10歳ぐらい年が離れているきょうだい関係のメリット・デメリット

良ければシェアをお願いします。

年の離れたきょうだい

上の子と下の子は何歳の年齢差をあけようかと、それぞれご夫婦で話し合いになられたことがあると思います。一般的には2~3歳差と年齢の差が少ないきょうだいが多いと言われていますが、10歳近く年の離れたきょうだいはどうでしょうか。親の立場から見たメリット・デメリット、年の差きょうだいの関係性などについてみていきましょう。

スポンサーリンク

きょうだいの年の差が少ない場合はどうか

さて、きょうだいの年齢差は一体何歳離れていると育てやすいのでしょうか?逆にきょうだいの年の差が少ない場合はどうでしょう。まずは、「、2歳差、3歳差」のそれぞれの場合におけるメリット・デメリットについて見ていきたいと思います。

我が家に赤ちゃんが二人?年子の場合

まず年子の場合です。年子は赤ちゃんを二人育てているようなものですので、しばらくは大変です。二人のおむつ替えに二人の寝かしつけでママはてんてこまいかもしれません。さらに、入園・入学が毎年続くので、計画的な貯蓄が必要です。しかし、子育てが一気に終了するため、トータルの子育て期間は短くなるというメリットもあります。

入園・入学が重ならずにすむ2歳差

2歳差きょうだいのメリットとしては、やはりなんといっても幼稚園・小学校それ以降も入学や卒業の時期が重なることがないという事につきます。デメリットとしては、上の子がちょうど「魔の2歳児」と呼ばれる第一次反抗期であった場合、新生児の下の子とイヤイヤ期の上の子との板挟みで、ママが精神的に疲れてしまうという事も考えられます。

受験期にはお互い励ましあえる3歳差

3歳差のきょうだいのメリットは、下の子が生まれた時に上の子が3歳を過ぎているため、個人差はあるものの赤ちゃんがえりが比較的少なくすむ場合が多いという事です。さらに成長してからも、受験期が同時にやってくることで二人で励ましあって勉強できるため、家庭の中で一人だけ孤独に勉強しているという疎外感を感じずにすみます。デメリットは、お金のかかる入園・入学の時期がきょうだいで重なってしまうため、年子以上に計画的に貯蓄が必要という事です。

合わせて読みたい

人気の2歳差兄弟!2歳差にしたい時はいつ妊娠すればいい?
子どもの兄弟の年齢差にはさまざまな場合がありますが、育てる上で多くのママやパパから一番の理想と言われているのが「2歳差兄弟」です。その理由は、常に兄弟がお互いの遊び友達になれるため、他者との関わりを兄弟間で学びやすいからだと言われています。 他にも、幼稚園や保育園の通園期間が重なること...

年が離れているきょうだいのメリット・デメリット

それでは、きょうだいの年が10歳近く離れている場合はどうでしょうか?年が近いきょうだいと比べて、メリット・デメリットがそれぞれどう変わってくるのか非常に興味深い点です。きょうだいげんかは?教育費は?など早速みていきましょう。

金銭的にも安定し、上の子に頼れるというメリット

年が離れているきょうだいのメリットとしては、まず何といっても上の子が一番教育費がかかる時期に下の子はかからない場合が多いということです。例えば上の子が大学に進学した場合でも下の子はまだ小学校の低学年ぐらいです。そのため年齢が近いきょうだいよりも金銭的な負担は少ないと言える事です。教育に必要なお金を貯めておける期間が長い事もポイントです。さらに、上の子が大きいので赤ちゃん返りもなく、赤ちゃんの面倒を見てもらう事もできます。きょうだいげんかも、年が近い場合と比べると格段に少なくすみます。

長い育児と、赤ちゃん初心者に戻るというデメリット

デメリットとして考えられる事といえば、まずトータルの育児期間が長くなるので、自分たちの老後の資金を貯め始めるスタートが遅くなるという事があげられます。そして意外と見落としがちですが、ママが赤ちゃんの育児を忘れてしまっていることが多いという事です。おっぱいのあげ方、オムツの替え方、お風呂の入れ方。10年近くたつとすっかり記憶が薄れ、まるで新米ママのように手間取ってしまう可能性も考えられます。

ママの体力がついていかないかも?

きょうだいの年の差が大きく離れている事で考えられる懸念点としては、ママの体力です。上の子の育児から10年近くたつとママも年を重ねている分、例えば赤ちゃんの夜泣きで起こされたり、走り回る幼児を追いかけたりという事も、上の子の時以上にママの体の負担になることも考えられます。しかし、ママの体力がついていかなくても、子どもは待ってくれないのです。

合わせて読みたい

二人目出産の臨月で気を付けたい、長男長女との過ごし方
二人目の臨月は、マタニティライフの終わりに近づき新しい命の誕生に心を躍らせる反面、上の子と過ごしているため、なかなか自分の自由に過ごすことができません。経験があるから大丈夫というわけではなく、二人目の臨月だからこそ気を付けたいことはたくさんあります。二人目の臨月時におすすめの長男長女との過ごし方...

年が離れているきょうだい 二人の関係は?

年が離れているきょうだいの親にとってのメリット・デメリットについて見てまいりましたが、ではきょうだい同士の関係としてはどうでしょうか。年齢が近いきょうだいとどのように二人の関係が違ってくるのかについてみていきましょう。

一つの家庭に一人っ子が二人いる?

上の子が中学生・高校生とどんどん大きくなると学校や部活で忙しくなり、家の中で過ごす時間が短くなります。そのような場合、下の子は一人っ子のように育つ可能性もあります。上の子も下の子が生まれるまでの10年近く一人っ子として育ってきたわけですから、家庭の中に一人っ子が二人いるような状態と考えるとわかりやすいでしょう。

上の子・下の子 それぞれの関係性

上の子には、勉強や進路で悩んできた道すじがあるので、下の子が悩んだ時によきアドバイザーとして親よりも頼りになる存在になってくれるという事も考えられます。そして、上の子にとっても人間が赤ちゃんからどうやって育つのかを間近で見ることができるので、親への感謝もうまれ、自分が親になった時の参考にもなります。

大人になってからのきょうだい関係は?

ともすると、下の子がまだ幼いうちは上の子との関係はやや希薄になってしまうかもしれません。幼稚園児と高校生では生活時間帯も会話の内容も違います。しかし、これが例えば30歳と40歳、40歳と50歳というようにお互いの年齢があがっていくとどうでしょう。年齢の差はほとんど気にならなくなり、気のおけない友人のような関係になるでしょう。

おわりに

今回は年齢が10歳ぐらい離れているきょうだいについて、親の立場から見たメリット・デメリット、そしてきょうだい同士の関係はどうかという点についてお話いたしました。今後、年の差きょうだいを考えておられる方、年の差があるお子さまの出産を控えていらっしゃる方の参考になれば幸いです。

ピックアップ

高齢出産だと子育てと親の介護が同時にくる!?
高齢出産というと出産年齢ばかりに目が行きがちで、他のことを見落としがちです。出産年齢が高い=親も高齢ということにも目を向けなければなりません。 近年、女性の社会進出などもあり高齢出産は珍しいことではありません。しかし、そこに子育てと親の介護のダブルケアの問題に直面している人たちも急増していると...
男女で違う?男の子と女の子それぞれの育て方
よく子どもを産むなら「一姫二太郎」といわれますが、実際、女の子のほうが男の子より育てやすいのでしょうか。そもそも男の子と女の子で育て方は変えるべきなのか、子育ての基本と、男の子、女の子との向き合い方のコツについてご紹介します。 子育ての基本は男の子も女の子も同じ 子育...
高齢出産だと子どもはかわいそう?高齢出産育児のリスク
「子どもがかわいそう」30代後半になり「妊活中」や「不妊治療中」と言うとどこからともなく言われるのがこの言葉。 赤ちゃんが欲しいと努力している時にこう言われると、自分のしていることは間違っているのかと不安になりますよね。ではなぜ高齢出産するとかわいそうなのでしょう。今回はよく言われるこの「かわ...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
10歳ぐらい年が離れているきょうだい関係のメリット・デメリット
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る