子供を犯罪から守るための防犯対策を伝授!

良ければシェアをお願いします。

子供を犯罪から守るための防犯対策を伝授!

子供が一人で出歩くようになる小学校ぐらいになると、心配になるのが子供への犯罪です。昨今、子供への犯罪は増えつつあり、ニュースでも悲惨な事件を目の当たりにしていると思います。今回はそういった犯罪を未然に防ぐためにも、日頃から行える防犯対策をご紹介いたします。

スポンサーリンク

子供の防犯被害統計

罪種別子供の被害件数の推移

警察庁の罪種別子供(13未満の者)の被害件数の推移によると、平成24年度では殺人67件、強盗11件、強姦76件、暴行843件、傷害492件、強制わいせつ1054件、公然わいせつ138件、逮捕・監禁7件、略取・誘拐95件、わいせつ目的略取・誘拐29件というデータが出ているそうです。特に強姦や強制わいせつは、平成22年から増加傾向にあるという誠に憂うべき状況になっています。

シチュエーション別 子供の防犯対策

姉妹

警察庁の場所別被害の発生状況によると、特に犯罪被害に合う場所として駐車(輪)場が多くあげられ、ついで道路上、住宅、学校、公園、駅・鉄道施設などの順に多いとされています。

道路

道路での犯罪被害は、車の連れ込みや恐喝、暴行や傷害などの犯罪が多いです。そのため、治安の悪い場所へは一人で行かないようにすること、そして、車に連れ込まれるのを防ぐために道路上に駐車している車に近寄らないようにさせましょう。特にノロノロと後ろをつけてくる車には注意を払うようにさせます。

一日の中では、夕方の登下校の時間に連れ去られる確率が高いため、出来る限り集団登下校をさせるようにしましょう。いくら自宅が近いからと言っても安心はできません。

公園

普段、子供が行く公園の環境を知っておくことも必要です。清掃がされていない公園や、公園内の建物に落書きがあるなど、清掃環境が劣悪な公園や、見通しの悪い位置にある公園、ほかに遊んでいる子供のいない公園などは避けるようにしましょう。

また、一人では遊びに行かせず、友達と遊ぶか大人が付いていくようにしましょう。防犯カメラが設置されている公園などを選ぶことで安心もできます。公園の中のトイレは見えにくい場所に設置していることが多く、危険がいっぱいです。極力、公園内のトイレは利用しないようにするか、利用する場合はひとりでは行かないように言い聞かせることが必要です。

そして、遅い時間まで遊ばせないよう、「○○時までには帰ってね」と言った約束事を作るようにしましょう。

マンション・エレベーター

エレベーターでは日頃から、知らない人と二人きりで乗らないよう習慣づけさせてください。途中で乗ってきた場合や、二人以上で乗っていて途中で降りた場合には、すぐに降りるようにさせましょう。そして、エレベーターに乗った場合は常に操作ボタン付近に居るようにさせ、いつでも非常ベルなどが押せるようにします。

また、マンションのドアを開ける前には、誰かが付いてきていないかを確認してから鍵を開けさせます。そして、たとえ家族が居ない場合でも、「ただいま」と言いながら入るようにさせましょう。心配な場合は、防犯カメラの設置なども検討すると良いです。

一軒家

一軒家でも、気を付けなければいけない事例が山ほどあります。例えば、自転車置き場などで自転車を置こうとした隙を狙われたり、家の扉の鍵を開けて入ったことを家族がいないと見なされて、開けた瞬間家の中に押し入られたり、宅配便や集金を装い、扉を開けさせ押し入られるなど、子供の隙を狙った犯行が多いです。

また、夏場は窓を開けっ放しで寝ていて、知らない内に侵入されていたなど、一軒家だからできてしまう犯罪があります。そのため、子供が一人で家に居るときは誰かが来てもドアを開けないこと、ドアチェーンを必ずすること、カメラ付きインターフォンで誰が来たかを確認することを徹底させましょう。合鍵などは郵便受けなど外に置かず、持たせておくようにさせてください。

合わせて読みたい

いよいよ小学校!入学に際して準備しておきたいものまとめ
小学校生活に向けて、入学準備中という保護者のかたも多いのではないでしょうか。準備は順調に進んでいますか?幼稚園と比べて過ごす時間がうんと長くなる小学校。準備するものも多くて何からそろえて良いか分からない方もいらっしゃると思います。 今回は、学校生活で良いスタートが切れるように準備しておきたいも...

守らせるべき子供との約束事項

三つ葉のクローバー

  • 1人で遊ばない
  • いざという時は大声を出す
  • 外が暗くなるまで遊ばない
  • 知らない人についていかない
  • 繁華街などに子供だけで行かない

子供が被害に合う状況とは、一人になるときです。ですので、極力一人で行動させないように日頃から子供に言い聞かせるようにしましょう。習い事をさせている場合は帰るときに必ず連絡させ、迎えに行けるようであれば行ってあげましょう。

また、約束事を伝える際に、なぜそうしなければいけないかを明確に伝える必要があります。知らない人に付いていってはいけない理由、外が暗くなるまで遊んではいけない理由、繁華街などに子供だけで行ってはいけない理由など、何に気を付けなければいけないかということを子供にちゃんと理解させておかなければ、実際に自分の身の危険に気づけず最悪な事態を招きかねませんので、必ず子供が理解できるように説明しましょう。

親子でできる防犯対策

親子

個人情報をさらしていないかをチェック

子供は自分の名前を呼ばれることで、この人は自分の名前を知っているから知らない人ではないと認識し、警戒が薄れます。ですので、誰でも見える所に名前は書かないようにしましょう。

もしくは、ランドセルや持ち物に名前などを書く際は、近くで見てみなければ分からない程度に控えめに書くようにしてください。特に小学1年生は名札をつけて通学する場合があるので、通学時は名札を裏にしたりするなどの対応が必要です。

防犯ブザーを使いこなせるようにしておく

防犯ブザーには、紐を引くタイプのものや、ピンを抜くタイプのものなど様々なタイプのものがあります。防犯ブザーを購入したら、いざという時のために必ずお子さんと一緒にどうやって使うかなどの確認をしておくようにしましょう。

あらゆる状況を想定してシミュレーションをしておく

知らない人から「道案内してほしい」「お菓子を買ってあげるから」「お母さんがあっちで呼んでいるから来て」など、子供がいかにも付いていってしまいそうな誘い文句などを例に挙げ、その際は耳を貸さないようあらゆるシミュレーションを教えておきましょう。

親が手本となる

「シチュエーション別 子供の防犯対策」でご説明したことを、一回でも良いので実際に親子で実践してみてください。例えばエレベーターに乗るときに、「知らない人とこうして二人きりで乗ってはいけない」と伝えたり、道路を歩く際には、「こういった所にある車には近寄っちゃだめだよ」と、教えたりすることで子供は理解しやすくなります。

合わせて読みたい

子供一人自転車での遠出は何歳くらいからさせる?
子供はみんな冒険が大好き。自転車に乗れるようになった子供は、ぐんぐんと行動範囲を広げ遠くへ行きたがるようになります。だけど、それをいつまでも引き止めることもできず・・・。かといって、ひとりで遠出をさせるのは心配ですね。 交通安全について、親子で確認をする 今までは片時も親のそばから離れな...

持たせておくと良い防犯対策グッズ

防犯ブザー

防犯ブザー

子供が喜んでつけてくれそうなキーホルダー感覚の防犯ブザーや、ランドセルに取り付けるためのベルトが付属した機能性の高い防犯ブザーなどさまざまなタイプがあります。実際には、音が大きくて簡単に消すことができないタイプのものを選ぶようにしましょう。また、簡単に壊されてしまわないよう丈夫な形状のものを選ぶことも重要となります。

GPS付きケータイ

防犯対策として防犯ブザーの次におすすめなのが、子供の位置情報が分かるGPS付きの小型ケータイです。常にお子さんの居場所を把握することができ、また連絡がいつでも取ることが可能です。防犯ブザーが付いたものもあります。

ホイッスル

吹くだけで大音量を鳴らせるものから、防犯ブザーにホイッスルが付いたタイプのものがあり、電池が切れてしまっても吹いて鳴らすことができるので安心です。防犯ブザーをいざというとき使えるかどうかが不安なお子さんには、ホイッスルの方が簡単に使えるのでおすすめです。

LEDアームバンド

暗いときに光を発するアームバンドで、防犯対策や交通事故などの対策としても使用できます。塾や習い事など、外が暗くなる時間帯に出歩かなければいけないお子さんにおすすめです。

おわりに

お子さんを犯罪から守れるのは日頃から行う防犯対策です。被害にもし遭いそうになったとしても、お子さんが危険を察知し適切な判断ができれば、未然に防ぐことができます。実際に被害に遭いそうになったときに後悔しないためにも、日頃から防犯対策をしっかりと行い、親子で確認しあうようにしましょう。

ピックアップ

勉強もスポーツも得意な子に!子供の睡眠時間と脳の発達
小さな子どもを持つ保護者の方のなかには、「子どもに勉強もスポーツや得意な大人になってもらいたい」といった理由から、様々な習い事をさせている場合も多いのではないでしょうか。 しかし、勉強もスポーツも詰め込めばいいというものでもありません。勉強をしたりスポーツを習ったりするだけでなく、休息の時間も...
7歳児の発達・成長・発育など特徴まとめ
7歳児は、小学校に入学し、社交性や意思表示、また自発性が発達する多感な時期です。 幅広い交友関係や先生という大人との交流から、心も体も日々大きく成長していきます。 また、周りの影響を受けやすく、早い子は中間反抗期に入る子もいます。成長にも個人差が出てくる時期なので、子供の変化に親も過敏になる...

https://tamagoo.jp/childcare/characteristic-of-8-years-old/

33歳。B型。既婚。
妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。
購読はいいねが便利です!
子供を犯罪から守るための防犯対策を伝授!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

7歳~12歳児 子育ての悩みについて・・・あわせて読みたい

勉強もスポーツも得意な子に!子供の睡眠時間と脳の発達
小さな子どもを持つ保護者の方のなかには、「子どもに勉強もスポーツや得意な大人になってもらいたい」といった理由から、様々な習い事をさせている場合も多いのではないでしょうか。 しかし、勉強もスポーツも詰め込めばいいというものでもありません。勉強をしたりスポーツを習ったりするだけでなく、休息の時間も...
子供の歯並びが悪い 乳歯の歯並びが悪い原因と対処法
子どもが成長する中で、「歯」について気がかりな保護者の方も多いでしょう。甘い物やジュースばかりを欲しがっていると、虫歯にならないか気になってしまいますよね。 歯の悩みで、虫歯などと並んで保護者の頭を悩ませることが多いものが、子どもの歯並びです。歯並びの悪さはどうしても外見上目立ってしまうだけに...
小学生になってもおねしょする?原因はストレスにあった
小さな子どもがいる家庭の場合、夜間の「おねしょ」が発生する事態はよくあるかと思われます。子どもが幼児なら、生理的な現象として当たり前のことなので、心配する必要はありません。しかし、小学生になってもおねしょが続いていて、悩まれている保護者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。小学生でもおねしょが...
金銭感覚を育てるお小遣いの渡し方 平均額はいくら?
小学生くらいの年齢になると浮上してくる「お小遣い問題」。「いつからあげるべきなの?」「必要なときに渡す方法は?」「もしかしてお小遣いあげすぎ?」などお小遣いに関する疑問は数えきれないほどあるかと思います。今回はそんな疑問を解決すべく、お小遣いの平均額からおすすめの渡し方まで幅広くご紹介いたします...
算数が苦手な子に共通する3つの特徴克服法はこれ!
算数は他の教科に比べて、好き嫌いがはっきり分かれる教科。親御さんのなかにも、“算数”と聞いただけで「あーー算数、苦手だったな」と昔のテストの点数を思い出してしまう人も多いのでは? 低学年では算数が得意だったのに中学年でつまづき高学年ではついていけなくなってしまうパターンが多い算数。しかし、なぜ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る