なんて説明すればいい? 子どもへのペットの死の伝え方

良ければシェアをお願いします。

犬

家族同然のぺットが死んだ時、どんな風に子どもに説明すればいいの?伝えたらいいの?という悩みを抱えてしまう親は多くいます。特に小さい子どもの場合は死の理解ができているのか分からず困ってしまいますよね。そこで、今回は子どもへのぺットの死の伝え方と、その後の子どものフォローの方法について紹介していきます。

スポンサーリンク

子どもにとって「死」ってどういうこと?

小さい子どもにとっては、まだ死を身近に感じることがほとんどありません。もしかしたら、ペットの死が初めて直面する「死」になるかもしれません。ペットの死は悲しいものですが、年齢によって死に対する理解度が違うので、分かりやすく伝えることが大切です

5歳以下の子どもには理解が難しいことも

産まれる前からペットを飼っている人などは、子どもが小さいうちに死に直面することもあると思います。ただ、小学生未満の子どもはまだ死に対して理解が薄く、教えてもすぐに忘れてしまうかもしれません。死んでしまったと伝えても、どこか遠くに行った事と同じような感覚で、「会えない」悲しみを抱えています。また、なぜ会えないのか毎日聞かれることもあれば、すぐに忘れてしまうこともあります。

6歳から9歳の子どもは理解してきている

6歳から9歳の子どもは、死がどんなものかを少しずつ理解してきます。しかし、死の概念そのものを理解している訳ではないので、死ぬということに強い恐怖感を覚える年代でもあるようです。ペットが死んだ悲しみと同時に、自分の身近な人間や親、または自分が死んでしまった時のことを考えて、強い不安に襲われることもあります。

10歳以上の子どもは十分な理解がある

10歳以上になると、子どもでも死の概念を十分に理解できるようになっています。生きているものはいつか死ぬということは分かっているのです。ですから、死んだペットには永遠に会えないということも理解しています。そのため、深い悲しみを抱えることになります。感情の行き場を失くしてしまう子どもも多くいるのが特徴です。

合わせて読みたい

先に飼っていたペットと赤ちゃん、仲良く暮らすためにはどうすればいい?
ペットを飼っている家庭で、赤ちゃんが生まれると気になるのが、感染症などのリスクです。犬や猫などのペットは家族同然として接している中で、抵抗力が弱い赤ちゃんへの影響を考えて、これまでのようにペットを飼っていいのか考えてしまうケースがあります。このことから赤ちゃんがある程度成長するまで、ペットを実家...

ペットの死はどんな風に伝えるのがベスト?

年齢によって、死の捉え方・理解度は違うということをお伝えしましたが、年齢別でペットの死の伝え方が異なる訳ではありません。大切なのは子どもがどんな風に感じているのかを見極めて、その子に合った方法で伝えることです。

「お空に行った」って言ってもいいの?

小さい子どもに対しては、「お空に行ったんだよ。」「天国に行ったんだよ。」と話すことがあると思います。ただ、まだ死を理解していない子は、それでも会えないのは嫌だ!と言い張るかもしれません。もし、お墓や仏壇があるのなら、「見えないけどここにいるんだよ!」「可愛いおばけになって見守ってくれてるよ!」と伝えてはいかがでしょうか。

ペットの死の原因・理由の伝え方は?

ある程度、死に対して理解してきているのなら、なぜ死んでしまったのか?その原因や理由を正直に話してみてもいいかもしれません。どんな病気になっていたのか、寿命をまっとうすることができたのか、などです。特に小学生以上の子なら、嘘をつかれるよりも正直に言ってもらった方が死を受け入れることができるという子もいます。話しても分からない時は無理に今理解させようとするのではなく、何年か後になってから話してもいいでしょう。

無理に死を伝えようとしなくても大丈夫

ペットの死を伝えている時に、悲しくて話を聞きたくない!ということもあるでしょう。そんな時は、無理に伝えようとせず、まずは悲しみを吐き出させてあげることの方が大切です。子どもなりに、少しずつ受け入れる準備をしています。ペットにもう会えないという事実から目を背けてしまう時があっても怒ることなく、子ども自身の感情を受け入れましょう。

合わせて読みたい

うちの子もしかして? 猫アレルギーの赤ちゃんの症状と対処方法
赤ちゃんが生まれると気になるのが、ペットに対してのアレルギーです。特に猫を飼っている人ならば、猫アレルギーになってしまわないか心配になりますよね。デリケートな赤ちゃんには細心の注意を払いますが、家族の一員となっている愛猫を手放すなんてことは出来ません。この先、猫と赤ちゃんが共存していく上で、まず...

子どもの「ペットロス」とそのサインは?

ペットロスとは、ペットの死をきっかけとして身体や精神面に不調をきたすことです。子ども、大人ともになる可能性があります。ただ、子どもの場合はペットの死がトラウマになってしまうこともあるので注意深く見守ることが必要です。ここでは、ペットロスのサインと対処法について紹介します。

ペットロスの症状ってどんなの?

いつもの元気がなくなる、食欲がなくなる、夜に眠れない・何回も目が覚める、情緒不安定になるなどの症状が見られます。また、子どもの場合はペットが死んだ原因は自分にあるのではないか、と自分自身を責めてしまうこともあるようです。症状の程度には差がありますが、症状が出ている場合は親がしっかりフォローしてあげましょう。

子どもがペットロスになった時の対処法

無理に死を突きつけるのはよくありません。「まだ側にいるかもしれないね」「ペットの分まで頑張ろうね」などといったように、寄り添いながら支えていきましょう。また、悲しみを表現するのが難しいタイプの子どもの場合は、子どもが話をしやすいように、何を感じているのか聞き出してみるのもいい方法です。話しているうちに想いを昇華させることができるかもしれません。

とにかく悲しみを共感することが大事

いちばん大事なのは、子どもと一緒に悲しみを共有し、共感してあげることです。家族同然のペットが亡くなって悲しくない人はいません。いつまでも泣いていることを怒ったり、自暴自棄になっていることを注意したりするのではなく、子どもが感じている気持ちを尊重してあげるようにしましょう。これも、ペットを飼っていたからこそできた大切な経験のうちのひとつなのです。

おわりに

子どもにペットの死を伝えるのは難しいですが、その子に合った方法で伝えるようにしましょう。そして、子どもの想いに寄り添い共感することで自然と悲しみが癒されていくのをフォローしながら見守ることが大切です。

ピックアップ

子どもには何を習わせる?幼児期に人気の習い事TOP3
幼児期の子どもの成長や物事の吸収力は、計り知れません。無限の可能性を秘めた子どもには、多くの経験をさせたいと思うのが親心です。そのため、子どもの成長や将来につながるような習い事をさせたいですよね。 しかし、今は身近にある習い事が多すぎて悩んでしまいます。そこで今回は、今人気の習い事とその効果や...
汗はかく方がいい?かかない方がいい?子どもの発汗についての基礎知識
子どもの体温調節はとても難しいです。汗は、子どもが新生児の頃からのママの悩みのひとつです。子どもは少し走り回るだけで汗だくになり、ついついクーラーに頼ってしまいます。しかし、その対処方法は合っているのでしょうか。ここでは、子どもが汗かきな理由とその対処方法、また子どものいい汗、悪い汗と病気に...

https://tamagoo.jp/childcare/children-outdoor-accident-protection/

たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
なんて説明すればいい? 子どもへのペットの死の伝え方
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る