子どものうちから学ばせたい 和食・洋食それぞれのテーブルマナー

スポンサーリンク

お茶碗とお箸
最近では、外食をする機会が増えテーブルマナーが重要視されてきています。洋食の場合、結婚披露宴やパーティーなどではフォークとナイフがうまく使えることが前提です。和食でもお箸に関するマナーはたくさんあります。子どもさんが知らないで恥をかくことは親御さんの責任です。ですから、小さいうちからしっかりと教える必要があります。ここでは、和食・洋食それぞれのテーブルマナーについて解説していきます。

和食の場合のテーブルマナーの基本とは?

昔に比べて食べ物の欧米化が進み、お箸よりもスプーンやフォークなどを使う機会が増えてきているので、お箸をうまく使えるお子さんが減ってきています。恥ずかしいことに大人でさえうまく使えない人も見かけます。それでは、和食のテーブルマナーの基本であるお箸の使い方を中心に解説していきましょう。

和食のテーブルマナーの基本であるお箸の正しい持ち方

和食の場合はご存知の通り必ずお箸を使いますので、まずはお箸を正しく持つことが大切です。親指と薬指で下側の箸を支えて、親指と人差し指と中指の3本で上側の箸を動かして使います。4本の指を使ってきちんとお箸を動かすことができるか見てあげてください。うまく使えない場合は、お箸で豆をつかむ練習が最適です。決して焦らず、ゲーム感覚で取り入れると楽しくマスターできそうですね。

やってはいけないお箸の使い方とは?

お箸がうまく使えてもお箸の使い方にはルールがありますので必ず教えてあげてください。やってはいけないお箸の使い方5点を挙げます。「踊り箸」持っているお箸を振り回しておしゃべりをすること。「指し箸」お箸で人を指すことで相手を不快な思いにさせます。「もぎ箸」口でお箸についたごはんつぶなどをもぎとって食べること。「押しこみ箸」お箸で食べ物を口にいっぱい押し込むこと。「刺し箸」食べ物を突き刺して取ること。

合わせて読みたい

図書館や病院ではマナーを守ろう!子どもに身に付けさせたい公共でのマナー
図書館や病院などの静かな場所に子どもを連れて行くのには気をつけなくてはなりません。図書館には、静かに読書を楽しみたい人、病院には体の調子...

お茶碗や器などの和食器の扱い方

和食では、基本的にお椀やお茶碗、小鉢などの大きさが約15センチ以下の場合は持って頂きます。持つ時はもちろんお箸は休ませて、右側にあるものは右手で、左側にあるものは左手でそれぞれ引き寄せます。胸元当たりの高さに持つと美しく見えます。決して食器を引きずってはいけません。また、食べ終わった食器を重ねると表面を傷つけることになりますのでしてはいけません。

洋食の場合のテーブルマナーの基本とは?

洋食の場合は、ナイフとフォークがうまく使えるかどうかが基本になります。和食と同様に料理を口に運ぶ手段がキーポイントです。マスターできれば、結婚披露宴や会食などに招待されても落ち着いて食事をすることができますので、ファミリーレストランなどで練習することをおすすめします。

正しいナイフとフォークの持ち方

右利きの場合、ナイフは右手、フォークは左手で持ってフォークで料理を刺してナイフで切って食べます。ただし、お子さんの場合は利き手ではない左手にフォークを持って食べることは困難ですので、先に切っておいてから右手にフォークを持ち替えて食べる方がこぼすなどの失敗はありません。そして、食べ終わったらナイフとフォークを揃えてお皿の上に置きます。

音を立てて食べるのはマナー違反

和食のうどんやそばを食べる時はずるずるっとおいしそうな音をたてて食べます。しかし、洋食の場合、スープやパスタを食べている時に音を立てるのはマナー違反ですので、切り替えができるように躾ける必要があります。また、フォークやナイフをお皿の上でカチャカチャと音を立てることもマナー違反ですので、できるだけ静かに扱うように躾けます。

他に気を付けたい洋食の場合のマナー

レストランなどでの外食時にナイフやフォークを誤って落とした場合、お子さんが慌てて拾ってしまうとマナー違反になります。また、パンは、かぶりつくのではなく手でちぎって食べること。また、バターが器に盛られている場合は必要な分だけ皿に取ること。ナプキンは最初の料理や飲み物が運ばれてくる頃に膝に広げます。色々面倒なようですが、小さいうちから教えておくとお子さんは覚えが良いので自然と身に付きます。

合わせて読みたい

よそ様の家!子どもに友達の家で守らせるルール9選
小学校に入ると、今までより行動範囲が広がります。子どもが一人で友達の家に遊びに行く機会も増えるのではないでしょうか?親の目が届かない...
高校2年と小学6年の女の子の母です。パンとお菓子作りが生きがいです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
子どものうちから学ばせたい 和食・洋食それぞれのテーブルマナー
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る