3歳児は生活リズムが乱れがち!?改善するための対処法4つ

良ければシェアをお願いします。

3歳児は生活リズムが乱れがち!?改善するための対処法4つ

我が子には幼児期のうちに、しっかりとした生活リズムを身につけさせたいものです。しかし、夜なかなか寝てくれないことも多く、困ってしまうママも多いことでしょう。

3歳までの生活習慣の乱れは思春期まで影響することもあるため、少しずつ工夫して家族みんなの生活習慣を整えることが大切です。

そこで、3歳児の生活リズムの乱れを改善するための対処法を4つご紹介します。ぜひ「早寝、早起き、朝ごはん」の習慣を身につけて、子供の脳をイキイキさせましょう。

スポンサーリンク

1.朝は決まった時間に起こし、太陽の光を浴びよう

目覚め

3歳児の生活リズムの乱れでママが困ってしまうのは、夜になかなか寝てくれないというケースです。早く寝かせたいと思っても、寝室で遊んでしまって寝付いてくれない子供は多いのではないでしょうか。

この時期に夜更かしの習慣がつくと自律神経が乱れてしまい、イライラして思考力が身につかず、思春期まで悪影響を及ぼすと言われています。そうならないため、夜に寝て朝になったら起きる生活リズムを身に付けさせる第一歩は、前日何時に寝ても朝は決まった時間に起こすことです。

なるべく朝は7時までに起こして、太陽の光を浴びさせるようにしましょう。寝室のカーテンを開けて部屋を明るくするだけでも効果的です。目から朝の光を取り入れると、その刺激で体内時計がリセットされて体を活動モードに切り替えることができます。

いつもより30分早起きするだけでも夜は早く眠くなるものです。ママにとっても忙しい朝は少しでも長く寝ていて欲しいと思うかもしれませんが、早く起きて早く寝てくれると夜にゆっくり自分の時間をとることも可能です。子供のためにも自分のためにも、まずは30分早く起こすことからスタートしてみましょう。

合わせて読みたい

3歳の子を叱る時の上手なやり方とダメなやり方
子育てにおいて、「叱る」ことはもっとも重要な行動のひとつです。悪いことをした際に適切に叱らず子どもを放置していては、結果的にわがままな大人に育ってしまう可能性も大きくなってしまいます。 特に3歳という年齢は、これから物心をつけ人格を形成していく過程で重要な年齢です。ここで育て方を間違えてしまっ...

2.朝食をしっかり食べさせて体を活動モードに!

朝ごはん

幼児の体内時計をより活発に動かすためには、朝食をしっかり摂ることも大切です。起きてすぐだと体が動きにくいものですが、エネルギーを補給してあげることでスムーズに体を活動モードに切り替えることができます。

人間は寝ている間は体温が低く保たれているため、そのまま活動を始めようとしても上手く体を動かすことができません。そこで朝食を食べて体温を上げると、その日1日を活動しやすい状態に整えることができます。

ご飯やパンの炭水化物や果物の糖分など、すぐにエネルギーに変換しやすい栄養を積極的に取るといいでしょう。脳へのエネルギー補給になり、集中力や思考力アップにも効果的です。

特に幼児期は食事の栄養を貯めこむことができないため、1回の食事がとても重要です。朝食を抜くと1日に必要なエネルギー量の3分の1を失うことになり、成長に必要な栄養が不足してしまいます。

3歳児にしっかり朝食を食べさせるためには、朝起きる時にお腹を空かせるようにすることがコツです。夕食を遅い時間に摂らない、夜におやつを食べさせないなど、場合によっては食習慣を見直す必要もあります。

もしもママが朝は忙しい場合は、ヨーグルトや菓子パンなど何か1品だけでも食べる習慣を身に付けさせることからスタートしましょう。単品の朝食が習慣になってきたら、パンとトマト、スープなど足りない栄養を少しずつプラスしていってください。

3.昼寝は早い時間で短めに!30分程度で起こす習慣を

昼寝

一般的には3歳頃までに昼寝の習慣を終わらせると言われているため、昼寝をさせない方が良いか迷うママも多いです。

昼寝が必要かどうかは子供の個性や発達によって異なるため、昼寝しても夜に寝てくれるなら昼寝が必要です。逆に、なかなか寝付いてくれないなら、昼寝の時間を見直す必要があるでしょう。

昼寝にちょうど良い時間帯は、昼食後の1時間~1時間半くらいです。15時以降の昼寝や長すぎる昼寝は夜の睡眠に影響を及ぼします。もしも昼寝をすると夜に寝ない場合は、昼寝の時間を30分程度で切り上げるか、昼寝をさせないようにしてみます。

子供によっては昼寝をすると夕方に眠くなってしまったり、夜早く寝ても早朝に目覚めてしまったりする場合もあります。そうなると逆に生活リズムを乱す原因になってしまうため、子供の様子を見ながら昼寝の時間を調整していきましょう。

合わせて読みたい

3歳児の発達・成長・発育など特徴まとめ
3歳児の成長はとても早く、親からすれば目まぐるしい毎日を過ごすことになります。この年頃で経験したことは、将来の人格形成にもつながっていきます。現在3歳児がいるご家庭でも、これから3歳になるお子さんがいるご家庭でも、この時期の成長過程を把握しておくのはとても大切なことです。 今回は、3歳児の...

4.夜にしっかり眠れるように、おやすみ前の環境を整える

寝かしつけ

夜しっかり眠るためには、おやすみ前の習慣を作ることも大切です。夕食、お風呂は毎日決まった時間に行い、寝る前のテレビやゲームは控えるようにしましょう。寝る直前までテレビやスマホの画面を見ていると、頭をすぐに睡眠モードに切り替えることができません。

また、電気を付けて明るいまま寝ると眠りが浅く、十分に体と頭を休ませることができなくなります。ぐっすり眠っている間は脳から成長ホルモンが分泌され、自己免疫を高めてくれる効果もあります。

ふざけ合って一緒に遊んでいると興奮して寝付けなくなってしまうため、なるべく静かに過ごします。絵本を読んであげたり、子守唄を歌ってあげたり、音楽をかけたりする方法もあります。スムーズに入眠するために、「これをしたら寝る」というおやすみ前の習慣を作りましょう

おわりに

子供にとって幼児期のうちに良い生活リズムを身に付けることは、心と体の成長に大切です。生活リズムは毎日の習慣で身に付けるもので、それは子供自身で身に付けることができません。

ママや家族が一緒になって子供の生活リズムを良くしようと努力することで、少しずつでも改善させることができます。1つずつでも、できることから行動してみることが大切です。

ピックアップ

アレルギー性鼻炎の原因・症状・治療法・予防法まとめ
今や、国民の5人に1人がアレルギー性鼻炎を持っているといわれます。最近では発症の低齢化も進み、子どものアレルギー性鼻炎も多くみられます。命にかかわる病気ではありませんが、そのまま放っておくと日常生活に影響を及ぼすことも。さっそく原因や症状から予防法までご紹介していきます。 アレルギー性鼻炎につ...
悪魔の3歳!?加速する3歳児のイヤイヤとは
子どもは、2歳から4歳にかけての成長が著しいと言われています。特に3歳で目立つのが、イヤイヤ期です。「買ってくれないとイヤ!」、「持たせてくれないとイヤ!」など、自分の思い通りにならないと気が済まないのが、3歳児の特徴です。イヤイヤ期は2歳から始まって、4歳ごろになると落ち着きます。2歳のときよ...
乳歯の生え変わり時期はいつ?永久歯になる前に注意したいコト
子供の乳歯が生え揃った頃、気になるのが大人の歯となる永久歯。乳歯はいつか抜けるものだからと安心していませんか?実は、その生え変わりの時期が永久歯になるにあたって大切な時期となるのです。今回は乳歯の生え変わりの時期についてと、永久歯になるにあたって注意しておきたいことについてご紹介します。 ...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。
購読はいいねが便利です!
3歳児は生活リズムが乱れがち!?改善するための対処法4つ
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

3歳~6歳児 子育ての悩みについて・・・あわせて読みたい

6歳からの中間反抗期の特徴と注意すべき言動
魔の2歳児とも呼ばれる第一次反抗期がやっと終わったと思ったら、6歳になってからまた反抗期がはじまった… 子どもに訪れる反抗期は、第一次反抗期と第二次反抗期だけだと思っていませんか?実は6歳ぐらいからの反抗期は、2歳児からはじまる第一次反抗期と中学生くらいからはじまる第二次反抗期の間に起こるとさ...
4歳児との接し方で気を付けたいポイント5つ
たくさんの言葉を話せるようになったり、自分ひとりでできることが増えたり、子どもの成長をみることは大きな喜びです。しかし、体が大きくなり体力もついた分、言うことを聞いてくれなかったり悪態をついたりされると、手に負えないと感じることもあるでしょう。 そうした「手の負えなさ」を多くの保護者が...
3歳の子を叱る時の上手なやり方とダメなやり方
子育てにおいて、「叱る」ことはもっとも重要な行動のひとつです。悪いことをした際に適切に叱らず子どもを放置していては、結果的にわがままな大人に育ってしまう可能性も大きくなってしまいます。 特に3歳という年齢は、これから物心をつけ人格を形成していく過程で重要な年齢です。ここで育て方を間違えてしまっ...
3歳児の発達・成長・発育など特徴まとめ
3歳児の成長はとても早く、親からすれば目まぐるしい毎日を過ごすことになります。この年頃で経験したことは、将来の人格形成にもつながっていきます。現在3歳児がいるご家庭でも、これから3歳になるお子さんがいるご家庭でも、この時期の成長過程を把握しておくのはとても大切なことです。 今回は、3歳児の...
英会話にスイミング!3歳に始めたい4つの習い事
幼児期は、身体的にも脳の発育の面でも、大きく成長するとても大切な時期です。この時期に学ぶことは、その後の人生にも大きな影響を与えることになります。 幼児教育に力を入れておられる方も多いですが特に、子どもが「3歳」になると、習い事を始めさせる人が多いようです。しかし、どんな習い事をさせた...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る