土踏まずの形成は3歳から!【幼児編】子どもの靴のサイズと靴選びのポイント

良ければシェアをお願いします。

子どもの靴選び

乳幼児に大きく成長を見せる足ですが、土踏まずの形成は3歳からと言われています。人間の体を支え、運動神経やバランス感覚にも関わる足の成長はとても大切です。そのためにも、子どもの頃の靴選びが重要になります。子どもの足のサイズや形に合ったものを選び、子どもが動きやすい靴を選びましょう。ここでは、子どもの足と靴について紹介します。

スポンサーリンク

子どもの足の成長のメカニズムと注意点

子どもの足の成長はとても早く、特に3歳頃までの間は非常に早く成長していきます。子どもは生まれてから徐々に足を動かせるようになり、立てるようになり、歩けるようになります。では、子どもの足はどのように成長しているのでしょうか。

子どもの足が成長するポイントは?

子どもの足は、歩けるようになるだけでなく、運動能力も一緒に成長していきます。そのため、子どもの頃の足の成長はしっかりサポートしなければなりません。3歳頃になると体を動かすことが楽しくなり、活発に走るようになり、ジャンプなどをします。そのときに、体を支えるための『アーチ』、つまり『』が発達します。足先をしっかり動かし歩くことでより良く発達させることができます。

大人の足と子どもの足の違いとは

子どもの足は、大人の足に比べると非常に脆く、柔らかいものです。そのため、大人のようにデザインや形で靴を選ぶのではなく、足の成長に合わせた靴で足をサポートする必要があります。新生児の足は、骨の配列が未完成で軟骨状態です。そこから、カルシウムが蓄積され骨化していきます。骨化が完成するのは、18歳頃だと言われています。子どもの足の成長を妨げないように心がけましょう。

子どもの柔らかい軟骨をサポート

子どもの足は柔らかいため、どんな靴でも履けてしまいます。しかし、それが結果的に足の成長を妨げてしまうことも。歩き始めの1歳頃から4歳頃までにかかとの骨が配列されます。乳幼児期は、かかとから着地して歩くことが難しく、かかとも弱いものです。そのため、柔らかい足を地面からの衝撃から守るためのクッション性のある靴が重要です。子どもの足の状態に合わせて靴を探しましょう。

合わせて読みたい

ついに靴デビュー!失敗しない1歳児の靴の選び方はこれ!
「そろそろ靴デビューかな?」そんなとき、1歳児のママやパパが気になるのは、靴選びのポイントではないでしょうか。ファーストシューズはどんな形がいいか、サイズの余裕はどれくらいあればいいか、注意すべきことは何か……など、心配事は数知れず……。 今回は、1歳で靴デビューをする赤ちゃんに合った...

子どもの年齢と靴のサイズについて

靴のサイズは、実際の足のサイズよりも0.5cmから1cmほど大きいものを選ぶのが理想です。横幅には個人差もあるので、メーカーやデザインに合わせてサイズをしっかり確認しましょう。では、子どもの年齢に合わせた靴のサイズとはどの程度なのでしょうか。

運動が活発になる3歳の靴選びとは

3歳は走り回るようになり、活発な運動が増えています。3、4歳の平均の靴のサイズは、14cmから16cmと言われています。もちろんメーカーやデザインによってクッション性や横幅が異なるため、個人によっては前後することもあります。また、平均より小さくても成長が遅いというわけではありません。この頃の足には、裸足のような感覚で走れるような足をサポートする靴を選びましょう。

5、6歳の子どもの靴の平均サイズは

5、6歳児の靴のサイズの平均は、17cmから18cmと言われています。3、4歳以上になると足の急激な成長も少なくなるので、買い替え時の平均としては3ヵ月から半年くらいが理想でしょう。この頃の足は、たくさん動かすことで大人に近い歩き方をするようになります。そのため、0.5cm単位で細かく靴を選ぶようにします。歩き方の基本が発達するため、歩きやすい靴を履かせてあげてください。

子どもの靴を買い替えるときとは

子どもの靴はどのタイミングで買い換えればいいのでしょうか。まず子どもの靴に関しては、子どもの足の成長に合わせ早々と買い換えていくことが必要です。その平均は、3歳頃までが3ヵ月に1度、3歳以上からは半年に1度と言われています。足の成長の妨げにならないよう、細かく見直すことが大切です。平均のサイズではなく、実際に子どもの足に合ったものを選びましょう。

合わせて読みたい

乳歯の生え変わり時期はいつ?永久歯になる前に注意したいコト
子供の乳歯が生え揃った頃、気になるのが大人の歯となる永久歯。乳歯はいつか抜けるものだからと安心していませんか?実は、その生え変わりの時期が永久歯になるにあたって大切な時期となるのです。今回は乳歯の生え変わりの時期についてと、永久歯になるにあたって注意しておきたいことについてご紹介します。 ...

子どもの土踏まずの形成について

歩き始める前の子どもの足は平らで、土踏まずやカーブがありません。土踏まずの形成は、活発に運動するようになる3歳頃から始まると言われています。では、土踏まずにはどのような役割があるのでしょうか。また、土踏まずは必要なのでしょうか。

土踏まずの成長は3歳から始まる

生まれたばかりの子どもの足は、足の裏に土踏まずがなく、『』と言われる平らな状態です。次第に歩き始め、徐々に足の筋肉が発達していき、土踏まずが成長していきます。足の成長には個人差があるため、平均としては、6歳から8歳ころにしっかりとした土踏まずができ、内側、外側、横の3つのアーチがあります。また、それぞれが体の揺れやひねりをサポートしているので、このバランスが重要です。

土踏まずの主な役割とはなにか?

土踏まずには、大きく分けて2つの役割があります。一つは、衝撃を吸収する役割です。人間は、歩くことや走ることで骨格や関節を通して、脳や体に衝撃を与えています。その衝撃を和らげる役割をしているのが土踏まずです。また、二つめは、体のバランスを支えることです。土踏まずは、体のバランスと姿勢をコントロールしています。よちよち歩きからしっかりとした歩き方に変わるのは、土踏まずの成長があるからです。

子どもの偏平足って?ポイントは筋肉!

幼児期に足の筋力が十分に発達しなかったため『偏平足』のままになる子どもが増えています。偏平足の子どもは体のバランスが悪く、足が疲れやすくなり、まっすぐ立っていることができません。体のバランスが悪くなると足だけでなく、膝や腰にも影響を及ぼします。
偏平足にならないためには、足先をしっかり動かし、筋力をつけることです。足の筋肉は足の指につながっているため、しっかり足の指を使うようにしましょう。

おわりに

子どもの足の成長は早いものです。だからこそしっかりとしたサポートを怠らないようにしましょう。足は、体全体のバランスを担っているので、子どものときの足の成長は、将来の子どもの体に大きく影響します。しっかり足を使わせることで足を発達させ、その成長に合った靴を選びましょう。

ピックアップ

3歳児の発達・成長・発育など特徴まとめ
3歳児の成長はとても早く、親からすれば目まぐるしい毎日を過ごすことになります。この年頃で経験したことは、将来の人格形成にもつながっていきます。現在3歳児がいるご家庭でも、これから3歳になるお子さんがいるご家庭でも、この時期の成長過程を把握しておくのはとても大切なことです。 今回は、3歳児の...
4歳児の発達・成長・発育など特徴まとめ
4歳児は、急激な成長の最後の年ともいわれています。個人差もありますが、2歳から言葉を覚え始めて3歳で活発になり、イヤイヤも多くなります。目まぐるしい成長を経験して、ようやく落ち着くのが4歳です。知能の発達も著しいので、成長に合わせてさまざまなことを教えたい年頃です。今回は、4歳児の発達・成長・発...
5歳児の発達・成長・発育など特徴まとめ
5歳児になると、だんだんと手がかからなくなり育児が少し落ち着くといったことを聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。しかし、実際には活動がより活発になり、口も達者になるため、イライラする日が増えたりうんざりしてしまったりという場合も少なくないようです。 また、身長はかなり伸び、体つきもし...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
土踏まずの形成は3歳から!【幼児編】子どもの靴のサイズと靴選びのポイント
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る