巻き込まれる前に!よくあるママ友トラブルと上手な回避の仕方

良ければシェアをお願いします。

ママ友トラブル

』は、ドラマの題材になったり、メディアで取り上げられるなど社会現象の一つになっています。しかし、幼稚園や小学校など子どもが大きくなるにつれてママ友は増えていきます。そんなママ友トラブルは他人事ではありません。では、どのようにママ友トラブルを回避すればいいのでしょうか。ママ友トラブルの実例と合わせて紹介します。

スポンサーリンク

ママ友をつくるためにはどうすればいいの?

子育てや日常について同じ立場に立ち、気軽に相談できるママ友ですが、どのように友達になるのでしょうか。子ども同士が仲良くなると自然にママ同士も仲良くなりますが、「はじめまして」の一言までがドキドキです。ここでは、実際にママ友をつくるために行っている方法を紹介します。

出産前からママ友づくりをはじめよう

出産後は、外出ができるようになるまで子育てと家事の両立に追われる日々です。そのため、出産前からママ友探しは始まります。例えば、産婦人科でのプレ教室やマタニティ教室などです。ここでは、自分と近い週数の妊婦と交流することができます。産婦人科選びは、口コミ評価の他にも近いところを選びます。家が近いママ友ができると心強いです。

出産後も活動的な行動でママ友をつくろう

子どもが成長すると外出することが増えるようになります。近くの公園や屋内遊園地など、子どもが遊べる施設は少なくありません。その中でも、特におすすめな施設が児童館です。児童館は、同世代の子どもとだけでなく、児童館のスタッフや年上または年下の子どもたちとも交流できるため、子ども自身も社交的になります。子どもが遊んでいる間にママたちと話し、仲良くなることができます。

プレ幼稚園は、ママのためにある

子どもを通わせたい幼稚園に慣れさせるため、プレ幼稚園を行います。子どもに幼稚園がどのような場所かを教え、子どもに合っている幼稚園か見極めることになります。プレ幼稚園は子どものためだけでなく、ママにも必要です。プレ幼稚園で知り合う人は将来自分の子どもの同級生になるかもしれないからです。そのため、プレ幼稚園はママ友をつくる場所でもあります。

合わせて読みたい

初めてのママ友が欲しい!ママ友同士の交流の場ってどこ?
初めての妊娠や子育てにおいては、誰もが不安や悩みを抱えるものです。妊娠中の悩みは誰にでも話せるものではありませんし、子育て中は外にでる時間もままならず、気分が落ち込んでしまう人もいるかもしれません。ひとりで悩んでいないで、気軽に語り合えるママ友探しをしませんか? 妊娠・出産・子育てについて悩め...

本当にあったママ友トラブルの事例

『ママ友トラブル』は他人事ではありません。実際に多くの場所でママ友トラブルは起きています。では、実際にどのようなことがきっかけでどのようなトラブルになるのでしょうか。ここでは、代表的なトラブルについて紹介します。

子どもの喧嘩から発展するトラブル

子どもが小さいうちは、力加減がわからない喧嘩で相手に怪我をさせてしまうことがあります。その場合は親に責任を求められ、そのときの対応からトラブルに発展することが多くあります。例えば、謝罪方法です。誠意を見せずにきちんとした謝罪をしないことから、陰口につながることがあります。子ども同士の喧嘩にもしっかり対応しましょう。

ママ友の噂や陰口から始めるトラブル

ママ友は情報の共有や交換をすることが多くあります。それは、育児のことだけでなく、他人の家庭内についても同様です。そのため、家庭内事情が噂になることも少なくありません。その内容は、子どものことだけでなく、旦那さんや金銭面にも及びます。また◯◯ちゃんのパパと仲良くし過ぎるなど・・・噂はすぐに広がります。そのため、いつの間にか話が大きくなり、無視や陰口につながります。

学校や行事にも関わるママ友トラブル

ママ友トラブルは、ママ自身が我慢すればいいものではありません。ママ同士の仲が悪くなると子ども同士も遊びにくくなります。また、ママ友が団結してしまうと学校の連絡網や学校行事でのやり取りにも影響します。連絡網では、順番を飛ばされたり、内容を間違えて教えられたりすることがあると言います。そうならないためにも、ママ友トラブルは回避したいものです。

合わせて読みたい

つかず離れずが一番? 保育園ママと上手に付き合う方法
せっかく同じ保育園に通うのだから同じ境遇のママたちと話してみたいとは思っても、なかなかそのきっかけが見つからずに、気がつけば数ヶ月経つも保育園で話したことがあるのは先生だけ、というのでは寂しいですね。同じような年代の働くママと知り合い上手に付き合うにはどうしたらいいのかまとめましたので参考に...

ママ友トラブルを回避するためには

陰湿なママ友トラブルに巻き込まれても、すぐに解決するのは難しいものです。ママ友の話はあっとう間に広がり距離を置く人が多くなります。万が一、子どもに影響してもすぐに転校することは現実的には難しいです。そのため、ママ友トラブルに巻き込まれないようにできることをしましょう。

家族の話を詳しくしないようにする

ママ友トラブルの原因の一つは、妬み嫉みです。そのため、家庭内の話はできるだけしないようにしましょう。旦那さんの話や自慢話になるような話題は避け、日常的な誰にでも当てはまるよう話題で会話をしましょう。家族の話を詳しくしてしまうと偏見を持たれるようになります。旦那さんや子どもの評価にもつながるので避けましょう。

子どものトラブルは親もしっかり責任を持つ

幼稚園や小学校では、常に大勢の子ども同士で生活をしています。そのため、子ども同士のトラブルはあとを絶ちません。そんなよくある子ども同士のトラブルでも、ひとつひとつ真剣に誠意を持って向き合いましょう。自分の子どもが悪いことをしたら子どもに謝らせるだけでなく親自身も謝ります。相手を思いやる気持ちを大切にしましょう。

ママ友との距離は適度に保つようにする

ママ友同士の近すぎる距離は要注意です。『親しき仲にも礼儀あり』という言葉のとおり、適度な距離を保ちましょう。ママ友はグループ行動が多く、共感することを好みます。いつまでも同じような空間を共有し、常に共感していると自分自身がママ友付き合いに疲れてしまいます。そのため、ママ友との関係は必要なときだけにします。PTAなどの付き合い以外は、親しくなり過ぎないようにしましょう。

おわりに

ママ友トラブルは、大きく発展すると子どもにも影響するものです。そのため、トラブルはできるだけ巻き込まれないように、ママ友とは適度な距離を保ちながら接するようにしましょう。ママ友は、困ったときに相談し合える大切なものですが、その反面で生活や環境で嫉妬を買うこともあります。礼儀と距離を持って関係を築くことが大切です。

ピックアップ

母親学級はいつから行けばいい?どんなことをするの?
ママになるけど、不安がいっぱい!初めての妊娠は嬉しい半面、不安がつきもの。一体何をどうしたらいいのかよくわかりません。そんな妊娠中の不安を解消してくれるのが母親学級です。「母親学級って何なの?」「いつから行くの?」「どこに行くの?」「どんなことをするの?」など、疑問だらけですよね。ここではそ...
ママが子育て中に感じる孤独感を解消する5つの方法
妊娠・出産、そして育児。子供と一緒に過ごす時間はママにとって幸せなひと時です。その反面、環境の変化により、自分だけが社会から孤立させられているような気持ちになってしまうこともあるようです。ママと赤ちゃんが二人で過ごす時間が長ければ長いほど孤独感や不安は大きくなり、苦しむ人が多くなると言われていま...
服装も見られてる?保育園見学で気になる服装・持ち物
幼稚園の受験は親子揃って服装に気を使わなければならないので大変ですが、保育園の見学はそこまで気を使う必要はありません。認可を受けた保育園なら、その保育園の先生が個人の入園を決定するわけではなく、市区町村の役所で入園の可否が決まります。 とはいえ、あまりにラフすぎる服装は考えものでしょう。で...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
巻き込まれる前に!よくあるママ友トラブルと上手な回避の仕方
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る