先に飼っていたペットと赤ちゃん、仲良く暮らすためにはどうすればいい?

良ければシェアをお願いします。

ペットと赤ちゃん

ペットを飼っている家庭で、赤ちゃんが生まれると気になるのが、などのリスクです。犬や猫などのペットは家族同然として接している中で、抵抗力が弱い赤ちゃんへの影響を考えて、これまでのようにペットを飼っていいのか考えてしまうケースがあります。このことから赤ちゃんがある程度成長するまで、ペットを実家に預けるといったようなことを耳にしますが、いったいどうすればいいのでしょうか。

スポンサーリンク

赤ちゃんが生まれたら気になるペットの存在

赤ちゃんとペットが戯れる動画が世界中で溢れています。見ていると、例えペットを飼っていない人でも癒されることでしょう。しかし、赤ちゃんが生まれると衛生上、ペットの毛やフケなどが気になりますよね。さらに、動画によってはペットが赤ちゃんをペロペロ舐め回すような仕草をしているようなものもあります。このようなことは気にしだすと止まらなくなってしまいますね。果たして、ペットと赤ちゃんは、家庭内で一緒に生活していくことができるでしょうか。

免疫力などを考えて実家にペットを預ける人は多いが…

実際にペットがいる家庭では、子どもができたら一緒に育てたいと、誰もが思うことでしょう。赤ちゃんは首がすわるまではよほどのことでもない限り、お出かけすることも少ないものです。ペットからしたら家にずっといる赤ちゃんが気になってしょうがありません。免疫力が弱い赤ちゃんにとって、それらはアレルギー反応を引き起こす要因ともなります。また、赤ちゃんは眠る時間が長く、新生児は一日のほとんどが睡眠時間です。ペットたちが騒がしいと、睡眠を邪魔された赤ちゃんがぐずることも多くなってしまいます。これらのことからペットを実家に預ける人が多くなってしまうのです。

意外にも変な菌は持っていないペットたち

実際に人間と一緒に生活しているペットというのは、野生動物と違って、感染症などを伴うおかしな菌は通常持っていないと考えられます。普通に生活していて、おかしな菌があれば、まずは飼い主に感染しているはずです。赤ちゃんと生活していても、「ペットからどんな菌が移るか分からないから怖い」と考える必要はないでしょう。

ペットを預けるのは余計なストレスを生む

出産を機に数カ月の間、ペットを預けるのは避けた方が無難です。預け先から帰ってきたペットは、やっと大好きな飼い主といっしょの我が家でゆっくりくつろげると思っていたのに、見知らぬ赤ちゃんが家庭の王様として君臨している環境に戸惑い、混乱してしまいます。このような変化は、ペットのストレスになってしまうことが考えられます。家庭内に置いておいて、少しずつ赤ちゃんと対面させる時間をもうけ、徐々に慣れさせる必要があります。

合わせて読みたい

乳幼児は要注意!ロタウイルスの症状・原因・治療・予防の方法
ロタウイルスはノロウイルスと並んでとても恐れられている病気です。特に乳幼児がいるお子さんの家庭では注意しなくてはいけません!今回は、ロタウイルスの症状や原因、治療方法や予防方法について見ていきましょう。 ロタウイルスは子どもの多くがかかってしまう ロタウイルスは、実はそれ...

赤ちゃんとの共存にはしつけ方が大事

赤ちゃんが生まれてもペットを預けないのなら、上手に共存させていかなくてはいけません。それには普段のペットに対するしつけ方が問われます。ペットの飼い方がきちんとしていないと、赤ちゃんが生活するのに不衛生な環境となるからです。

ペットのトイレトレーニングは必須

ペットのしつけの基本となる、トイレのトレーニングが出来ていないと、あちこちで用を足してしまい、とても不衛生になってしまいます。トイレの場所は、赤ちゃんの生活スペースから確実に切り離しておくように心がけましょう。また、これは主に猫の話ですが、たまの散歩意外は完全に室内で飼育する必要があります。急に帰ってきて、そのままの足で部屋中をうろつかれてしまうと、部屋の中が不衛生になってしまうためです。

赤ちゃんの顔を舐めまわすなどはNG

次に、注意が必要なのが、飼い主をペロペロ舐めまわすことです。これを許していると、赤ちゃんに対しても同じように振る舞ってしまいます。ペットに悪気があるわけではありませんので、叱るのは心苦しいかもしれませんが、赤ちゃんのためにも必要なことといえるでしょう。逆に、ペットが飼い主に対して攻撃的なのを放置しているのもいけません。赤ちゃんに危険が及びます。

ペットとの信頼関係を築けているか

ペットと信頼関係が築けていなのも問題です。ペットがわがままし放題になり、言うことを聞かなくなってしまいます。また、ペットの健康管理にも気を配り、散歩の後にはきちんと足を洗い、トリミングやブラッシングを適度に行うことも大切です。以上のことは赤ちゃんとの共存のために基本的なことです。せめて、妊娠期間中のうちには、きっちりと訓練しておくようにしましょう。

合わせて読みたい

冬になると大流行ノロウイルスの症状・原因・治療・予防・家庭ケア
冬になると大流行する「ノロウイルス」。大変恐ろしいこのウイルスですが、「名前だけは知っているけれど、どういうものかよくわかっていない」という人も多いのではないでしょうか。そこでここでは、「そもそもノロウイルスとはどんなもので、どんな症状を伴うのか」「原因は何なのか」「予防や治療はどうしたらい...

ペットに合わせて接し方を変える

ペットの代表的な動物といえば、犬や猫です。どちらも可愛いもので、癒されることは間違いありませんが、両者とも性格に違いがあるので、ペットに合わせた接し方をしなくてはなりません。ここではペットと赤ちゃんとの共存の仕方をみていきましょう。

犬の場合は赤ちゃんも群れのメンバーであることを意識

犬は飼い主を「自分の群れのメンバー」と認識し、優位劣位を考えて生活しています。犬によっては、優劣順位を強く意識するときがあります。我が家に赤ちゃんを迎えたら、赤ちゃんは新しい群れのメンバーで、犬よりも上位に存在するということを、飼い主が態度で示すことが必要となります。また、小型犬などは、赤ちゃん返りを見せることがありますので、このような時は叱らずに同じように可愛いがって接することが大切です。

猫は自分の居場所をきちんと確保してあげる

猫の場合は性格によります。赤ちゃんが大好きな猫もいれば、極端に嫌いな素振りを見せる猫もいます。しかし、猫にとって重要なのは自分の居場所です。それが赤ちゃんに奪われないように配慮してあげなければなりません。猫は赤ちゃんに対して一方的に引っ掻くことはしません。スペースさえ与えておけば、共存は可能でしょう。

妊娠中に新しいペットを飼うのはNG

犬や猫などのペットと共存できるとはいうものの、妊娠中に新しいペットを迎えるのは辞めたほうがいいかもしれません。ペットとの信頼関係が構築されていないのに、赤ちゃんを迎えいれることは余分なトラブルを生んでしまいます。また、ペットが赤ちゃんに興味を持ってきた場合、強く叱るのはNGです。何もないのにペットから攻撃はしません。赤ちゃんに対して心を開こうとしているのに、親しくしてはダメという先入観を持たせてしまいます。

おわりに

いかがでしたか、ペットのしつけが出来ていれば、赤ちゃんとの共存は難しいことではありません。確かに赤ちゃんを主役に時間が回るので、ペットに対する接し方は変わるかもしれません。しかし、赤ちゃんとペットが戯れることには、メリットもあります。赤ちゃんにもペットにも遊び相手が出来るというのは大きなメリットです。これは大人では与えてあげることができないものなので大切に育んであげましょう。

ピックアップ

1歳未満の赤ちゃんがかかりやすい!百日咳の症状・原因・治療方法
「咳」というと、「あまり大したことのないもの」と思う人もいるかもしれません。しかし、重い病気である可能性もあるので、決して楽観視はできません。今回は、「百日咳」について取り上げます。 百日咳とは呼吸器に起こる感染症 百日咳(ひゃくにちせき)は、呼吸器に...
毎日のケアが大切!赤ちゃんのスキンケア基礎知識
赤ちゃんの肌はモチモチプルプルで、大人には羨ましい限りですよね。そこでつい、「スキンケアなんてしなくても大丈夫」「むしろ余計なものは使わないほうがいいんじゃない?」などと思ってしまいがちです。 ところが、実際は、赤ちゃんは大人よりずっと肌がデリケートなので、しっかりとスキンケアをしてあげる...

https://tamagoo.jp/childcare/prevention-of-exanthema-subitum/

たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
先に飼っていたペットと赤ちゃん、仲良く暮らすためにはどうすればいい?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る