成長に合わせて選ぶ!新生児からのベビー服・子供服サイズ一覧表

良ければシェアをお願いします。

たくさんのベビー服

出産前、出産後と必要になるベビー服や子供服ですが、どれも小さくて可愛いく目移りしてしまいますよね。実際に購入するときにはサイズを見て購入しなければいけませんが、赤ちゃんは生後1年もすると身長は約1.5倍、体重は約3倍と、成長するスピードがとても早いです。そのため、洋服選びは成長に合わせて選んで慎重にチョイスしたいですよね。今回はベビー服や子供服のサイズ表と、出産祝いの際に贈る洋服選びのポイントなどについてご紹介します。

スポンサーリンク

新生児から6歳までのベビー服・子供服サイズ目安一覧表

成長する子ども

月齢・サイズ身長(センチ)(キロ)帽子(センチ)靴(センチ)
生後0ヶ月~6ヶ月50~7050~605~9468~11
生後6ヶ月~1歳807011469~12
1歳~2歳9080~85134811~13
2歳~3歳9590145012~14
3歳~4歳100955213~15
4歳~5歳110100~105 5214~16
5歳~6歳120105~1155417~18

注意点

帽子や靴は特に個人差があるため、試着してからの購入がおすすめです。また、服のブランドによって、仕上がりの寸法が異なることが多いため、安易にサイズだけ見て買うには注意が必要です。腕の長さや足の太さなど、赤ちゃんの体格によってサイズに当てはまらないこともあるため、実際に洋服を広げてみて洋服の特徴などをチェックしてみましょう。

合わせて読みたい

赤ちゃんの五感を刺激するベビーマッサージの効果とは
初めての赤ちゃんと、たくさんスキンシップを取りたいと思う人は多いでしょう。ただ、繊細な赤ちゃんとどのように接するのが正解であるのか、わからないという人も多いと思います。赤ちゃんとは言葉でのコミュニケーションが図れないからこそ、体で触れ合うことが最も大切になります。今回は、赤ちゃんの五感を刺激する...

月齢・年齢別 洋服の選び方のポイント

ドレスをきた赤ちゃん

生後0ヶ月~6ヶ月(50~70センチ)

出産時の赤ちゃんの体重や身長により、最初のサイズが異なりますので、多めに用意することはせず最小限の枚数でおさえておきましょう。また、肌着のサイズは赤ちゃんにぴったりのものをあてがうようにしてください。サイズが大きかったり小さかったりすることで、赤ちゃんの動きを妨げてしまいます。この時期は短肌着・長肌着などの肌着とロンパース・ツーウェイオールなどが必要となります。

生後6ヶ月~1歳(80センチ)

ハイハイがはじまるこの時期は、動きが活発になるため上下別の洋服も着せやすくなります。離乳食がはじまるころには洋服も汚しやすいため、すぐに着替えることができる洋服を用意しておくと便利です。また、5ヶ月を過ぎたころには視覚もしっかりとするため、カラフルな色を取りいれることで赤ちゃんも喜びます。また、肌着はお腹が冷えてしまわぬようコンビ肌着などがおすすめです。

1歳~2歳(90センチ)

歩き始めるこの時期は、肌着も洋服も上下が分かれるものを選ぶようにしましょう。おむつ替えのときも、立ったままおむつが替えられるため便利です。この時期から洋服のデザインも充実するので、洋服選びも楽しくなります。また、外出も増えてくる時期ですので、冬場ならコート、夏場なら帽子など、買い足すアイテムが増える時期でもあります。1歳半ぐらいになるとウエスト回りのサイズに個人差が出てきますので、慎重に選ぶようにしましょう。

2歳~3歳(95センチ)

2歳半を過ぎたぐらいになると、自分で洋服を着脱するようになります。少し大きめのサイズを選ぶことで、腕を通しやすく着替えが楽になるためおすすめです。ただし、ボトムスで大きいサイズを選ぶと転びやすくなるためおすすめできません。この時期は洋服のデザインを実際に選ばせてあげることで着替えへの興味も湧きます。

合わせて読みたい

保育園と幼稚園の違いとは?どっちが良いの?
ご両親がお仕事をされている場合、預かってくれる時間が長い保育園といった考えが定着されていますが、現在では預かってくれる時間が長い幼稚園も増えてきました。では、実際に保育園か幼稚園かを選ぶ際には、何をポイントに選べばよいのでしょうか。ここでは、保育園と幼稚園の具体的な違いを紹介します。 ...

出産祝いに贈る洋服の選び方

出産祝い

着られる期間の長いものを選ぶ

50~60センチのものはあっという間に着られなくなるため、ほとんど使用せずに終わってしまいがちです。そのため、半年から1年ほど着る期間の長い80~90センチのものを選ぶと良いでしょう。

今着ている服のサイズは選ばない

まず、赤ちゃんの月齢を確認しましょう。その月齢の洋服はママがすでにほとんど揃えているため、これから使うであろうサイズのものを選ぶようにしてください。

着るときの季節とサイズを合わせる

例えば、3月に生まれた赤ちゃんのサイズが50センチだったとして、冬物の洋服を60センチでプレゼントしても小さいため着ることができません。赤ちゃんの成長に合わせたサイズと、そのサイズにあった季節物の洋服をあげることが必要となります。下記の表を見て分かるように、80~90センチのものを選ぶことで季節をまたいでも長く使用できます。

<サイズ(センチ)>

誕生月春・夏秋・冬翌年の春・夏翌年の秋・冬
3~5月50~60708080~90
6~8月50~60708080~90
9~11月50~6050~607080
12~2月50~6050~607080

肌着よりウェアがおすすめ

なぜ肌着よりウェアがおすすめなのかというと、直接身に着ける肌着は、サイズがピッタリと合ったものをあてがうため、ジャストサイズが分からない限り出産祝いにはおすすめしません。ウェアは多少サイズが大きかったとしても、差支えなく着ることができますし、デザインも豊富にあります。

おわりに

赤ちゃんの大きさや成長の早さには個人差があるため、必ずしもサイズ表通りにはならないと思います。目安として参考程度にしてください。小さなうちからのベビー服はすぐ着ることができなくなるため、大きめのものを購入したくなると思いますが、肌着などは必ずサイズがぴったり合うものを選ぶようにしましょう。

ピックアップ

【特集】赤ちゃんの夜泣きを止める4つの安眠グッズ
お母さんはみんな赤ちゃんの健康な成長を願っています。そのためには睡眠が欠かせないということが分かっているだけに、赤ちゃんが夜泣きをして、なかなか寝ないと気持ちが焦ったり、心配になったりします。また、お母さん自身も十分睡眠が取れないと心の余裕がなくなってしまい、ついつい赤ちゃんにあたって後悔するこ...
月齢別!赤ちゃんのお出かけで知っておくべきポイント
赤ちゃんとのお出かけは、赤ちゃんの生活リズムを整え、ママの気分転換にもなるため、積極的に行うことが望ましいです。とはいえ、赤ちゃんはいつから出かけていいものなのか、また、お出かけの際の注意点やポイントなどはあるのだろうかと、不安に思うこともたくさんありますよね。ここでは、そういったママの疑問や不...
赤ちゃん用おむつの上手な選び方ガイド!
臨月に入ってから赤ちゃんに必要となるものを準備される方が多くいらっしゃると思いますが、その中の1つであるおむつ選びでも、たくさん種類のある中でどれを選べばよいのか迷ってしましますよね。そういった悩みからここではおむつの特徴や、おむつの上手な選び方についてご紹介します。 おむつの種類 ...

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
成長に合わせて選ぶ!新生児からのベビー服・子供服サイズ一覧表
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る