「さわってもいいですか? 」子どもが外で犬に噛まれないために教えておきたいこと

良ければシェアをお願いします。

猛犬

子どもが好きな動物として名前を挙げることが多い犬ですが、環境省が発表している平成26年度の犬による咬傷事故件数は4,364件にものぼっています。過去の件数から見ても横ばい状態となっている咬傷事故ですが、なぜ起きてしまうのでしょうか。また、親と子ども自身はどのようなことに気を付ければいいのでしょう。犬と上手に接するために必要な知識を身につけましょう。

スポンサーリンク

犬による咬傷事故の被害状況と影響

咬傷事故を起こした犬の約90%が飼い犬であり、そのほとんどの被害者が他人です。また、咬傷事故が発生した状況の半数が通行中の事故と発表されています。つまり、飼い主と散歩をしている犬に噛まれる可能性があるということです。では、なぜ咬傷事故は起きてしまうのでしょうか。

犬による咬傷事故が生む危険性とは

犬の咬傷事故では噛まれた傷だけでなく、二次感染症に苦しむことがあります。最近では、犬用ワクチンの接種が義務化、または、推奨されているため、重症化する病気の感染はなくなりましたが、傷口から細菌が入り感染症になる可能性があります。動物にとっては、なんともない細菌でも人間にとっては害がある菌も多くあります。そのため、犬に噛まれたら流水でよく洗うようにしましょう。また、医療機関を受診することも推奨されています。

子どもは犬に噛まれやすく危ない?

犬を怖がる子どももいれば、自分から近寄り犬を触りに行く子どもも少なくありません。そんな無防備な子どもが犬に触れたことがきっかけで噛まれたケースもあります。子どもは身長が低いため、顔や頭などを噛まれる可能性が高く、大きな怪我につながることもあります。そのため、子どもが犬に触れる際は、飼い主も親も注意しなければなりません。

噛まれた子どもが気を付けるべき破傷風

日本では、破傷風の予防接種が義務付けられており、乳幼児期の三種混合や四種混合の中に含まれていますが、免疫力が低いと発症してしまう可能性があります。犬に噛まれて起きる破傷風は、傷口からの感染がほとんどです。破傷風菌は神経毒です。主な症状としては、神経伝達機能の低下から麻痺や筋肉弛緩などがあります。噛まれた際は、傷口の消毒と早めの医療機関受診を心がけましょう

合わせて読みたい

なんて説明すればいい? 子どもへのペットの死の伝え方
家族同然のぺットが死んだ時、どんな風に子どもに説明すればいいの?伝えたらいいの?という悩みを抱えてしまう親は多くいます。特に小さい子どもの場合は死の理解ができているのか分からず困ってしまいますよね。そこで、今回は子どもへのぺットの死の伝え方と、その後の子どものフォローの方法について紹介してい...

子どもが噛まれないために気を付けること

犬の咬傷事故の原因はさまざまですが、通行中の事故では、子どもが犬に触れることや手を出したことで起きた事例もあります。そのため、犬に噛まれないために子ども自身が気を付けるべきことがあります。また、子どもが噛まれないように親もしっかり見ていましょう。

「さわってもいいですか?」と聞く気持ち

飼い犬のすべてが人を好きというわけではありません。また、飼い主以外に警戒心を持っている犬は多いです。そして人と同じように犬にも機嫌が悪いときなどもあります。飼い主の有無や犬種、大きさなどに関係なく、犬に触りたいときは「さわってもいいですか?」と許可を取るようにしましょう。犬をびっくりさせないように、犬自身に触わることを教えてから触れることが大切です。

飼い主がいない見知らぬ犬には近づかない

飼い主が近くにいない犬やリードがつながっていない犬には気を付けましょう。飼い主が近くにいないときや飼い主を待っているときは犬自身が緊張している場合があります。そのため敵対視されやすく、噛まれてしまうことがあります。特に、スーパーなどで買い物をしている飼い主を待つ犬は、リードでつながれているため子どもが触りに行きやすいです。勝手に手を出さないように注意しましょう。

食べているときや寝ているときの邪魔はしない

犬が人を敵対視したときのほかにも驚いたときや怒ったときに噛んでしまう犬がいます。そのため、犬がなにかをしているときに邪魔するような行動は避けましょう。例えば、ご飯を食べているときや寝ているときです。犬は、自分のエサや自分の時間を取られると思い攻撃的になってしまいます。また、犬のおもちゃを噛んでいるときや遊んでいるときも注意しましょう。

合わせて読みたい

先に飼っていたペットと赤ちゃん、仲良く暮らすためにはどうすればいい?
ペットを飼っている家庭で、赤ちゃんが生まれると気になるのが、感染症などのリスクです。犬や猫などのペットは家族同然として接している中で、抵抗力が弱い赤ちゃんへの影響を考えて、これまでのようにペットを飼っていいのか考えてしまうケースがあります。このことから赤ちゃんがある程度成長するまで、ペットを実家...

飼い犬が咬傷事故を起こさないために

咬傷事故を起こした犬のほとんどが飼い犬であるという結果から飼い主として咬傷事故を防ぐために気を付けることがあります。『自分の犬は大丈夫』という考え方は、正しくありません。どんな犬も噛みつく可能性はゼロではないことを自覚しましょう。

人を噛まないようにしつけをする

飼い主にとって、飼い犬が人を噛まないようにしつけることはとても大切です。まずは、『人は噛まれたら痛い』ということをしっかり教えることです。大げさに痛がることや犬に背を向けることで教え込みます。また、本気で噛むような場合は、しっかりと低い声で怒るようにしましょう。直らない場合もしつけ方法を変えるなどして対処しなければなりません。

飼い犬が人間に慣れているか判断する

咬傷事故を起こすと犬は加害者になります。犬が人に触られることを嫌がるようならしっかり断ることが必要です。人を怖がることや撫でられることを嫌がることなどをしっかり説明しましょう。また、犬には本能的な警戒心や守備意識があります。そのため、トラブルになりそうになってから犬を制しても間に合いません。事前に回避できるように心がけが必要です。

触るときにマズルコントロールを心がける

人になれている犬でも絶対に噛みつかないかと言えば、そういうわけではありません。そのため、どんな犬でも気を付ける必要はあります。誰かに触らせるときは、噛みつきを防止するために、マズル(鼻先から口にかけた部分)に手を添えましょう。マズルコントロールはもともと母犬が子犬にしつけをするために使うものとされていました。犬にとって大切な口や鼻を使ってしつけることは基本です。ゆっくり撫でるようにしつけることがポイントです。

おわりに

子どもに人気の高い犬ですが、咬傷事故件数は減っていません。被害に遭わないためにも子ども自身が気を付け、また親が子どもに犬への接し方を教えなければなりません。命との触れ合いを正しくするためにも、子ども自身が犬への接し方を心得ながら注意することが必要です。

ピックアップ

お散歩でコミュニケーション! 子どもと一緒に犬を飼うメリット
動物と触れ合う機会が多いと、それだけ様々なことを学ぶ機会が増えます。そこで、子どもの成長のために、ペットして扱いやすく人気の高い犬を飼おうと検討している家庭も多いのではないでしょうか。お散歩でコミュニケーションがとれるのもいいですよね。そこで今回は、子どもと一緒に犬を飼うとどんなメリットがあ...
うちの子もしかして? 猫アレルギーの赤ちゃんの症状と対処方法
赤ちゃんが生まれると気になるのが、ペットに対してのアレルギーです。特に猫を飼っている人ならば、猫アレルギーになってしまわないか心配になりますよね。デリケートな赤ちゃんには細心の注意を払いますが、家族の一員となっている愛猫を手放すなんてことは出来ません。この先、猫と赤ちゃんが共存していく上で、まず...
屋外で子どもが事故に合わないための予防策!
子どもが歩けるようになってくると、屋外で遊ばせていると少し目を離した際にすぐにどこかに行ってしまいます。 事故は起こってしまってからでは取り返しがつきません。今回は歩き始めてから小学校に通い始めるあたりまでの、一番事故が心配な時期の子どもの予防策を紹介していきます。 子どもが事故にあう理...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
「さわってもいいですか? 」子どもが外で犬に噛まれないために教えておきたいこと
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る