手作りベビーグッズで出産までを楽しく過ごす!おすすめクラフトキット9選

フェルトの靴

生まれてくる赤ちゃんのことを想いながらベビーグッズを手作りしてみませんか?ちくちくとひと針ひと針縫い進める手作業は、妊娠中の今だからこそ味わうことのできる静かで優しいひとときです。赤ちゃんの柔らかい肌に触れても安心な素材で作る、スタイやミトン、おくるみや母子手帳ケースなどおすすめのクラフトキットをご紹介します。

スポンサーリンク

【初級編】ぶきっちょさんママでも大丈夫

まずは簡単な手作りキッドから始めてみましょう!いきなり難しいものから手をつけると挫折してしまうこともあります。簡単なものでも手作りで完成すると喜びはひとしおですよ。まずは準備体操のつもりでミトンやおくるみ、スタイを手作りしてみましょう。

】赤ちゃんのの必需品

新生児期からの夜泣きに効果絶大のおくるみ。赤ちゃんをおくるみでぴったり包みママのお腹の中で縮こまって眠っていたのと同じ環境を作ってあげると、赤ちゃんは安心してぐっすり寝てくれることが多くなります。90cm✕90cmのお好みの布2枚を縫い合わせるだけで簡単に作れ、赤ちゃんが成長してからもベビーカーやお昼寝の肌掛けとしても長く活躍します。

【スタイ】たくさんあると便利!

よだれの多い赤ちゃんにはスタイが必需品!たくさんあればあるほど便利ですよ。市販品にも可愛いものがたくさんありますし出産祝いでいただくことも多いですが、ママの手作りのスタイもプラスしましょう。簡単に作れるのはハンカチやバンダナのスタイ。三角形に折って両端にスナップボタンやマジックテープを縫い付ければ簡単にできます。

【ベビーミトン】赤ちゃんの肌を引っかき傷から守る

赤ちゃんの爪は非常に薄いので刃物のように鋭く、ちょっと油断するとすぐに頬や肌が傷ついてしまいます。柔らかく通気性のよいガーゼやリネンで小さなミトンを作ってみましょう。作り方は簡単です。10cm四方の布を4枚準備し先が丸くなるように山型にカットします。中表にして3方を縫い合わせ、バイヤステープで手のはいり口にゴム通しを縫い付け、ゴムを通せば完成です。

合わせて読みたい

【特集】赤ちゃんの夜泣きを止める4つの安眠グッズ
お母さんはみんな赤ちゃんの健康な成長を願っています。そのためには睡眠が欠かせないということが分かっているだけに、赤ちゃんが夜泣きをして、なかなか寝ないと気持ちが焦ったり、心配になったりします。また、お母さん自身も十分睡眠が取れないと心の余裕がなくなってしまい、ついつい赤ちゃんにあたって後悔するこ...

【中級】手作りに慣れたらチャレンジ

初級編で手作りの楽しさに目覚めたら、中級編にもぜひチャレンジしてみてくださいね!少し工夫が必要な部分もありますが、長く愛用できるグッズを手作りしましょう。おもちゃやおむつケース、エルゴなど抱っこひもの必需品よだれカバーをご紹介します。

【ガラガラ・ぬいぐるみ】初めて出会うおもちゃ

赤ちゃんのガラガラやぬいぐるみなど、生まれて初めて出会うおもちゃをママの手作りでプレゼントできたらステキですね。肌に触れたり口に入れたりするので無漂白のパイル生地やオーガニックコットンを使って手作りしてみましょう。子どもが大きくなった時に「これ、ママが〇〇ちゃんのために作ったのよ」と教えてあげてください。すごく喜びますよ。

【おむつポーチ】携帯に便利なお出かけの必需品

赤ちゃんと外出する機会が増えると必需品となるのがおむつポーチです。市販品にも便利なグッズがたくさんありますが、ポケットなどの機能がたくさんついているとポーチ自体が重たいことがあります。赤ちゃんとのお出かけはただでさえ荷物が多くママバッグはズッシリ…。軽い素材を使って手作りすれば荷物の軽量化にも繋がります。

【抱っこひもよだれカバー】赤ちゃんは肩ひもが大好き

エルゴなどの抱っこひもの肩ひもを舐める赤ちゃんは少なくありませんが、抱っこひもは毎日使うのでなかなか洗濯ができません。ママは衛生面がどうしても気になってしまいますよね。そこで大活躍するのがよだれカバーです!いくつか洗い替え用に作っておくととても重宝しますよ。ハンドタオルにマジックテープを縫い付けるだけで簡単にカバーを作れます。

合わせて読みたい

あってよかった!産後に必要となるアイテムリスト
母親学級や入院時など様々な場面で産後に必要なアイテムリストは渡されます。しかし、それだけでは足りないかった物も多く、退院後実家に帰った人はいいのですが、赤ちゃんのお世話をしてくれる人が居ない人は買い物もできずに困ってしまうことが多いです。そこで、ここでは産後あってよかったと感じたアイテムを紹...

【上級編】手作りにハマったらこのグッズ

手作りが楽しくなって、作業がすいすい進むようになったらオススメしたいのが、母子手帳ケースやベビーシューズ、帽子などの手作りキットです。立体的な縫製が必要なので時間はかかりますが、きっと妊娠期間のステキな思い出になりますよ。

】長く使うからこそ手作り

母子手帳ケースは長期間使用しますので、ママ自身が気に入って長く使えるものを手作りしてみましょう。作りが複雑なので手芸屋さんや通販サイトの専用キットを利用するのがおすすめです。1人目は市販品を使っていたけれど、2人目、3人目が生まれて「一つの母子手帳ケースにまとめたい!」と使いやすいものを手作りするママも多いですよ。

【ベビーシューズ】小さな小さな足のために

小さなベビーシューズは手作りしていると、それだけで夢が膨らんでくるステキなベビーグッズです。赤ちゃんの小さな足に柔らかくフィットするシューズを手作りしてみましょう。フェルトやボア素材、キルティングなどの布で作るのがおすすめです。市販の手作りキットで作ればまず失敗はありません。アレンジを楽しみたければベビーグッズの本を参考にして作ってみましょう。

【帽子】赤ちゃんの頭を優しく包む

お出かけの必需品、帽子も手作りするママが多いベビーグッズです。冬ならフリース素材や毛糸の帽子、夏ならリネンやコットンで「つば」のある帽子を作ってみましょう。手作りなら「耳」をつけたりお花やリボンをたくさんつけたり、とオリジナリティあふれる可愛い帽子を作ることができます。帽子とベビーシューズがお揃いで作れるキットもありますので、おしゃれなベビーコーデが楽しめますよ。

おわりに

ご紹介したグッズは手芸店やネット通販などで手作りキットが販売されていますので、「手作りに自信がない…」というママはまずキットを使ってみてはいかがでしょうか。長いようで短い、短いようで長い妊娠期間中にぜひ愛情いっぱいの手作りグッズにチャレンジしてみてください。

ピックアップ

母子手帳はいつもらえる?もらい方と注意したい3つのこと
妊娠経験のない方でも母子手帳の名前は聞いたことがあるかもしれません。実際自分がお母さんになった時の必須アイテムになりますが、一体どこでいつもらえるのかなど、知らないことがたくさんあると思います。今回は、母子手帳とはそもそもどのようなものなのかについてと、母子手帳のもらい方、そして、注意したい3つ...
いつからいつまで?赤ちゃんの夜泣きの3つの原因と対策法
赤ちゃんはお母さんにとっても、家族にとっても愛らしい存在です。よく「目に入れてもいたくない。」などといいますが、赤ちゃんの寝顔はまるで天使のようです。しかし、この天使のような赤ちゃんも、お母さんを悩ませる時があります。それが夜泣きです。あやしても、抱っこしてもなかなか泣き止んでくれず、夜中に一人...
赤ちゃんが泣きやむあやし方&寝かしつけ方のコツ
体も脳も未発達な赤ちゃんは、生後2ヶ月ぐらいから笑うといった意思表示を覚えますが、最初は泣くといった行動しかとれません。泣くことで、自分は今どうゆう状況でどういった感情でいるかということを教えてくれているのですが、解消してあげるには様々なことを試さなければいけません。 何をしても泣き止...
8歳の甘えん坊娘と2歳イヤイヤ息子のママです。読書と野外フェスとクライミングが好きです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
手作りベビーグッズで出産までを楽しく過ごす!おすすめクラフトキット9選
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠後期(8カ月~10カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る