一人目は出たのに二人目は母乳が出ない!母乳が出ないときの対処法

兄弟の母乳
母乳育児も二人目となればスムーズに始められるはず!と思っていたのに、実際に始まったら全然出ない…という経験をしたママは少なくありません。子どもとのスキンシップにも最適な母乳育児、できれば二人目も頑張りたいと思っているママも多いはず。でも母乳が思うように出てくれないとき、一体どうすればいいのでしょうか。困ったときの対処法などをお伝えします。

「温かく」が大切!母乳が出なくて困ったら

バランスのよい食事
母乳の原料となるのは、ズバリ血液です。産後のママの体では母乳分泌を促進するホルモン・プロラクチンが分泌され、おっぱいにたくさんの血液が流れて母乳が作られるのです。血液が足りていない・血流がよくないという場合には、母乳が十分に作られないことも。そのため、母乳がなかなか出なくて困ったときには、以下の三つを心がけてみてください。

1:ゆっくりお風呂に入って温まろう

家事や育児で忙しいと、ゆっくりお風呂に入る時間もなくて、いつもサッとシャワーを浴びるだけになっていませんか?また、夏も暑いからと直接冷房・扇風機の風に当たっていると、思っている以上に体が冷えてしまいます。母乳を作るには血流をよくして、おっぱいにたくさん血液が流れるようにすることが大切です。シャワーだけだと入浴時間も短くなり、体を十分に温められないので、ゆっくり湯船につかってリラックスすることがベスト!
旦那さんの仕事が忙しくて赤ちゃんのお世話を頼めず、ゆっくりお風呂に入るのも難しいという場合は、足湯でしっかり温めるだけでも違ってくるはずです。足湯をするときは、少なくともくるぶしまで、できれば内くるぶしから指3本上にあるツボ・三陰交までつかるようにするのがオススメです。

2:栄養バランスを考えた食事をしよう

子どもたちのお世話に追われて、ママ自身のごはんは適当、もしくは三食きちんと食べられていないということはありませんか?食事は体作りの基本となりますし、ママの体が元気でなければおいしい母乳も作れません。野菜はもちろんのこと、特に血液中の赤血球やヘモグロビンを作るのに大切なタンパク質(お肉や魚、卵、大豆製品、乳製品など)を意識して摂るようにしましょう。
また、血流を滞らせてしまわないように、体を冷やす冷たいものはできるだけ避けた方がいいでしょう。

3:寝不足だったら睡眠で体を休めよう

赤ちゃんの授乳で夜も細切れでしか寝られないと、つらいですよね。「眠いからと寝てばかりでは家事もできないし、怠け者だと思われそうで…」というママもいるかもしれませんが、疲れている・寝たいと思ったらできる限り体を休めましょう!それもママの仕事の一つです。まとまった時間を寝られなくても、30分くらいの昼寝でも寝られたあとはスッキリしますよね。眠い体を引きずって無理にやるより、スッキリした体でやった方が家事もはかどるのではないでしょうか。

合わせて読みたい

母乳で育てたい方必見!母乳育児を成功させるポイント三つ
母乳で育てたい方必見!母乳育児を成功させるポイント三つ
母乳育児はメリットもいっぱい!母乳で赤ちゃんを育てたいと思うママは多いでしょう。妊婦のときは「絶対母乳!」と思っていても、実際赤ちゃんが...

一人目は出たのに、母乳が出ない理由

新生児の授乳
一人目で母乳育児を経験している方は特に、「二人目もきっと問題なく母乳育児できるはず!」と思ってしまっているかもしれません。でも、実際は必ずしもそうとは限りません。一人目は問題なくできていた母乳育児、スムーズにいかない理由は何にあるのでしょうか。

まだ若くても体は確実に年を重ねている!

一人目の子を生んでから、3~4年くらいあいてから二人目の子となると、その分ママの体は確実に年を重ねています。慣れない育児で体力も使って、日々体に蓄積された疲れを感じているママもいるかもしれません。また、上の子との年齢差があまりなく、まだまだ手がかかる年齢であると、そちらの子のお世話も忙しく、ママがゆっくり休めていないことも母乳の出に影響していることが考えられます。
決して無理しすぎず、たまにはパパに育児をお願いして、リフレッシュ時間を作れるといいですね。

水分・食事が不足しているのかも?

母乳は血液が原料となって作られますが、サラサラした見た目からもわかるとおり、水分も必要になります。また、水分を摂ることで血液もサラサラになり、おっぱいはもちろん全身に血液が行き渡り、母乳も作られやすくなります。水分は汗や尿としても失われますし、「のどが渇いた」と感じる前に、こまめに補給するようにしましょう。
また、日々の食事も水分と同じくらい大事ですが、育児中は子どもたちの食事で手一杯、ママの食事は適当…なんてこともあるでしょう。ママの元気な体作りには、栄養バランスの整った食事も不可欠だということを忘れないでくださいね。

合わせて読みたい

授乳中はカレーNG?! 母乳に影響を与える食べ物
授乳中はカレーNG?! 母乳に影響を与える食べ物
授乳中は、避けた方がいい食べ物・飲み物が少なくありません。国民食の一つであるカレーも、ときどき食べたくなりますが、「スパイスが赤ちゃんに...
台湾在住の30代。2011年日本語教師として台湾へ、2013年結婚。2015年より在宅ライターとして活動開始。3歳年上の台湾人夫と猫1匹と仲良く暮らしてます。真面目な性格ゆえに妊活を頑張りすぎ、それに疲れて現在はゆるーく妊活継続中(4年目)。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る