1歳の子におすすめなおうち遊びとお外遊び6選

良ければシェアをお願いします。

ハンマー

「子どもの遊ばせ方がマンネリになってきた」「1歳に合った遊びは何だろう……?」など、そんな悩みを抱えているママやパパは多いことでしょう。発育に良いゲームや運動能力を伸ばす遊びを考えても、なかなか思いつかない方も多いと思います。

そこで今回は、1歳の子におすすめしたい「おうち遊び」と「お外遊び」を3つずつ、6種類紹介していきます。今までしたことがない遊びがあったら、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

1歳児の遊ばせ方のポイント:興味のあることは積極的に!

お絵かき

0歳のときと比べ、1歳になると生活リズムが整ってきます。お昼寝が1回だけ、または0回という子もいます。体力がつき、起きていられる時間が長くなると、しっかり遊ばせて夜に寝てもらうような工夫が必要になります。

そのため、手指を使った細かい動きや、全身を使った運動、頭を使ったゲームなど、夜にぐっすり寝られる遊びが大切になるのです。子どもに危険のない範囲で「おうち」と「外」遊びを体験させ、色々なものを観察させてあげましょう。興味を示したものを触らせ、自由に遊ばせてあげることがポイントです。

合わせて読みたい

子どもの遊び食べってなに?対処法はあるの?
子育てをしているといろいろな「新しい経験」に出会います。大人とはまったく違う生き物であるため、大人には予想もつかない行動にびっくりさせられることもしばしば。ただ、そんな「びっくりさせられること」も、事前に「これにはこういう理由があって、こう対策をしていけばいいんだ」ということが分かっていれば慌て...

楽しく触れ合いながら!おうち遊び

お家遊び

その1 手指を使った遊び

雨の日や、外出が難しいというときは、手指を使った「お絵かき」や「パズル」、「積み木」遊びがおすすめです。市販の道具を買って遊ぶ方法もありますが、お金をかけずに家にある使わない手帳やチラシを活用する方法もあります。お絵かきのポイントは、好きなように飽きるまで描かせることです。ぐるぐる描くだけでも、赤ちゃんにとっては遊びになります。親が一緒に描いて、それを真似させるという遊び方もあります。

パズルは知能を鍛えるのにぴったりな遊び方です。1歳児用のパズルゲームはたくさん売られていますし、手作りしたものを使ってもOK。とにかく何度も指を動かせ、細かい動きを覚えることが大切です。積み木もパズル同様、手指をたくさん動かせる遊びです。崩すのも遊びにつながります。

その2 歌いながら、ふれ合い遊び

1歳児がじゃんけんのルールを覚えることは大変ですが、グー・チョキ・パーを作ることはできるようになってきます。歌いながら手遊びを一緒にすれば、ふれ合いが増えて、親子で楽しめます

手遊びの種類は豊富です。手指だけでなく、腕や頭を動かしながら遊べるものもあります。腕を大きく開いて高くあげたり、リズムよく膝の上でトントンさせたり、頭を横に動かしたりと、運動量も豊富です。赤ちゃんが真似しやすいよう、ゆっくりとしたスピードから始めてみましょう。

その3 かくれんぼ

外でのかくれんぼは、1歳児には早すぎるでしょう。おうちの中であれば危険性が少なく、全身を使って遊ぶことができます。ただし、屋内でも転倒やケガをする可能性があるため、マットやカーペットをひいて対策しましょう。かくれんぼの範囲は、なるべく狭くすることがポイントです。広くしてしまうと、見えないところで危険な行為をする恐れがあるからです。

テーブルの角や滑りやすい床などは事前に対策をとり、隠れやすいスペースをわざと作ってあげましょう。

合わせて読みたい

いつから始める?トイレトレーニングに適した時期と方法とは
赤ちゃんがおむつを必要としなくなると、かつては大人が「おむつはずし」をしなければいけないといわれてきました。しかし、最近では「おむつはずし」ではなく、「おむつはずれ」という言葉が使われるようになりました。つまり、おむつは大人が無理に「はずす」わけではなく、自然と「はずれる」ため、それができるよう...

体と心を刺激する!お外遊び

外遊び

その1 ボール遊び

ボール遊びは、お外遊びの代表ともいえるスタンダードなものです。ボールを持って重みを感じさせたり、コロコロ転がして追いかけっこをさせたり、ボール投げをさせたりと、色々な遊び方があります。1歳くらいになると、ボールを軽くキックすることもできるようになるので、親子でボール蹴りという遊び方も良いでしょう。

注意点は、赤ちゃん用の柔らかいボールを選ぶことです。また、周囲に車やバイク、自転車が来ないかをチェックすることも重要です。コンクリートや砂利道は転んだときにケガをする可能性があるため、芝生のある公園などで遊ぶと良いでしょう。

その2 葉っぱや、自然にあるものを活用

1歳になると、外で見るものすべてに驚きと発見があります。特別な遊びをするだけでなく、ただお散歩をしたり葉っぱをいじらせたり、自然とふれ合うこと自体が遊びになります

草木の多い公園や庭先で葉っぱが落ちていたら、自由に触らせてみましょう。普段は味わえない手の感触を楽しんでくれるはずです。落ち葉を拾って高いところから手放しをする、という遊びも喜びます。

葉っぱがたくさん落ちているところなら、足で踏むだけでも遊びになります。パリパリとした感触や、シャカシャカする音に興味を持ってくれるでしょう。草木や野花の観察もお外遊びの醍醐味です。外には色々なものがあることを覚えてくれます。

その3 水を使った遊び

水遊びは夏限定のものではありません。家庭用プールで遊ばせる方法もありますが、ジョウロを使った遊びもあります。ポイントは、軽量なジョウロを選ぶことと水の量を少なくすることです。

大きいサイズの場合、水の入ったジョウロを子どもの手足にかけてあげ、水の感触を楽しませてあげましょう。小さいサイズなら、植物の水やりをさせてあげることも遊びになります。植物に水やりをし、植物の成長を見せてあげると、学習にもつながります。

おわりに

1歳の子におすすめしたい「おうち遊び」と「お外遊び」を6つご紹介しました。お金をかけずに遊ぶ方法はたくさんあります。まだ試したことのない遊び方があれば、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ピックアップ

2歳児におすすめなおうち遊びとお外遊び12選
2歳児は走ったり、ジャンプしたりとダイナミックに体を動かせるようになり、それと同時に手先も器用になります。体だけでなく心も大きく成長する2歳児。その成長を促すには、どんな遊びや体験をさせてあげるのが良いのでしょうか。今回は2歳児におすすめなおうち遊びと外遊び12選をご紹介します。 心と体の...
成長に合わせて選ぶ!新生児からのベビー服・子供服サイズ一覧表
出産前、出産後と必要になるベビー服や子供服ですが、どれも小さくて可愛いく目移りしてしまいますよね。実際に購入するときにはサイズを見て購入しなければいけませんが、赤ちゃんは生後1年もすると身長は約1.5倍、体重は約3倍と、成長するスピードがとても早いです。そのため、洋服選びは成長に合わせて選ん...

https://tamagoo.jp/childcare/age-month-baby-outing-point/

たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。
購読はいいねが便利です!
1歳の子におすすめなおうち遊びとお外遊び6選
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

1歳児 子育ての悩みについて・・・あわせて読みたい

1歳になるとどんな症状になる?自閉症の赤ちゃんの特徴4つ
生まれつきの障がいである「自閉症」。自閉症を患っている子どもは、どのような特徴を示すのでしょうか。そこで今回は自閉症という病気と、1歳前後で見られるその特徴についてお話していきます。 自閉症という病 「自閉症」という言葉だけを聞くと、「自分の世界に閉じこもっている」「精神的につらいことが...
あいさつができる子に育てたい!1歳からできるしつけとは
気持ちよくあいさつができる子どもは周囲に好印象を与えます。感情や言葉が芽生える1歳頃があいさつのしつけを始める適齢期ですが、上手くいかずに悩む親も多いようです。 あいさつのしつけで気をつけたいポイントや、発育や個性に合わせた段階的なしつけの対応についてまとめました。 あいさつはしつけの...
1歳の子におすすめなおうち遊びとお外遊び6選
「子どもの遊ばせ方がマンネリになってきた」「1歳に合った遊びは何だろう……?」など、そんな悩みを抱えているママやパパは多いことでしょう。発育に良いゲームや運動能力を伸ばす遊びを考えても、なかなか思いつかない方も多いと思います。 そこで今回は、1歳の子におすすめしたい「おうち遊び」と「お...
【レシピ付き】1日3回規則正しく!1歳児の離乳食の進め方は?
そろそろ1歳を迎える時期になると、「離乳食はどんなものがいいのかしら?」「1日何回あげればいいの?」といったことに悩むお母さんは多いことでしょう。離乳食は赤ちゃんの成長に合わせて、食べものの固さ・量・回数を調整していきます。徐々に大人と同じような食事ができるよう、ステップを踏んで進めていきま...
子どもの遊び食べってなに?対処法はあるの?
子育てをしているといろいろな「新しい経験」に出会います。大人とはまったく違う生き物であるため、大人には予想もつかない行動にびっくりさせられることもしばしば。ただ、そんな「びっくりさせられること」も、事前に「これにはこういう理由があって、こう対策をしていけばいいんだ」ということが分かっていれば慌て...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る