子どもの食中毒が怖い!食中毒の症状や予防法まとめ

良ければシェアをお願いします。

ウイルス

「食中毒」というのは、大変怖いものです。特にそれが、大人ほどの体力のない子どもの場合は注意が必要です。また、子どもは大人のように上手に自分の症状を伝えることができませんし、大人ならばしないような行動もとってしまいがちです。このため、子どもの食中毒には大人の食中毒以上の注意が必要となってくるのです。今回は子どもがかかると恐ろしい食中毒についてご紹介します。

スポンサーリンク

食中毒の種類について

子どもと食中毒の関係を知る前に、まずは食中毒の種類について知らなければなりません。

食中毒の原因には、大きく分けて、

  • 微生物
  • 化学物質
  • 自然毒
  • 寄生虫

の4つがあります。

このなかにある「微生物」はさらに、「細菌」「ウイルス」「真菌」に分けられます。「細菌」を「感染型」「生体内毒素型」「食品内毒素型」の3つに分けることもできます。感染型の細菌類の代表例は、「サルモネラ属菌」「カンピロバクター」「病原性大腸菌」などです。聞き覚えのあるものも多いのではないでしょうか。

生体内毒素型の代表例は、「腸管出血性大腸菌」などです。同じ毒素型でも、食品内のものの方は、ボツリヌス菌や黄色ブドウ球菌といった、比較的よく知られているものが並びます。毎年流行して多くの人を苦しめる「ノロウイルス」は、ウイルス系の原因のなかに分類されます。

「カビの生えたもの、古くなったものを食べておなかが痛くなった」という場合は、真菌性由来の食中毒を疑うとよいでしょう。

自然毒や化学物質による食中毒は、大人がきちんと気を付けていれば、避けることは比較的容易です。自然毒は、ジャガイモの芽などに分類される「植物性自然毒」と、ふぐの毒などに分類される「動物性自然毒」に大別されます。化学物質による食中毒は、洗剤の洗い残しや農薬などです。少し意識して気を付けたいのが、「寄生虫」によるもの。これはサケやイカなどについていることが多いものです。「アニキサス」という名称で有名になりましたね。

合わせて読みたい

2歳児のイヤイヤ期を乗り越える7つの効果的な方法
2歳を迎えるにあたって、可愛い可愛いと赤ちゃんの成長を見守ってきたママやパパにとって大きな壁となるのが「イヤイヤ期」です。はじめての妊娠・出産を迎えたママやパパにとっては、はじめて経験することだと思いますが、そんなイヤイヤの原因となる子供の気持ちを知ることがまず大切です。今回は、イヤイヤ期を...

子どもの食中毒、その症状は?

泣く子ども

程度の差こそあれ、食中毒にかかった場合、多くのケースで吐き戻し(もしくは強い嘔吐感)に見舞われます。また、下痢などが起きる可能性が非常に高いといえます。ただそれ以外にも、震え(悪寒)などが起こることもあります。症状の軽重は人によって大きく違いますが、おおむねこのような形をとると言われています。命の危険に繋がることもあるので、保護者は意識して子どもを見守っていてください。/p>

食中毒の予防について

抱っこされる赤ちゃん

さて、ではどのようにすれば食中毒を防ぐことができるのでしょうか。これは厚生労働省がわかりやすくまとめています。

合わせて読みたい

足が痛い!? 2歳でも成長痛になる原因と対処法
夜寝ていると子どもの「いた~い!」という泣き声で目が覚めた、ということはお母さんなら経験があると思います。「夜泣きかな?」と思ったけれど、よくよく話を聞いてみたら成長痛の症状だった、なんてことも。2~12歳のお子さんに多いのがこの「成長痛」です。小さい子は大人に比べて痛みに弱いです。そのため、成...

まず、「つけない」

食事の前によく手を洗い、汚れを持ち込まないようにします。これだけでも、食中毒になる可能性は大きく下がります。また、肉や魚を切ったまな板で野菜を切ることもやめましょう。菌類が、生で食べる野菜にくっついてしまいます。包丁やまな板を変えることができればベストですが、それが難しいということであれば、マメに洗って使いましょう。

次に、「増やさない」

菌類は、高温多湿の場所でよく発生します。また、マイナス15℃を下回る状況では、増えることができません。そのため、今日使う以外の食材は冷蔵庫や冷凍庫で保管しましょう。肉や魚、野菜の常温放置は避けます。(もともと「常温放置でも大丈夫だ」としているものを除きます)

意外に思われるかもしれませんが、細菌やウイルスは非常に暑さに弱いという特徴を持っています。そのため、肉ならば、中心部が75℃以上となるところで1分間以上加熱し続ければ多くの細菌やウイルスは死んでしまいます。「食材の賞味期限が少し怪しいときは、加熱してから食べよう」となるのはそのためです。

買い物自体に留意することも大切です。できるかぎり賞味期限の新しい物を選びましょう。また、生鮮食品は一番終わりにカゴに入れるようにします。梅雨や夏の時期は食材が傷みやすいので保冷バッグを持参して入れておくと安心ですね。食べる前には手を洗いましょう。また、残ってしまった食品は、色や匂いなど少しでも怪しい雰囲気を感じたらすぐに捨てるようにしてください。

子どもの食中毒について

手洗い

子どもは体力がないため、数回吐くだけで疲れ切ってしまうことがあります。また、吐くと水分などが抜け落ちてしまいます。そのため、食中毒にかかってしまった場合は、水やスポーツドリンク(子ども用のもの)を与えて脱水症状を防ぎましょう。体重が8キロくらいの子どもの場合は、560~800ミリリットル程度の水分が必要になります。

食欲がなかったり、下痢がずっと続いていたり、熱が出始めた場合はすぐに小児科へ行きます。専門的知識がない人の場合、子どもの状態を見ても何が原因かわかりません。また、間違った初期手当をしてしまう可能性もあります。そのため、できるだけ早く病院に行ってください。

おわりに

食中毒は、甘く見ているとひどい苦しみを味わうことにもつながります。特に小さい子どもは症状をうまく伝えることができないので、外出後やご飯の前には手洗いや除菌をするように心がけましょう。

ピックアップ

2歳でトイレトレーニングをするメリットとデメリット
子どもが2歳前後になると、オムツ卒業を意識するママも多いのではないでしょうか。早くオムツが外れてほしいと願う反面、「うちの子にはまだ早すぎるかな」と躊躇するなど、タイミングをはかるのが難しいトイレトレーニング。2歳で始めるにはどんな良い点があるのでしょうか? 今回は、2歳でトイレトレー...
アレルギー性鼻炎の原因・症状・治療法・予防法まとめ
今や、国民の5人に1人がアレルギー性鼻炎を持っているといわれます。最近では発症の低齢化も進み、子どものアレルギー性鼻炎も多くみられます。命にかかわる病気ではありませんが、そのまま放っておくと日常生活に影響を及ぼすことも。さっそく原因や症状から予防法までご紹介していきます。 アレルギー性鼻炎につ...
アデノウイルスの原因・症状・潜伏期間・治療法まとめ
アデノウイルスとは 「アデノウイルス」は、おもに乳幼児~学童に多い、風邪の原因となるウイルスのひとつです。感染するとほかにもさまざまな症状が現れてきます。アデノウイルスには49種~51種類の型があるといわれています。種類が多いだけあって感染するとさまざまな病気の原因になる恐れも。また、一つ...
購読はいいねが便利です!
子どもの食中毒が怖い!食中毒の症状や予防法まとめ
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

1歳児 子育ての悩みについて・・・あわせて読みたい

英語を話せる子に育って欲しい!人気の子供向け英会話教材5選
お子さんが英語の喋れる人になって欲しいですか?答えはもちろん、「Yes.」だと思います。グローバル社会と言われる現代では、以前にも増して英会話のスキルが問われるようになりました。 そんな背景もあり、英会話は今や子供にやらせたい習い事の中でも、最上位にランクインされるほど大人気のジャンルになって...
2歳児におすすめなおうち遊びとお外遊び12選
2歳児は走ったり、ジャンプしたりとダイナミックに体を動かせるようになり、それと同時に手先も器用になります。体だけでなく心も大きく成長する2歳児。その成長を促すには、どんな遊びや体験をさせてあげるのが良いのでしょうか。今回は2歳児におすすめなおうち遊びと外遊び12選をご紹介します。 心と体の...
どこまで話せていればいいの?2歳児の発達の目安
小さな子どもを持つ保護者としては、我が子の発達具合が気になるでしょう。同じ年のよその子どもと比べて、成長が遅れていないかどうか心配になることもあると思います。同じくらいの年の子どもが言葉をスラスラ話せるのに、自分の子どもはほとんどしゃべらないと不安になることもありますよね。 ここでは2...
人気の2歳差兄弟!2歳差にしたい時はいつ妊娠すればいい?
子どもの兄弟の年齢差にはさまざまな場合がありますが、育てる上で多くのママやパパから一番の理想と言われているのが「2歳差兄弟」です。その理由は、常に兄弟がお互いの遊び友達になれるため、他者との関わりを兄弟間で学びやすいからだと言われています。 他にも、幼稚園や保育園の通園期間が重なること...
2歳児の平均睡眠時間って?どれくらい寝るといいの?
子どもにはそれぞれ個性があるため、一概に「このようなライフスタイルを送らなければならない」「○○をしていないのはおかしい」「××ができない子は、何かに問題がある」と言い切ることはできません。ただそれでも、子どもについて「平均的な数字」というのがあります。また、その「平均的な数字」と見比べるような...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る