症状や予防法まとめ

良ければシェアをお願いします。

ウイルス

「食中毒」というのは、大変怖いものです。特にそれが、大人ほどの体力のない子どもの場合は注意が必要です。また、子どもは大人のように上手に自分の症状を伝えることができませんし、大人ならばしないような行動もとってしまいがちです。このため、子どもの食中毒には大人の食中毒以上の注意が必要となってくるのです。今回は子どもがかかると恐ろしい食中毒についてご紹介します。

スポンサーリンク

食中毒の種類について

子どもと食中毒の関係を知る前に、まずは食中毒の種類について知らなければなりません。

食中毒の原因には、大きく分けて、

  • 微生物
  • 化学物質
  • 自然毒
  • 寄生虫

の4つがあります。

このなかにある「微生物」はさらに、「細菌」「ウイルス」「真菌」に分けられます。「細菌」を「感染型」「生体内毒素型」「食品内毒素型」の3つに分けることもできます。感染型の細菌類の代表例は、「サルモネラ属菌」「カンピロバクター」「病原性大腸菌」などです。聞き覚えのあるものも多いのではないでしょうか。

生体内毒素型の代表例は、「腸管出血性大腸菌」などです。同じ毒素型でも、食品内のものの方は、ボツリヌス菌や黄色ブドウ球菌といった、比較的よく知られているものが並びます。毎年流行して多くの人を苦しめる「ノロウイルス」は、ウイルス系の原因のなかに分類されます。

「カビの生えたもの、古くなったものを食べておなかが痛くなった」という場合は、真菌性由来の食中毒を疑うとよいでしょう。

自然毒や化学物質による食中毒は、大人がきちんと気を付けていれば、避けることは比較的容易です。自然毒は、ジャガイモの芽などに分類される「植物性自然毒」と、ふぐの毒などに分類される「動物性自然毒」に大別されます。化学物質による食中毒は、洗剤の洗い残しや農薬などです。少し意識して気を付けたいのが、「寄生虫」によるもの。これはサケやイカなどについていることが多いものです。「アニキサス」という名称で有名になりましたね。

合わせて読みたい

2歳児のイヤイヤ期を乗り越える7つの効果的な方法
2歳を迎えるにあたって、可愛い可愛いと赤ちゃんの成長を見守ってきたママやパパにとって大きな壁となるのが「イヤイヤ期」です。はじめての妊娠・出産を迎えたママやパパにとっては、はじめて経験することだと思いますが、そんなイヤイヤの原因となる子供の気持ちを知ることがまず大切です。今回は、イヤイヤ期を...

子どもの食中毒、その症状は?

泣く子ども

程度の差こそあれ、食中毒にかかった場合、多くのケースで吐き戻し(もしくは強い嘔吐感)に見舞われます。また、下痢などが起きる可能性が非常に高いといえます。ただそれ以外にも、震え(悪寒)などが起こることもあります。症状の軽重は人によって大きく違いますが、おおむねこのような形をとると言われています。命の危険に繋がることもあるので、保護者は意識して子どもを見守っていてください。

星ねえ。蟹座のB型。既婚。旦那さんと息子の3人家族。 野球をしている息子のために土日は早朝からお弁当作りをしています。家事は手抜きをモットーにしています。もう一度出産するならマタニティフォトを撮影して産後は産後治療院でまったりしたい!

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
子どもの食中毒が怖い!食中毒の症状や予防法まとめ
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る