おくるみより赤ちゃんが快適?アメリカ発「スワドルミー」の使い方と効果

スポンサーリンク

新生児

日本では古来から赤ちゃんを保護するために使われているおくるみ。その習慣は現代に引き継がれて、出産祝いの品として贈られたり、お母さんが手作りすることも多いものです。そのおくるみに代わる「スワドルミー」が、今評判になっています。そこで今回はスワドルミーとはいったいなに?どんな効果があるのか?について調べてみました。

スワドルミーっていったいなんだろう?

まだまだ聞きなれない言葉「スワドルミー」。赤ちゃんのいる家庭や出産祝いの品としても人気になりつつあるスワドルミーとはいったいなんなのか、どんな素材でできているのか、おくるみとどう違うのかなど、調べて比較してみました。

スワドルミーの発祥はどこなのでしょう

スワドルとは英語でおくるみの意味で、スワドルミーはアメリカの小児科医によって開発され、日本にも上陸しました。一般的にいうとアメリカ版のおくるみといったところです。初めて使う人でも簡単に赤ちゃんをくるめるような工夫がされていて、新米ママや、そしてパパにとってもありがたいグッズといえそうです。その簡単さとはずばりフィット感。赤ちゃんにとって心地いいベストフィットな巻き方が、このスワドルミーでは簡単に作り出すことができます。

おくるみとの具体的な違いはどこ?

おくるみは、通常正方形です。うまくくるんであげないと、手足が飛び出してぐちゃぐちゃになってしまい、赤ちゃん大泣きなんてことも。その点このスワドルミーは独特の三角形をしています。さらにあしもとは袋状になっていて、赤ちゃんをくるんだあと、両サイドを浴衣の前のようにあわせてマジックテープで留められるようになっているので、簡単に赤ちゃんをすっぽりとくるむことができます。赤ちゃんの自由な手足の動きは妨げず、でも赤ちゃんが暴れてしまっても手足が飛び出さないすぐれものです。さらにスワドルミーを巻いたままおむつ交換もできるのが嬉しいですね。

赤ちゃんにやさしいコットン素材、伸び縮みも抜群!

スワドルミーは綿100パーセントの伸縮性のある素材で作られています。そのため肌の弱い赤ちゃんにも安心して使えます。素材の特性上、比較的季節も問わないのも嬉しいポイントです。適度な伸縮性があることで、赤ちゃんがきゅうくつになりすぎず、でも心地よいフィット感を保つことができます。赤ちゃんはミルクを吐いてしまったり、おしっこやうんちなどでなにかと汚れてしまうことも多いですが、このスワドルミーは洗濯機で思いっきり洗えるのもありがたいですね。

合わせて読みたい

肌が弱い赤ちゃんでも安心!おすすめのオーガニックのベビー服ブランド6選
最近、注目を集めているのがオーガニックの商品です。きっかけは、子どもの肌が弱かったという理由から利用したお母さんが、オーガニックコッ...

スワドルミーにはどんな効果があるの?

赤ちゃんがよく寝る、寝かしつけにうってつけ、そんな評判を多く聞くスワドルミーですが、それでは具体的にスワドルミーにはどんな効果があるのか、そしてそれはなぜそのような効果をもたらすのか調べてみました。

お母さんの子宮の中にいるような心地よさ

抱っこでやっと寝たと思ったら布団におろした途端泣いて起きてしまった…こんな経験、赤ちゃんがいる人ならあると思います。赤ちゃんはお母さんから離れるその不安感で泣いてしまったりする、繊細で敏感な生き物です。でも疲れ果てたお母さんはがっかりですよね。その点このスワドルミーできっちりくるんであげると、その適度なフィット感や手足が自由に動かない状態が、お母さんに抱かれているような、そしてまたお腹の中で過ごしていたころのような安心感につながり、ぐっすりとよく眠れるのです。さらにモロー反射という、生後半年ごろまでみられる赤ちゃん特有の反射があります。これは突然びくっと両手や両足を広げて抱きつくような仕草をするもので、小さな物音などちょっとした刺激で起こります。スワドルミーはやさしくくるむことで、モロー反射によってせっかく寝ていた赤ちゃんが起きてしまうことも防ぎます。

赤ちゃんに質の良い睡眠をもたらしてくれます

スワドルミーで適度なフィット感につつまれた赤ちゃんは、途中で目を覚ますことが少なく、結果的に質の良い睡眠=レム睡眠を持続させることができるということが、アメリカの大学の研究によって明らかになっています。その効果は、通常のなんと2倍のレム睡眠が得られるというもの。寝る子は育つとよくいわれますが、脳の発達に睡眠は非常に重要です。特にこのレム睡眠の時間が長いとより脳の発達が促進されます。

窒息や突然死を防止することもできる

SIDS(乳幼児突然死症候群)の原因はいまだ解明されていませんが、うつぶせ寝や、寝ている間に毛布などが口や鼻を覆ってしまうことから起きる窒息との関連がいわれています。スワドルミーは、赤ちゃんの身体にフィットして固定されているため、うつぶせ寝や掛物が顔にかかってしまうことを防止できます。また、2002年刊行の小児科ジャーナルで、赤ちゃんをあおむけに寝かせた場合、おくるみにくるまれていた赤ちゃんは、くるまれていなかった赤ちゃんよりも乳幼児突然死症候群の発症が少なかったことが報告されています。これはお母さんにとってはとても安心できることですね。しかし一方では、おくるみ使用中に寝返りなどで体勢が変化すると、使用していない場合よりも乳幼児突然死症候群のリスクが高まるとの報告も2016年に英国の大学の研究として報告されています。なるべく寝返りをしない月齢での使用がより安全といえるのかもしれません。

合わせて読みたい

手作りベビーグッズで出産までを楽しく過ごす!おすすめクラフトキット9選
生まれてくる赤ちゃんのことを想いながらベビーグッズを手作りしてみませんか?ちくちくとひと針ひと針縫い進める手作業は、妊娠中の今だから...
ひょうきん者の3歳の息子と日々楽しくやってます。仕事と子育ての両立に大奮闘中!

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
おくるみより赤ちゃんが快適?アメリカ発「スワドルミー」の使い方と効果
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る