待機児童解消のモデル事業!都庁内にとちょう保育園ができた!その中身は?

良ければシェアをお願いします。

手を振る三人親子

待機児童の解消は重要な課題ですが、あまり解消が進んでいない状態です。しかし、そんな中で事業モデルとして都庁内に保育園ができました。この保育園がモデルとして参考にされて待機児童が解消されればうれしいですね!待機児童がいなくなっていけば、保護者の方が働きやすい環境が整っていくはずです。今回は都庁内の保育園に関してご紹介していきます!

スポンサーリンク

都庁内にできたとちょう保育園とは?

都庁内にできた保育園は「とちょう保育園」という名称です。とちょう付近で働いている方にとってはとても便利な保育園になっています。入園を検討する前に、まずは場所や定員・運営などの基本事項を確認していきましょう!

とちょう保育園の場所と定員は?

とちょう保育園はもちろん都庁内にあるのですが、具体的な場所は都議会議事堂の1階、南側です。そのため、認定は新宿区の扱いとなっています。定員に関しては、6カ月~小学校入学前児童48名、そのうちの半分の24名分の枠が新宿区民に一般開放されています。残りの半分は2分の1ずつを都の職員と、近隣企業が利用することになります。

とちょう保育園の運営はどこが行っている?

とちょう保育園は、設置主体は都内の公共事業を多く扱っている一般財団法人の東京都人材支援事業団、運営業者は保育や福祉などで有名な社会福祉法人の尚徳福祉会が行っています。どのような団体が運営しているかが明示されているため、子供を安心して預けることができますね。都内で保育園を探しているのであれば、一度は検討してみましょう!

とちょう保育園にはどんなサービスがある?

とちょう保育園のサービスには、定期利用保育と一時利用保育がありご家庭の都合に合わせて利用することができます。また、有料ではありますが親子で朝食をとることができる「モーニングカフェ」やおむつなどを持参せずに登園することができる「手ぶらで登園」などのサービスがあります。朝7:00から夜の10:00までの延長保育なども充実しています。

合わせて読みたい

待機児童解消加速化プランから読み取れる、今後の保活について
深刻な「待機児童問題」はこれから子供を産む女性、働くママとその家族にとって大きな不安材料です。そこで国や地域がどのような対策を打ち出しているのか、解決方法を探っていきます。ここではわが子を保育園に入園させるためにできる保活対策を考えてみましょう。 待機児童問題の背景と待機児童が多い原因 ...

とちょう保育園の特徴は何がある?

様々なサービスが用意されているとちょう保育園ですが、なぜこのようなサービスが行われているのでしょうか?これらのサービスが行われる理由となる、とちょう保育園設立による目的に関しても確認をしていきましょう!

待機児童解消を目的としている!

とちょう保育園はタイトルにもあったように、待機児童の解消が一つの目標となっています。待機児童を解消することは、多くの方が働くことができるようにするためにとても重要なことです。その解消のために、都庁が場所を提供しているというモデルケースがあると、これからとちょう保育園に続くものが出てくることに期待ができますね。

働く保護者を支援することを目的に!

待機児童の解消を目的としている、とちょう保育園は、同時に働く保護者を支援することを目的としています。そのため、忙しい朝の時間帯に親子で食事をすることができる「モーニングカフェ」や、登園すること自体の負担を軽減するために「手ぶらで登園」のようなサービスが準備されているのです。また、仕事をしているとどうしても時間通りに送り迎えができない時も延長保育で対応してくれます。

一時保育も行っているので不定期な予定が入っても安心

働いている方の中には、基本的には在宅でお仕事をしているため、子供を預ける必要はない。でも、急に外での仕事が入ったときに子供の預け先で困るという経験もあるのではないでしょうか?事前予約は必要になりますが、このような時もとちょう保育園なら対応してもらえます。一時利用保育で預けられるので、安心してお仕事をできるように準備されています。

合わせて読みたい

不承諾通知が届き待機児童に!?その後の上手な対処方法を伝授!
希望していた認可保育園から不承諾通知が!地域によっては認可外(不認可)保育園でもダメだった・・・という人も。「数カ月待った上に不承認なんて・・・4月から仕事復帰できないの!?」と誰もがガックリ、そして次のアクションはどうすればいいの?と焦ってしまいますよね。まず考えなきゃいけないのは何?次に...

とちょう保育園の定期利用保育とは?

とちょう保育園の定期利用保育を利用するための条件や、入園者の決定基準はどのようになっているのでしょうか?また、預かってくれる日時や、保育料も気になるところです。ここでは入園しやすくなる方法を交えてご紹介していきます!

利用するための条件は何があるのか?

とちょう保育園を利用するための条件は、大まかにいえば保護者が何かしらの理由によって家庭での保育が難しいことです。具体的には、同居者が保育できない状態であり、保護者自身が働いていたり、病気やケガなどで保育が難しい状態であることがポイントとなります。また、入園者の決定基準は希望する一カ月の保育時間の長い順に決定されるため、申請時にはその点を注意しておきましょう。

預かってくれる日時はいつなのか?

預かってくれる日時は基本的には月~金曜日で時間は8:30~18:00の間で8時間以内、その中で就労時間や通勤時間に必要とみなされる時間帯に限られます。ただし、延長保育も行っているため、どうしても時間が足りない時には延長も可能です。ただ、年末年始と祝日は利用することができないため、年末年始の就業開始が早い場合や祝日の出勤がある職場の方は注意が必要です。

保育料はどれくらいかかるのか?

保育料に関しては、一カ月当たりの利用時間によって異なります。例えば月に32時間以下の場合は8,800円、32時間を超えて64時間以内が17,200円、160時間を超えて192時間以内が52,800円となっています。要は、32時間を越えるごとに8,800円の料金が加算されていく形となるので、32の倍数の時間より少しだけ少ない時間で利用していくとお得です。

おわりに

待機児児童の数はまだまだ少ないとは言えないのが現状です。そんな中で、このように行政がしっかりとテコ入れをしてくれているのを見ると安心できますね。新宿近郊に用のある人は一時利用保育などで利用してみてはいかがですか。せっかくの設立されたサービスなので、利用できる方はうまく有効活用していきましょう!

ピックアップ

本気で保活をするなら読んでおきたい本6選
2016年4月現在、都内で最も待機児童が多い自治体は世田谷区で、その数は1,198名にも及んでいます。働くママが増えているのに対し子どもを預けられる保育所が足りていないのはとても深刻な問題です。保育所に入るためには、『保活』が必要です。保活をするうえで知っておきたい知識を収集するために役立つ...
保育園・幼稚園以外にも選択肢が!地域型保育事業って何?
地域型保育事業ってご存知ですか?平成27年4月から本格的にスタートした子育て支援制度のひとつで、新しい形の保育の方法です。市町村の認定事業として設置されています。様々な施設や事業などから、利用する側が選択できる仕組みとして位置づけられています。地域の実情にあった事業を取り入れ、事業が展開され...
相場はどのくらい?認可保育園と無認可保育園の保育料比較
働くママたちがの安心して子どもを預けられる場所といえば?そう保育園ですよね!でも、実際に子どもを預けるとなるとどのくらいの金額がかかるのでしょうか。認可保育園と無認可保育園、そして私立や公立での違いはあるの?知っているようで知らない金額の違いを調べてみました。今後保育園を利用しようと考えられ...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
待機児童解消のモデル事業!都庁内にとちょう保育園ができた!その中身は?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る