布おむつで楽しく育児!使い方や着け方・管理術まとめ

スポンサーリンク

布おむつをする赤ちゃん

布おむつと聞くと「交換が難しそう」「洗濯や管理が大変そう」などと想像しがち。しかし、何度も洗濯して使い回すことができるので環境に良く、初めこそお金はかかりますが長い目で見ると低コストで済み、肌に優しいので敏感肌の赤ちゃんにも使用できるなど、メリットもたくさんあるのです。今回は布おむつの基本的な使い方や管理術をご紹介します。

月齢や体の大きさによって種類を変えて

布おむつといえども、布の素材や吸収・通気性等たくさんの種類があります。布おむつは手間がかかるため無理は禁物ですが、何も知らずにチャレンジして挫折する前に、布の基礎知識やおむつカバーについてしっかり学びましょう。

布おむつってどうなっているの?

布おむつには輪型おむつと成型おむつがあります。輪型おむつは、輪っかになるように縫い合わせてある、昔から使われているさらしのおむつのこと。さらしを購入して赤ちゃんの大きさに合わせてハンドメイドしている方も多いです。一方の成型おむつは、既に形ができあがっているもの。サイズや二重構造などさまざまな種類がありますが、今回は輪型おむつについて紹介します。

布おむつの中にも種類はたくさんある

布おむつにはそれぞれ布の種類があるので、赤ちゃんに合ったものを探しましょう。

  • ドビー織り
  • 厚めでしっかりとした生地だが、柔らかいのが特徴。吸収性と通気性にすぐれている。

  • ガーゼ
  • 目が粗く、ふんわりしている。厚さ、吸収性は普通だが、通気性は抜群。

  • さらし
  • 手ぬぐいのような肌触り。生地自体は薄いため、長時間放置していれば漏れが生じてしまうが、通気性が良いため一番使用されている生地。

ハイハイやつかまり立ちを始めたら

ハイハイやつかまり立ちを始めると、その動作が原因でおむつカバーがずれてしまったり、おむつ替えを嫌がって逃げられてしまったりと苦戦することも。そんなときはおむつカバーをトレーニングパンツで代用しましょう。中に布おむつをセットして履かせるだけなので、紙おむつのパンツタイプと同じ状態です。立ったままおむつ交換ができてラクですよ。

合わせて読みたい

どっちがいいの?紙おむつと布おむつの違いについて
大昔からおむつは出産前に手縫いで作り使用されてきましたが、現在ではおむつの形も進化し、紙おむつが主流となりました。そのことからも紙お...
1歳の息子がいるシングルマザーです。最近は息子とのお菓子作りにはまっています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
布おむつで楽しく育児!使い方や着け方・管理術まとめ
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る