不登校になる3つの原因とその対処法

良ければシェアをお願いします。

不登校の子供

ある日突然、子どもが学校に行かなくなったらどうしますか?多くの場合、親の反応はまず驚き、次に「どうして?」と原因を探ろうとするはずです。「友達とケンカした」「いじめられた」など原因はすぐに分かることもありますが、それはあくまできっかけであって真の原因ではないことも。そこで今回は、不登校になる3つの原因とその対処法をご紹介していきます。

スポンサーリンク

不登校の原因が家庭にある場合の対処法

子どもが不登校になったら、まず「家庭」に原因がないか探してみましょう。子どもはいつでも、親の愛情を感じていたいものです。もしも、愛情が足らないと感じるとそれがストレスとなって、不登校へつながる場合があります。

不登校の原因が家庭にある場合の親のタイプは?

子どもの不登校の原因が家庭にある場合、親のタイプは、「放任」と「過干渉」の二つのタイプに大別できます。放任タイプは、親が関心を示してくれないため、子どもは愛情の不足を感じます。反対に過干渉タイプは、親が意見を押し付け支配しようとするため、子どもは愛情の不足を感じています。共に、「子どもが親の愛情を欲している」という点で、共通していると言えるでしょう。

放任と過干渉のどちらのタイプに近いか?

子どもの不登校の原因が家庭にある場合、親が、放任と過干渉のどちらのタイプに近いかを考えてみましょう。放任タイプはきちんと叱ることができないため、子どもをわがままにしてしまう傾向があり、その結果、学校に行かなくなるケースがあります。一方、過干渉タイプは、子どもに完璧さを求め自分の思い通りにしようとするため、子どもの自主性や環境への適応能力を阻害してしまい、学校へ行けなくなるケースがあります。

放任と過干渉の中間を目指しましょう

親自身が、放任タイプか過干渉タイプかを自覚することが、子どもの不登校を脱する第一歩です。しっかりと自覚したうえで、放任タイプと過干渉タイプの「中間のタイプ」を目指してみましょう。そして、いちばん大切なのは、近視眼的に「学校に行かせること」を最終目的とせずに「将来の子どもの自立」を念頭に置いて、親子関係の改善をしていくことです。

合わせて読みたい

子供の歯並びが悪い 乳歯の歯並びが悪い原因と対処法
子どもが成長する中で、「歯」について気がかりな保護者の方も多いでしょう。甘い物やジュースばかりを欲しがっていると、虫歯にならないか気になってしまいますよね。 歯の悩みで、虫歯などと並んで保護者の頭を悩ませることが多いものが、子どもの歯並びです。歯並びの悪さはどうしても外見上目立ってしまうだけに...

不登校の原因が学校にある場合の対処法

学校の環境に問題があるときに、ストレスを感じた子どもが不登校になる場合があります。代表的な原因は、「いじめ」や「けんか」などの友人トラブルや、先生とのトラブルなどが考えられます。最も多い原因は「いじめ」で、デリケートな問題であるため慎重な対応が求められます。

子どもの不登校の原因が「いじめ」だった場合

子どもの不登校の原因が「いじめ」だった場合、親は、どんな対応をすればいいのでしょうか?「いじめ」は、いじめる側が悪いのは当然のこと。子どもを守ってあげられるのは親しかいませんから、毅然とした対応をすることが基本です。しかし、やみくもにいじめた相手を糾弾すれば、ますます子どもが学校に行きづらくなってしまうことも考えられます。

対応に迷ったら専門家に相談をしましょう

いじめの問題は、とてもデリケートなもの。ひとつ対応を誤れば事態を悪化させかねません。親だけの力で解決するのは、とても困難だと言えます。現在は、いじめ問題や不登校問題の相談窓口として、公共機関から民間の相談センターまでたくさんの機関があります。対応に迷ったときには親だけで抱え込まずに、担任やカウンセラー、不登校問題の専門家などに相談をしてみましょう。

子どものメンタルケアも忘れずに行いましょう

子どもの不登校の原因が学校にある場合、いじめのように原因がはっきりしているものは、原因を取り除くことで状況の改善が見られますが、その後の子どものメンタルケアも忘れずに行いましょう。カウンセリング、心理療法など、専門家の力を借りて子どもの心にトラウマを残さないようにすることが、不登校の再発防止にもつながります。

合わせて読みたい

小学生ぐらいから?子どもの留守番は何歳から大丈夫?
小学生未満の子どもの場合は、お留守番をさせるのにも抵抗がありますが、小学校に入ってからは一人でお留守番をさせても大丈夫かしら…と思うようになってきます。しかし、具体的に何歳から大丈夫なのか?本当に一人でいいの?と悩んでいる保護者の方も多いはずです。そこで、小学生のお留守番事情について紹介していき...

不登校の原因が本人にある場合の対処法

子ども本人に原因がある場合も、不登校になることがあります。原因として考えられるのは、ADHDやLD、広汎性発達障害などの軽度発達障害や、メンタル面の病気などが考えられます。このような場合に親が取るべき対応は、どんなものがあるのでしょうか?

軽度発達障害が不登校の原因になることも

ADHDや広汎性発達障害、アスペルガー症候群、LD(学習障害)などの軽度発達障害を持っている子どもは、対人コミュニケーション能力に問題があり、集団生活になじめない傾向があります。障害からくる特性のせいで友達との関係がうまく行かず、先生にも叱られてばかり。その結果、不登校になるというケースが多いのです。

軽度発達障害の疑いがある場合はまず担任に相談を

「我が子に発達障害があるかもしれない」などと、親としては考えたくないことですよね。しかし、もしも本当に発達障害を持っているのなら、なるべく早い時期に専門の医療機関を受診することが大切です。発達障害が原因の対人トラブルで不登校になっている場合、親や周囲の人間の正しい理解と対応が必要になってきます。まずは、多くの子どもたちを見てきている担任に相談してみましょう。

不登校の原因は一つだけとは限りません

子どもの不登校の直接的なきっかけが「いじめ」や「けんか」であったとき、もしも子どもが発達障害ならば、原因は子どもの発達障害にあるので、いじめの問題を解決しても根本的な解決にはなりません。また、さらに家庭の問題も重なっているかもしれません。しかし、原因を突き止めようとしたとき、浮かび上がってくるのは不登校のきっかけに過ぎない「いじめ」や「けんか」です。このように不登校の原因は、単純ではなく複雑にさまざまな要因が重なりあっていることも多いのです。

おわりに

不登校には大きく分けて3つの原因があげられますが、複雑に重なり合っている場合もあり、親の力だけでは解決が難しいことも多いもの。親だけで抱え込ますに担任やカウンセラー、医師などの専門家の力をかりて連携を取ることが解決へつながる近道です。

ピックアップ

子供を犯罪から守るための防犯対策を伝授!
子供が一人で出歩くようになる小学校ぐらいになると、心配になるのが子供への犯罪です。昨今、子供への犯罪は増えつつあり、ニュースでも悲惨な事件を目の当たりにしていると思います。今回はそういった犯罪を未然に防ぐためにも、日頃から行える防犯対策をご紹介いたします。 子供の防犯被害統計 警察庁...
ハマり過ぎは禁物!お子さんをゲーム依存にしない3つの方法
子供の身近な遊び道具のひとつとして与えられるゲームですが、その裏でゲーム依存症という言葉があります。ゲーム依存症とは、どの程度のものなのでしょうか。また、どのように予防し、直せばいいのでしょうか。私の息子の実体験を含めながら、ゲーム依存の理由、症状と子供をゲーム依存にしない3つの方法を紹介し...
勉強もスポーツも得意な子に!子供の睡眠時間と脳の発達
小さな子どもを持つ保護者の方のなかには、「子どもに勉強もスポーツや得意な大人になってもらいたい」といった理由から、様々な習い事をさせている場合も多いのではないでしょうか。 しかし、勉強もスポーツも詰め込めばいいというものでもありません。勉強をしたりスポーツを習ったりするだけでなく、休息の時間も...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
不登校になる3つの原因とその対処法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る