調乳のお水にウォーターサーバーがオススメな理由3つ

良ければシェアをお願いします。

調乳

大人だけのときは水道水でもいいと思っていたけれど、「子どもが生まれたから安全で、おいしい水に変えたいと思った」「子どもが生まれたタイミングでウォーターサーバーに切り替えた」という人は決して少なくはありません。

ただ、ウォーターサーバーはとても多くの種類が出ていますし、「そもそも水道水とはどう違うのかがわからない」という人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、赤ちゃんがいるご家庭になぜウォーターサーバーが向くのか、そこには危険性は本当にないのか、などについて見ていきます。

スポンサーリンク

ウォーターサーバーを利用する3つのメリット

ウォーターサーバーと女性

分をコントロールできる

赤ちゃんのいる家庭にウォーターサーバーを取り入れることのもっとも大きなメリットは、ミネラル分をコントロールできるということでしょう。

日本の水は「軟水」と呼ばれるものです。これはミネラル分をそれほど含んでいない柔らかい水であり、多くの人にとって馴染み深いお水です。ヨーロッパなどの水が肌と胃に合わなかった、という声がたびたび聞かれるのは、これらの国の水が、ミネラル分を大量に含む硬水だからです。もちろんミネラル分は、人間が生きていくうえで非常に大切なものです。また、日本の水が軟水であることも合わせて考えれば、「水道水を使ったからといって必ずお腹を壊す」とは言えません。

しかし、大人にはまったく問題のない量のミネラルであっても、まだ生まれたばかりの赤ちゃんの胃腸には負担になってしまうことがあります。現在日本で運用されているウォーターサーバーの水は、ほぼ例外なく軟水です。ただその中でも、「どれくらいのミネラル分が含まれているか?」ということは、水によって違いがあります。

もし、「ミネラル分をまったく含まない水を取り入れたい」ということであれば、RO水を使うとよいでしょう。これは天然水のなかからミネラル分を完全に除去したものです(RO水のなかには、後からミネラル分を添加したものもあります)。

ウォーターサーバーの場合、概ね天然水とRO水の2種類からお水を選択することができ、「どれくらいのミネラル分が入っているのかをしっかりと把握できる」「ミネラルがまったく入っていない水を探せる」という特徴があります。ミネラル分のコントロールができる、ということはとても大きなメリットです。

味がおいしい&お湯も一瞬で出る!

ウォーターサーバーで扱われている天然水は、水がおいしいと言われている特定の水源から持ってきているものです。そのため、味の面で水道水よりもおいしく、この「味の魅力」からウォーターサーバーを選ぶ人も多いと言えます。ただこちらに関しては個人差もありますから、一度試してみてからの方がよさそうです。

もう一つ、ウォーターサーバーには大きな魅力があります。それが「いつでも水とお湯を両方だせる」ということです。現在提供されているウォーターサーバーのほとんどに、「お湯の注ぎ口」がついています。業者によって違いはありますが、多くのところが75度~90度くらいのお湯が出るように設定しています。このため、ミルクを作るためにいちいちお湯を沸かす必要がなくなります。ものによっては温度調整ができるものもあります。

ミルクは何度も作るものです。お湯を沸かす手間がなくなる、というのは子育てに多忙なママにとってはかなり大きなメリットなのではないでしょうか。

採水地が記載してあるから安心

しばしば、「ウォーターサーバーは一般的な水道水よりも安心だ」という議論がなされます。たしかに、水自体の安全性や放射線物質の残留などについては、どのウォーターサーバー会社も非常に気を配っています。

天然水はしっかりと水の採水地を表記しています。また、本来ならば記載する必要のないRO水であっても、もともとの水の採水地を明記しているところもあるほどです。このようなことから、水自体の安全性」は水道水よりもはるかに高いと言えるでしょう。

合わせて読みたい

赤ちゃんが泣きやむあやし方&寝かしつけ方のコツ
体も脳も未発達な赤ちゃんは、生後2ヶ月ぐらいから笑うといった意思表示を覚えますが、最初は泣くといった行動しかとれません。泣くことで、自分は今どうゆう状況でどういった感情でいるかということを教えてくれているのですが、解消してあげるには様々なことを試さなければいけません。 何をしても泣き止...

ウォーターサーバーのセルフメンテナンスは必須!

掃除

ただ、「水道水よりもウォーターサーバーの方が安全か」と言われるとそうとは限りません。現に麻布大学の教授の調査によって、「現在運用されているウォーターサーバーのなかの3割程度は、水道水のそれよりも雑菌の数が多い」ということが分かっています。特に注ぎ口は細菌の繁殖地となっている、と指摘されています。

そのため、ウォーターサーバーの水自体は安全ですが、それを出しているウォーターサーバー自体のメンテナンスには常に気を使う必要があるということが言えます。

年に1回サーバーを回収し、メンテナンス済みのものと交換してくれるというメーカーも多いですが、普段のメンテナンスというのは当然それぞれの家庭に委ねられます。もし、ウォーターサーバーを実際に使用することになったら、その辺りのことにまで気を配る必要がありますので、覚えておいてください。

合わせて読みたい

毎日のケアが大切!赤ちゃんのスキンケア基礎知識
赤ちゃんの肌はモチモチプルプルで、大人には羨ましい限りですよね。そこでつい、「スキンケアなんてしなくても大丈夫」「むしろ余計なものは使わないほうがいいんじゃない?」などと思ってしまいがちです。 ところが、実際は、赤ちゃんは大人よりずっと肌がデリケートなので、しっかりとスキンケアをしてあげる...

マタニティママ&ベビーママのためのプラン!

大人気のウォーターサーバーブランド、プレミアムウォーターには、赤ちゃんとママのための新プランがあります。その名も「PREMIUM Baby Club(プレミアムベビークラブ)」。美味しくて安全なお水をお値打価格で飲んで欲しいというメーカーの想いがたくさん詰まった素敵なプランになっています。

たまGoo!編集部イチオシのプランなので、ウォーターサーバーに興味を持ったという方はぜひ一度公式サイトを覗いてみてください。

プレミアムベビークラブ

マタニティママ&ベビーママを大応援!「PREMIUM Baby Club(プレミアムベビークラブ)」

通常プラン12L:1,900円
プレミアムベビークラブ12L:1,300円

プレミアムベビークラブは、妊娠中のマタニティママ、そして産後のベビーママのために用意された特別プランです。赤ちゃんの安全を考えて作られた高機能なサーバーと、美味しい天然水をどのプランよりもお得に利用できます。他のプランと比較すると一目瞭然。「初回設置料金通常8,000円→0円」、「12Lボトル1,900円(基本プラン)→1,300円」、「サーバーレンタル料通常1,500円→800円」と、まさに特別価格です!ママ一人でも無理なくボトルが交換できる下置きスタイルで、赤ちゃんがイタズラしても安心のチャイルドロックなどが付いていてとっても機能的。その他「加熱クリーンシステム」や「エコモード」まで装備されているなど、最先端のウォーターサーバーを利用できます。

プレミアムベビークラブのロゴ

おわりに

ウォーターサーバーはミネラルの量をコントロールできることや味がおいしいこと、お湯を沸かさないで済むことなどが大きなメリットです。ミルク作りは毎日のことですから、これはとても嬉しいですよね。ただ、ウォーターサーバーの衛生管理は各々でしっかりとしなければならないということもわかりました。せっかくおいしい水を使って赤ちゃんのミルクを作るのであれば、きちんとクリーニングをして衛生的な環境を整えたいものですよね。

ウォーターサーバーの水はいろいろあって、味も違います。いくつかの水を試飲させてもらって、自分が好きなものを選ぶのもよいかもしれません。

ピックアップ

赤ちゃんの寝返りはいつから始まる?4つのポイントに注意!
寝ているとき、私たちは何回か寝返りを打ちますね。しかし、人間は生まれたときから寝返りを打てるわけではありません。生まれて数カ月してやっと寝返りを打てるようになるのです。つまり、赤ちゃんにとって寝返りとは成長の第一歩!我が子の成長が目に見えると親としては嬉しいですよね。 しかし赤ちゃんの...
赤ちゃんにテレビは悪影響!?テレビとの上手な接し方は?
家事に追われているとき、おとなしくなるからといって、ついついテレビを赤ちゃんのお守りがわりにしてしまっていませんか?実際にテレビが赤ちゃんにどんな影響を与えるのか、子育てとテレビの関係について調べました。 テレビが与える悪影響とは? まずは一般的にいわれる、テレビが子ども...

https://tamagoo.jp/childcare/train-use-of-stroller/

33歳。B型。既婚。
妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。
購読はいいねが便利です!
調乳のお水にウォーターサーバーがオススメな理由3つ
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

0歳児・新生児 子育ての悩みについて・・・あわせて読みたい

断乳と卒乳の違いとは?離乳期を知ろう
赤ちゃんに授乳を与える最初のステップから、次に待っているステップは離乳期や卒乳・断乳です。なんとなく卒乳と断乳という言葉は知ってはいるけれど、違いについてはよく分からない…と思っている方、もしくは、一緒なのではないかと思っている方は意外と多くいらっしゃいます。そのことからも、ここでは卒乳と断乳の...
月齢別!赤ちゃんのお出かけで知っておくべきポイント
赤ちゃんとのお出かけは、赤ちゃんの生活リズムを整え、ママの気分転換にもなるため、積極的に行うことが望ましいです。とはいえ、赤ちゃんはいつから出かけていいものなのか、また、お出かけの際の注意点やポイントなどはあるのだろうかと、不安に思うこともたくさんありますよね。ここでは、そういったママの疑問や不...
粉ミルクはどれを選べばいい?人気のおすすめ7選!
ミルク育児や混合育児の場合、粉ミルクを用意しなければなりません。現在では、数十種類にも及ぶ粉ミルクがあり、どれを選べばよいのか悩む方や、人気のものは何なのかを知りたいという方が多いと思います。 ここでは、そういった悩みを解消するべく、粉ミルクの選ぶポイントやおすすめの粉ミルクについてご紹介しま...
【特集】赤ちゃんの夜泣きを止める4つの安眠グッズ
お母さんはみんな赤ちゃんの健康な成長を願っています。そのためには睡眠が欠かせないということが分かっているだけに、赤ちゃんが夜泣きをして、なかなか寝ないと気持ちが焦ったり、心配になったりします。また、お母さん自身も十分睡眠が取れないと心の余裕がなくなってしまい、ついつい赤ちゃんにあたって後悔するこ...
赤ちゃんの歯磨きのやり方と注意すべきこと
赤ちゃんの歯磨きは、大人の歯と違うので、磨き方も異なります。歯磨きはいつからはじめたらいいのか、また、どのように磨いたらいいのかなどの、磨き方のコツやタイミング、注意しなければいけないことをあらかじめ把握しておくことで、スムーズに赤ちゃんの歯磨きができます。今回は赤ちゃんの歯磨きのやり方や注意す...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る