後悔しないための「出産前にやることリスト」

良ければシェアをお願いします。

後悔しないための「出産前にやることリスト」

出産前から出産後の生活のイメージをつかんでいるママって、実際そうはいないのではないでしょうか?ある程度想像はしているものの、お腹が大きくても自由に動ける出産前と、赤ちゃんがいる生活の違いに戸惑うかもしれません。赤ちゃんを迎える時にあれをやっておけばよかった!と後悔しないように、出産前にやっておきたい事をご紹介します。

スポンサーリンク

出産前自分の為にやっておきたい事

産後の生活は赤ちゃん中心、毎日お世話が続いて忙しくなり、特にママの為の時間は減ってしまいます。つい後回しにしがちな自分の事ですが、自分の為に使える時間が限られる産後を思うと、出来るだけ早めに済ませておきたいもの。やり残した事はありませんか?

医療保険の確認をしておきましょう

赤ちゃんが生まれてくる時、実際どんなトラブルが起こるか分かりません。経過が順調であっても急に帝王切開になる可能性もあるのです。民間の女性向け医療保険には、出産時の手術、妊娠時の病気などの保障が付いているタイプがあるので、現在の保険内容を確認しておきましょう。

国民健康保険、健康保険に加入していれば、出産育児一時金が支給される他、産休によって支給される出産手当金もあるので、出産前に申請をしておきましょう。

入院に必要なものを揃えておきましょう

出産前はいつ入院する事になるか分からないので、予定日が近くなる前から早めに入院に必要なものを準備しておきましょう。必要なものは病院で教えて貰えます。入院の際に持って行くものと、赤ちゃんの服やおむつとママの退院時の服などの二つに分けておき、出産後に必要なものはパパに後から持って来て貰うようにお願いしておきましょう。

出産後の服の準備をしておきましょう

出産後マタニティウェアを着る事はないので、退院する時から着る服が必要になります。もともと持っていた服でもいいのですが、産後のデリケートな体に負担を掛けないような、授乳しやすくお腹周りがゆったりしたデザインの服がオススメです。

最近はおしゃれな授乳服もたくさんあるので、楽しみながら選べそうですね。産後用の機能的な下着の用意も忘れずに。

合わせて読みたい

いつ陣痛が始まっても安心!陣痛タクシーは妊婦の強い味方
出産予定日が近づいてくると、もうすぐ赤ちゃんに会える喜びをかみしめるとともに、出産への不安を抱く方が多いのではないでしょうか。最も大きな不安要素が「陣痛」で、特に初産婦の場合は陣痛自体どのようなものなのか見当もつかないため、一人でいる時に陣痛が来たらどうすればいいのか、迅速に病院までたどり着...

出産前赤ちゃんの為にやっておきたい事

新しい命に出会う瞬間をわくわくしながら待つ間に、赤ちゃんの為に出来る事を済ませておきましょう。お腹が大きくなってくると動きにくくなりますし、に入るといつ陣痛や破水がやってくるか分かりません。後回しにせずやれる事から早めに進めた方がよさそうです。

赤ちゃんグッズを揃えておきましょう

ベビーベッドやお布団、ベビーバス、小さくて選ぶのも楽しい赤ちゃんの服、おむつやおしりふき、哺乳瓶と消毒液など。赤ちゃんの為に揃えておきたいグッズはたくさんありますよね。

色々買いたくなってしまいますが、産後の方が本当に必要なものが分かるので、必要最低限にしておいてよさそうです。肌着やベビー服、寝具などは水洗いをしておきましょう。

赤ちゃんの名前を考えておきましょう

生まれて14日以内には出生届を提出しなければいけないので、赤ちゃんの名前は出産前に決めておくと安心です。ただ夫婦で意見が合わなかったりする事もあれば、お互いの両親に反対されたり、子供の名付けはトラブルになる場合も少なくはありません。

可愛い我が子の大事な名前です、いくつか候補を挙げて、みんなが納得出来る名前を付けてあげたいものですね。

赤ちゃんのお世話のやり方チェックしておきましょう

授乳やおむつ替え、沐浴や爪切りなどの知識は出生後すぐに必要になります。出来れば出産前の時間のある時に、育児本などを読んでやり方を理解しておいた方がいいでしょう。

生まれてすぐは忙しく赤ちゃんのお世話をしながらも、ママは体を休めなければいけないので、思うように本を読む時間はなかなか取れないものです。頭では理解していても実際は違う事もあるので、本のやり方に徹底的にこだわる必要はありません。

合わせて読みたい

今からでも間に合う!安産を迎えるための7つのコツ
出産予定日が近づいてくると、誰もが不安になってきます。それこそ、幼いころから出産は本当に痛いと聞かされてきたなら、なおさらきちんと産めるのだろうか、痛みはどれくらいなのかと心配になってくるでしょう。できれば少しの時間で苦しまない安産が望ましいですが、どうすればいいのかわからない人も多いと思います...

家やパパの為にやっておきたい事

入院中は当然ながら家を留守にする事になります。その間はパパが1人、いつも家事をこなしてくれているパパばかりではないので、思っていた以上に困る事が出てきます。予定日より早く入院になる可能性もあるので、早めに済ませておきたいですね。

赤ちゃんの為のスペースを作りましょう

いつでも赤ちゃんを家に迎える事が出来るように、赤ちゃんがゆっくり過ごせる場所を準備しておきましょう。部屋の大掃除をしたり、家具の配置を替える必要も出てくるので、ママが動ける内に進めておきたいものですね。

赤ちゃんを抱っこして移動する時に危ないところはありませんか?夫婦で話し合いながら決めていくといいでしょう。お世話グッズをまとめてベビーベッドの近くに置いておくと、退院後スムーズにお世話が出来ますよ。大きくなるにつれておもちゃなどが増えていくので、効率良い収納を用意したいですね。

パパの為に準備をしておきましょう

ママが出産で入院、その後里帰りをする間、パパは1人で家にいる事になります。その間の食事を自分で出来るパパはいいかもしれませんが、困るパパもいらっしゃいますよね。ずっとコンビニや外食でしょうか?

体の事を考えるとちょっと心配というママは、レンジでチンするだけで食べられる、冷凍したご飯やおかずを用意しておくといいでしょう。パパの衣類や日用品がどこにあるのか、ゴミ出しがいつなのか、自治会などの用事はないか、分かりやすくメモしておくとパパも安心です。

日用品をまとめ買いしておくといいでしょう

産後は1ヶ月くらいの間は、赤ちゃんを連れて買い物に行くのが難しくなります。前もって日用品や消耗品をまとめて買っておくと安心です。パパに頼みにくいものもあるでしょうし、分かりにくいものもあるので、ママが動ける内に済ませておいた方がいいでしょう。おむつの消費も早いので、おむつもある程度用意しておくと気が楽です。

おわりに

いかがでしたでしょうか?思ったよりたくさんあるような気がしませんか?その他にも1人で、2人で、友達とみんなで、まだまだやっておきたい事があるかもしれませんね。ママそれぞれの過ごし方があるかと思いますが、出産後は赤ちゃんとの生活を思い切り楽しめるように、出産前は欲張って色々な経験をするのもいいのではないでしょうか。

ピックアップ

知っておくと得する3つの出産費用節約術
出産にかかる費用がどのくらいなのか検討はつきますか?実は妊娠から出産までにかかる費用は決して少なくありません。妊活中からきちんと計画を立てておかないと、後々困ってしまうことがあります。 今回は知っておくと得する出産費用と、その節約術を紹介していきます。 必要な費用を整理する 出産までに...
前駆陣痛から本陣痛に変わるまでの期間
妊娠後期に入って出産が近づいてくると、ナーバスになる妊婦さんはたくさんいます。特に陣痛に関して意識する方が多く、陣痛にちゃんと気づくことができるか、痛みはどのくらいなのかと不安を感じるものです。陣痛と一口に言っても、前駆陣痛・本陣痛と段階があるため、わかりづらく不安要素になってしまいがちです。 ...
立ち会い出産での旦那さんの役割
これから出産を迎える旦那さんへ。最近では、立ち会い出産を選択される方が大変多くなりました。このコラムを読んでくださっているあなたも立ち会い出産のご予定があるのではないでしょうか。 今回は立ち会い出産の時に旦那さんがどういう役割を持っているのかということを一緒に考えてみたいと思います。奥様を精一...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。
購読はいいねが便利です!
後悔しないための「出産前にやることリスト」
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください

アンケートにご協力くださいm(__)m

陣痛についてのどのようなイメージがありますか?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る