布おむつで楽しく育児!使い方や着け方・管理術まとめ

良ければシェアをお願いします。

布おむつをする赤ちゃん

布おむつと聞くと「交換が難しそう」だったり「洗濯や管理が大変そう」などと想像しがち。しかし、何度も洗濯して使い回すことができるので環境に良く、初めこそお金はかかりますが長い目で見ると低コストで済み、肌に優しいので敏感肌の赤ちゃんにも使用できるなど、メリットもたくさんあるのです。今回は布おむつの基本的な使い方や管理術をご紹介します。

スポンサーリンク

月齢や体の大きさによって種類を変えて

布おむつといえども、布の素材や吸収・通気性等たくさんの種類があります。布おむつは手間がかかるため無理は禁物ですが、何も知らずにチャレンジして挫折する前に、布の基礎知識やおむつカバーについてしっかり学びましょう。

布おむつってどうなっているの?

布おむつには輪型おむつと成型おむつがあります。輪型おむつは、輪っかになるように縫い合わせてある、昔から使われているさらしのおむつのこと。さらしを購入して赤ちゃんの大きさに合わせてハンドメイドしている方も多いです。一方の成型おむつは、既に形が出来上がっているもの。サイズや二重構造など様々な種類がありますが、今回は輪型おむつについて紹介します。

布おむつの中にも種類はたくさんある

布おむつにはそれぞれ布の種類があるので、赤ちゃんに合ったものを探しましょう。

  • ドビー織り
  • 厚めでしっかりとした生地だが、柔らかいのが特徴。吸収性と通気性に優れている。

  • ガーゼ
  • 目が粗く、ふんわりしている。厚さ、吸収性は普通だが、通気性は抜群。

  • サラシ
  • 手ぬぐいのような肌触り。生地自体は薄いため、長時間放置していれば漏れが生じてしまうが、通気性が良いためいちばん使用されている生地。

ハイハイやつかまり立ちを始めたら

ハイハイやつかまり立ちを始めると、その動作が原因でおむつカバーがずれてしまったり、おむつ替えを嫌がって逃げられてしまったりと苦戦することも。そんなときはおむつカバーをトレーニングパンツで代用しましょう。中に布おむつをセットして履かせるだけなので、紙おむつのパンツタイプと同じ状態です。立ったままおむつ交換ができてラクですよ。

合わせて読みたい

どっちがいいの?紙おむつと布おむつの違いについて
大昔からおむつは出産前に手縫いで作り使用されてきましたが、現在ではおむつの形も進化し、紙おむつが主流となりました。そのことからも紙おむつを使用するママが圧倒的な数を占めるようになりましたが、なかには布おむつを使用されるママもいらっしゃいます。では、布おむつを使用されている方は何が良くて使用し...

布おむつの基本的な使い方と注意事項

基本的にはおむつカバー、、必要であればライナーの順に重ねて使用します。ここでは布おむつの基本的な使い方をご紹介しますが、紙おむつにも人それぞれ合う合わないがあるように、布おむつも人によって折り方は様々。基本が分かったら赤ちゃんに合わせて折り方を変えてみてください。

布おむつの基本の折り方は長方形

輪型のおむつを長方形に折ってあてる方法が、新生児期から長く使える基本の形となります。輪型おむつを縦に半分に折り、さらに横へ折ります。これをおむつカバーに乗せて、あとは紙おむつと同じ要領で赤ちゃんに装着してあげれば完成です。おむつが少し大きい場合はお腹のあたりではみ出た部分を折って調整しましょう。足の付け根部分からも布おむつがはみ出ていれば、ギャザーの中におさめてくださいね。

就寝時にも漏れにくい布おむつの三角折り

おしっこの量が多くなってきたときや、ウンチが漏れるなどの心配があるときは、布おむつを三角折りにすると良いでしょう。輪型おむつを横長に広げ、手前の右の角を中心に向かって三角折りにします。左側も同様に折ると、二等辺三角形ができあがります。これを、長方形に折った布おむつとおむつカバーの間に挟んで使用するだけで、就寝時の漏れを防ぎやすくなります。

おむつカバーは種類別につけ方を変えると◎

おむつカバーには、外ベルトタイプと内ベルトタイプがあります。外ベルトタイプには、50〜70までのサイズがありますが、合っていないものを使用すると締め付けや漏れの原因となりますので注意してください。一方の内ベルトタイプはサイズが80以上で、その名の通り内側にベルトがついています。これは、成長した子どもが自分でマジックテープを外せない設計になっています。

合わせて読みたい

赤ちゃん用おむつの上手な選び方ガイド!
臨月に入ってから赤ちゃんに必要となるものを準備される方が多くいらっしゃると思いますが、その中の1つであるおむつ選びでも、たくさん種類のある中でどれを選べばよいのか迷ってしましますよね。そういった悩みからここではおむつの特徴や、おむつの上手な選び方についてご紹介します。 おむつの種類 ...

初心者でも簡単!布おむつの管理術とは

おしり拭きもガーゼ等を使用すれば布おむつ同様に使い回すことができます。布おむつやガーゼタオルは一度に多量を洗わなければなりませんので、タオルや小物類を一度に多く干すことのできる物干しがあると便利ですね。

用意しておく枚数はどれくらい?

新生児期は1日に20回ほどおしっこをするので、おむつも頻繁に交換しなければなりません。また、赤ちゃんが成長するにつれて、おしっこの回数は減少しますが、一度にする量が増えます。どちらにしても、漏れてしまったときや洗濯のことを考えると、おむつカバーは最低でも5枚は用意しておきましょう。また、布おむつは60枚ほど用意しておけば問題ありません。

一番大変な布おむつの洗い方・便利な蓋つきバケツ

布おむつを使用する際、いちばん大変なのがウンチのついたおむつの処理ではないでしょうか。新生児期は排泄の回数も多いですし、黄色いウンチは洗ってもなかなか落ちません。そこで、汚れを取るのにオススメなのが固形の洗濯石鹸です。石鹸で汚れを落としたあとは、臭い漏れを防ぐために蓋つきのバケツに水を張ったまま保管し、翌朝まとめて洗濯すると良いでしょう。

おわりに

布おむつは紙おむつに比べると少々手間がかかります。また、布おむつだと赤ちゃん自身におしっこが伝わるのでトイレトレーニングがしやすいという話もあります。外出をするときや、ママの体調がすぐれないときは、紙おむつに頼るのも大切です。家にいる時間だけでももちろん構いません。気楽に布おむつ育児を始めてみましょう。

ピックアップ

おむつからパンツに切り替えるタイミングはいつが最適?
「赤ちゃんのおむつ外れは、なるべく早めに済ませたい」と考える保護者の方は多いもの。「おむつが原因で赤ちゃんのお尻がかぶれてしまうのが気になる」「毎月のおむつ代で家計が圧迫される」など、その理由はさまざまです。 また、他の子どもの保護者から「うちの子はもうおむつ外れてるよ」と聞かされると...
何を揃えたら良い?必ず必要になる赤ちゃん用品リスト
出産間近のみなさんは、すでにご自宅で赤ちゃんを迎え入れる準備はお済みでしょうか。産まれてから用意すればよいと思っていては時すでに遅し。出産後はあれよあれよという間に赤ちゃんのお世話で時間が経ってしまいます。そんなわけで「これだけは必要!」という赤ちゃん用品を以下にリストアップしてみたのでぜひご参...
いつから始める?トイレトレーニングに適した時期と方法とは
赤ちゃんがおむつを必要としなくなると、かつては大人が「おむつはずし」をしなければいけないといわれてきました。しかし、最近では「おむつはずし」ではなく、「おむつはずれ」という言葉が使われるようになりました。つまり、おむつは大人が無理に「はずす」わけではなく、自然と「はずれる」ため、それができるよう...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
布おむつで楽しく育児!使い方や着け方・管理術まとめ
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る