「朝読書」は公立小学校の約8割が行っている!どんな効果があるの?

朝読書
「朝読書」は小学校の始業前に行われる、10分程度の自由な読書活動です。本を読まない子どもが増えているといわれるなか、「朝読書」は多くの学校で浸透し、効果をあげています。その効果の内容と、本の選び方、今後の課題について解説しました。

「朝読書」効果で変わる子どもたち

子どものやる気
「朝読書」の活動は、1988年に始まりました。千葉県のふたりの高校教師が提唱した活動は、本の取次店であるTOHAN(トーハン)の協力を得て、全国に広がっていきます。「朝読書」は、各種メディアで話題になり、教育現場に徐々に浸透しました。平成30年には、全国の小学校の約8割で実施されています。

気持ちが落ち着き、やる気もアップ

「朝読書」は、始業前の10分程度の短い時間で実施されます。「みんなでやる」「毎日やる」「好きな本でよい」「ただ読むだけ」の4原則に従い、自由に読書を楽しむ時間です。
1日の始まりにこの10分間があることで、授業への移行がスムーズになるといいます。経験者からは、「気持ちが落ち着く」「勉強に集中できるようになった」という声があがっています。現場の先生が効果を実感したからこそ、広まった活動であり、現在も高い割合で実施されているのだといえるでしょう。教師も含めて教室の全員が心静かに本に集中する時間が、よい効果をうんでいます。

読書の習慣ができ、学力も向上

「朝読書」のもうひとつの効果は、子どもたちが日常的に本を読む習慣ができたということです。「朝読書」で読む本は、子どもが自由に選ぶことが原則です。漫画はダメということになっていますが、子どもの読書レベルによっては、学習漫画はOKにしているところもあります。好きな本を読んでいいといわれると子どものモチベーションもあがり、読書体験が楽しくなります。感想文を書くよう、強要されないところもよいのです。政府が依頼した静岡大学の調査結果によれば、適度な読書の習慣は、学力向上につながると分析されています。読書は思考力や読解力を養ってくれます。

合わせて読みたい

「読書手帳」ってどんなもの?親子で作って、たくさん本を読もう!
「読書手帳」ってどんなもの?親子で作って、たくさん本を読もう!
「読書手帳」をご存じですか?読書手帳とは図書館で借りた本を記録していく、銀行の通帳のようなものです。話題性も手伝って図書館の利用者が急増...

「朝読書」におすすめする本

おすすめの本
「朝読書」で読む本は、自分の好きな本でいいのです。読書になじみのない子は、絵本でもいいよといわれることもあります。それでも、「なにを読んでいいかわからない」という子には、家庭でアドバイスをしてあげると選びやすいかもしれません。図書館や書店で一緒に探してみましょう。

学校をテーマにした本がおすすめ

読書に慣れていない子には、なるべく身近なテーマを扱った本がよいでしょう。学校の教室で読む本ですから、学校をテーマにした作品がおすすめです。読書体験には、未知の世界を知る喜びと、自分の気持ちを言語化した文章を読み、共感する喜びがあります。学校で起こる出来事を題材にした物語は、共感しやすく、心の安定にも役立つでしょう。大きな子が、絵本や幼い子向けのおはなしを読みたくなるときもあります。年齢相応かどうかは、気にしないであげてください。

短編は達成感があるのでおすすめ

「朝読書」の実施回数は、学校ごとに異なります。毎日読むのが理想ですが、その他の活動との兼ね合いもあり、週に2~3回が平均のようです。時間も10分程度で細切れになりますから、あまり長いおはなしを選ぶと読みにくいかもしれません。やっとおはなしに入り込めたと思うと終わりの合図では、がっかりしてしまいますね。学校で読むおはなしは、短めのものがおすすめです。ひとつのおはなしを1回の「朝読書」で読み切ってしまうことで、達成感があります。区切りがいいので気持ちの切り替えもスムーズです。5分で読める短いおはなしを集めたシリーズもテーマ別に出版されています。

合わせて読みたい

読書好きのメリットはたくさん!読書好きな子どもに育てるための四つの方法
読書好きのメリットはたくさん!読書好きな子どもに育てるための四つの方法
近年、読書の時間を積極的に取り入れている学校が増えてきています。読書は子どもにとって良いことだと何となく思ってはいても、実際にどんなメリ...
2歳差で生まれた娘と息子はすでに高校生。子育ても一段落したと思いきや、思春期の悩みに付き合わされている40代後半の働くお母さんです。保育の現場で子ども達に癒やされながら日々勉強中。しかし子育てには、教員免許もたいして役に立たず。それよりも、演劇部で鍛えた妄想力と演技力の方が役に立ったような気がします。「子どもの主食はあそび」の信念で、とにかく楽しく、子どもの人権を尊重した育児が理想。あくまで、理想・・・。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

コメント
購読はいいねが便利です!
「朝読書」は公立小学校の約8割が行っている!どんな効果があるの?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る