初めてのママ友が欲しい!ママ友同士の交流の場ってどこ?

良ければシェアをお願いします。

ママ友

初めての妊娠や子育てにおいては、誰もが不安や悩みを抱えるものです。妊娠中の悩みは誰にでも話せるものではありませんし、子育て中は外にでる時間もままならず、気分が落ち込んでしまう人もいるかもしれません。ひとりで悩んでいないで、気軽に語り合えるママ友探しをしませんか?

妊娠・出産・子育てについて悩める方のために、ママ友の作り方や、交流の場の探し方についてご紹介します。

スポンサーリンク

ママ友はどこで探せばいいの?

ママ友サイト

ママ友を探すには、自分と同じ状態にある人がたくさんいる場所にいくことが近道です。赤ちゃんが生まれた後は子育てにかかりきりになるため、なかなか外にでる時間がなくなりますから、ママ友は妊娠中から探し始めるといいでしょう。

定期的に受診する産婦人科や、各地域の市町村が行っている母親学級は、初めての出産で悩みを抱える同年代のママ友を探しやすいところです。産婦人科で何回か顔を合わせる人がいれば、あいさつを通じて自然と仲良くなることができます。地域の母親教室では、教室で学ぶ知識や体験の話題からお互いの興味や状態の把握がしやすいため、妊娠月齢の近いママ友と知り合うチャンスも多いでしょう。

同じ地域のママ友ができれば、親しい交流が生まれることで、日頃の疑問点の確認や、自分の状態を周囲と比較することなどもできます。個人差があると分かっていても、お腹の子どもの成長が遅れている原因は自分にあるのではないかなど、ひとりで悩んでしまって落ち込むことも少なくなるのでなないでしょうか。また妊娠中のママ友が産後も長く交流が続く友人となっていくとなる可能性もあるでしょう。

初対面の人に話しかけるのが苦手な人は、ネットのママ友サイトをのぞいてみてはいかがでしょうか?

さまざまな地域のコミュニティサイトがありますから、自宅で簡単にメールや掲示板で連絡を取り合うことができます。直接会う時間がなかなかとれない出産後には、空いた時間にやり取りができるネット上のママ友の存在は有り難いものです。

ひとりで悩んでいないで、自分に合った方法でママ友を探しておきましょう。

合わせて読みたい

子どもの遊び食べってなに?対処法はあるの?
子育てをしているといろいろな「新しい経験」に出会います。大人とはまったく違う生き物であるため、大人には予想もつかない行動にびっくりさせられることもしばしば。ただ、そんな「びっくりさせられること」も、事前に「これにはこういう理由があって、こう対策をしていけばいいんだ」ということが分かっていれば慌て...

ママ友の作り方

二人の妊婦

「ママ友が欲しい!」と思っていても、初対面の人に話しかけて友達になるのはなかなか勇気がいることです。しかし待っているだけでは、親しくなれるママ友はそう簡単には見つからないでしょう。

妊娠中にママ友を探し始めるのは有効な方法ですが、気を付けたい点があります。それは、相手の体調が悪かったりする場合は配慮が必要だということです。

産婦人科が妊娠中のママ友探しに適しているとはいえ、あくまでも病院であるということを忘れてはなりません。検診を受けに来て、初対面でいきなり声をかけるのは控えた方が無難でしょう。出産後の入院中の部屋が同じ部屋で自然と会話をするようなりママ友ができたという声もあります。

ママ友を作るためには、こうした場所の本来の意味をわきまえたうえで、気の合いそうな人を落ち着いて探すことが大切です。人は何回か顔を合わせていると相手を受け入れやすくなる傾向がありますから、お互いに目が合って交わし合う目礼や、笑顔のあいさつなどで、話しかけやすいタイミングを読みましょう。

ママ友を作るという目的はありますが、お互いの立場を尊重しあって、負担にならないお付き合いから始めることも、ママ友を作るためにわきまえておきたいポイントです。

合わせて読みたい

下痢がなかなか治らない!1歳児の下痢の原因と対処法
子どもの体調は変わりやすいものです。また、大人とは違って自分自身で対応ができないため、場合によっては長引くこともあります。 今回はこんな子どもの体調不良の一つである「下痢」に焦点をあてて、原因と対処法を見ていきます。 1歳児の下痢はなぜ起こる? まずは、「なぜ1歳児が下痢をするのか」に...

ママ友同士で交流したいなら

ママ友交流

ママ友はひとり持っているだけでも大変心強い存在ですが、ママ友同士が集まって交流するチャンスがあれば、一層たくさんの経験や知識を交換しあうことができて情報の幅も広がります。

身近な交流の場所としては、「公園・子育てサロン・子育てサークル」の3つが利用しやすいポイントといえるでしょう。公園には比較的近くの住人が集まってきますから、子育ての悩みだけでなく買い物や地域の話題などの情報交換が気軽にできる井戸端会議的な場所です。交流を通じて、いざというときに助け合えるご近所のママ友が見つかるかもしれません。

自治体によっては、小さな子どもたちの遊び場としての子育てサロンや子育てサークルも、ママ友たちの交流の場として活用されています。子どもが新しい友達と仲良くなることで、家にこもりがちな子育て中のママたちに、新たなママ友との交流をうながし、社会性を与えてくれる場所です。

子育てサロンや子育てサークルには、さまざまな年代の子どもが集まりますから、先輩ママ友から自分の子どもの年齢で起こってくる問題点について、経験を通じたヒントを得ることもできます。

子育てサロンや子育てサークルは、各自治体の広報誌やネットのホームページに情報掲載があることが多いです。施設によっては内容を見ることもできますので、興味があればぜひ利用して、ママ友同士の交流を広げましょう。

おわりに

ママ友は、「妊娠、出産、子育て」と長いスパンで子どもと向き合う時間を過ごすママ達にとって、「癒し・情報ソース・社会性」といったさまざまなメリットをもたらしてくれる頼もしい存在です。対人・ネットなど、自分の好みや生活スタイルに合った、信頼のおけるママ友をぜひ見つけてください!

ピックアップ

1歳の子にはちみつは危険!?いつから食べさせてもいいの?
まろやかで自然の甘さをたっぷり蓄えた黄金色の甘味。それがはちみつです。その優しい甘さを愛している人も多いのではないでしょうか。チーズに、ヨーグルトに、パンに、料理の隠し味にと大活躍のこの「はちみつ」ですが、実は小さなお子さんにとってはとても危険なものなのです。子どもを持つ保護者として、はちみつの...
風邪?アレルギー?1歳の子がかかりやすい病気まとめ
乳児期の赤ちゃんはまだ体内に免疫を持っていないため、大人に比べ病気にかかりやすく、時には重症化するケースもあります。病気を防ぐためにも、乳児期にかかりやすい病気をチェックしておくことが大切です。そこで今回は、乳児期にかかりやすい病気についてまとめてみました。我が子の健康のために、ぜひご活用くださ...
覚えておきたい!赤ちゃんが誤飲した時の4つの対処法
毎日すくすくと大きくなる赤ちゃん。お母さんにとって嬉しいことですが、同時に不安も増えていきます。その理由の1つは赤ちゃんの行動範囲が広がることです。 生まれたばかりの頃は寝てばかりいた赤ちゃんがハイハイをしたり、つかまり立ちができるようになったりすると、目につくもの、手にするものをすべて口に入...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
初めてのママ友が欲しい!ママ友同士の交流の場ってどこ?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る