子どもが薬を嫌がった時の上手な飲ませ方を伝授!

良ければシェアをお願いします。

遠慮する子ども

3歳くらいにもなると自我が芽生え、あれが嫌これが嫌と始まる時期でもあります。この時期に薬を飲ませようとしてもなかなか飲んでくれず、苦労しているママも多いことでしょう。薬を飲めば楽になるよ、薬を飲まないと良くならないよ、と言って子どもが素直に飲んでくれるのなら苦労しませんが、そうはいかないときどうすれば良いのでしょうか。

スポンサーリンク

そもそも子どもが薬を嫌がる理由は?

薬が嫌いな子は、親が薬を取りに行こうとしただけでも気配を察知して、具合が悪いにも関わらず逃げまわったり泣いたりしてしまいます。ではなぜ子どもはこれほどまで薬が嫌いなのでしょうか。その理由をご紹介します。

味覚が敏感で苦みを強く感じてしまうから

子どもの味覚はなんと大人と比べて3倍も敏感なのです。特に苦みは本能的に毒だと感じてしまいます、ピーマン嫌いの子どもが多いのはこのためです。粉薬は甘い風味がつけられていても、苦みは取り除くことは難しくどうしても子どもの嫌いな味になってしまいます。毒だと感じる苦みのある薬なので、尚且つ味覚が大人の3倍も敏感なら嫌がってしまうのは仕方のないことでしょう。

ザラザラとした粉っぽさが嫌だから

運良く薬の味を嫌がらなかったとしても、ザラザラとした粉っぽい食感や、飲んだ後に口の中やノドに粉がまとわりついたような感じが苦手という子もいます。味も苦手で粉っぽさも苦手という子は余計飲むのを嫌がってしまうでしょう。シロップ状の薬のときは飲んでくれたのに、粉薬になったとたんに飲んでくれなくなるという子も多いです。

親が以前飲ませようとしたときに方法を誤ったから

薬には苦みがありますが、前に薬を飲ませるときにその苦みと相性の悪いものに混ぜてしまい、子どもがその時のことを覚えてしまっていて嫌がるケースがあります。苦みと相性の悪いものはズバリ酸味です。いつも好きで飲んでいるから、水分補給も兼ねてとスポーツドリンクに混ぜた日にはまずくて泣き出してしまうことでしょう。

合わせて読みたい

子供の野菜嫌いを克服させる3つの方法
子どもの野菜嫌いに困っている保護者のかたも多いのではないでしょうか?子どもは味覚が本能に従う傾向にあるため苦いもの、渋いもの、ドロッとしたものなどは腐っているもの・未成熟なものと判断し、食べたがりません。ピーマンやホウレン草、トマトなどを苦手とする子どもが多いのは、このことが主な原因と言われてい...

飲みにくい粉薬を飲ませる工夫ベスト3

苦みがあり毒だと感じてしまう粉薬。では嫌がる粉薬を子どもに飲ませるためにはどうしたら良いのでしょうか。ここではスムーズに飲んでもらうための工夫を、効果の高い順にランキング形式でまとめました。※ただし個人差はあります。

【第3位】カプセルやオブラートで包んで飲ませる

粉薬をカプセルに詰めたり、オブラートに包んだりして飲ませれば、苦みはほぼ100%感じません。あとは飲み方次第で、口の中で溶け出す前にきちんと飲み込めれば問題ないでしょう。オブラートは包んだらスプーンに乗せ、水に浸してゼリー状にしてから、ゆっくり口の中へ吸い込むようにして入れたら一気にツルッと飲み込みましょう。

【第2位】ジュースなど飲み物に溶かして飲ませる

このランキングの中では一番費用も手間もかからない方法です。子どもの好きなドリンク(酸味系以外)に混ぜて飲ませるだけというシンプルな方法です。筆者のオススメはブドウ味の炭酸飲料です。酸味がなく甘みの強いブドウに、ピリピリとした炭酸が粉薬の存在感を無くしてくれます。その他にココアも人気がある組み合わせです。

【第1位】お薬ゼリーで包んで飲ませる

甘くておいしいお薬ゼリーに包むことで、おやつ感覚で薬を飲んでくれます。すんなり飲んでくれるのは助かりますが、逆にもっと欲しいと泣かれてしまうかもしれません。比較的値段が高いので、スーパーでも売っている普通のゼリーで包んで与えるという、節約上手なママも多くいます。ただしこんにゃくゼリーなど弾力のあるものはノドに詰まる恐れがあるので避けましょう。

合わせて読みたい

子どもの調子が悪い!小児科に行く際に先生に伝える内容は?
さっきまで元気にしていた子どもが急に具合が悪くなる、子育てをしていれば誰しもが経験する事態ですよね。特に急な発熱や嘔吐は親も慌ててしまうもの。急いで小児科へ連れて行ったものの、先生にちゃんと症状を伝えられずに「風邪かな」で終わってしまった経験、ありませんか?せっかく病院に行ったのに何だか腑に落ち...

工夫しても飲んでくれないときは?

さきほど飲みやすくするための方法をご紹介しましたが、いずれの方法でもダメだった!成功したけれど最近また飲んでくれなくなってしまった!というときには、いったいどうすれば良いのでしょうか。ここでは3つの方法をご紹介します。

シロップなど比較的のみやすいもので処方してもらう

子どもが粉薬を嫌がる場合、もし同じような効果が得られるシロップ状の薬があるなら、それで処方してもらうよう先生にお願いしてみましょう。苦みのある粉薬よりも、甘みの強いシロップのほうが好きな子どもは多いです。粉薬でしか処方できないのなら仕方ありませんが、まずはダメモトでお願いしてみる価値はあるでしょう。

スポイトなどで口の奥へ流し込んでしまう

シロップであればそのまま、粉薬であれば水などで溶いてから、スポイトで吸って口の中に流し込んでしまいましょう。粉薬を溶くタイミングは飲ませる直前にしてください。でないと薬の効き目が薄れてしまう場合があります。また、泣いているときに流し込むと気管に入ってしまう恐れがあるので、落ち着いているタイミングを見計らってすぅ~と流し込みましょう。

粉砂糖や練乳で練って頬の内側に塗ってしまう

苦みを感じなくなるほど甘く味付けする方法です。薬を練乳で練ったり、薬や粉砂糖を少量の水で練ったりして混ぜ、それを頬の内側に塗ったあとにぬるま湯を飲ませて流し込みましょう。甘いものが好きな子どもには効果てきめんですが、嫌いな子どもには向きません。その場合はおかずのり等の味が濃いものに混ぜて試してみましょう。

おわりに

親が険しい表情やピリピリした気持ちで薬を飲ませようとすると、子どもにもそれが伝わってしまい飲むのを嫌がってしまうなんてことも。薬を飲ませるときにはあまり意気込まず、飲んでくれたらラッキーくらいの気持ちで挑むようにしましょう。

ピックアップ

子どもの病気はお任せします!信頼できる小児科選びのコツ!
子どもが病気になった時は小児科で診てもらうのが一番です。この時に大切なのは、どこの小児科へ連れて行くか?ではないでしょうか。総合病院?小さな病院?近いところがいいのか、早く診てもらえるところがいいのかなど、選択肢はたくさんあります。何を基準に小児科を選んでいいのか分からない!というママのため...
市販薬で済ませる?病院に受診する?子どもの様子を見極めるポイント
子どもが小さい頃は免疫力が低いためすぐに風邪をひいて熱を出してしまいます。熱があるけれど子どもは元気な時でも病院へ行った方がいいんだろうか?家にある市販薬で済ませても大丈夫だろうか?と迷う人も多いはずです。市販薬で済ませられる場合や病院へ行くべき症状や、診療時間外でも受診する症状などについて...
働くママの救世主!病気の子どもを預かってくれる「病児保育」とは?
働くママにとって、子どもの病気ほど困るものはありません。近くに預かってくれる親戚・知人などがいればそれほど心強いものはありませんが、頼るところがないという人も多いのではないでしょうか。そんな時、最後の砦となるのが病気の子どもを預かってくれる病児保育。ここでは、その種類とメリット・デメリット、利用...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
子どもが薬を嫌がった時の上手な飲ませ方を伝授!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る