リビングが散らかり放題!?おもちゃの上手な収納方法

良ければシェアをお願いします。

散らかっているイメージ

小さなお子さんがいらっしゃる家庭のリビングでよく問題になることのひとつが、おもちゃの収納です。きちんとしまっているはずなのに、いつのまにかおもちゃが床に広がっている……なんてこと、ありますよね。

適当なおもちゃ箱にとりあえず収納したり、部屋の隅におもちゃをまとめておいたりするものの、毎日がこの繰り返しというご家庭が多いのではないでしょうか。「すっきりとしたリビングで過ごしたい!」というみなさんへ、今回は上手なおもちゃの収納方法をご紹介します。

スポンサーリンク

プラスチック製の収納ボックスを活用

プラスチック製のボックス

おもちゃの収納において最も簡単にトライできるのが、プラスチック製の収納ボックスへの収納です。カラーボックスはホームセンターでも安価で手に入りますし、片付け・収納という点では最適です。

プラスチック製の収納ボックスの色ごとにお人形・ぬいぐるみ・その他のおもちゃ・ゲーム・といった風におもちゃの分類別に収納して、お子さんにも「赤いボックスはお人形を入れてね」「青いボックスはぬいぐるみを入れてね」といった風に説明すれば自分でおもちゃを片付ける習慣もつきます。

幼い頃から自発的に片付ける習慣を身につけることで、将来子ども部屋を持った時も自発的に部屋を片付けられる子になります。そういった教育面でもおすすめです。

100均のプラスチック製のカゴを活用

プラスチック製のかご

男の子のおもちゃで多いのが、トミカなど車のおもちゃです。車のおもちゃは適当にごちゃごちゃとその他のおもちゃと一緒にまとめて置いておくと、おもちゃ同士がぶつかっておもちゃの破損にもつながります。

トミカなど車のおもちゃは、100円ショップのプラスチック製のカゴを活用して綺麗に並べて収納してみましょう。見栄えも良いですし、おもちゃ自体の破損も防ぐことができて一石二鳥です。お母さんが一つひとつ並べているところを見せれば、お子さんもおのずと自分から遊んだ後のトミカをカゴに並べるようになってくれるでしょう。

合わせて読みたい

英会話にスイミング!3歳に始めたい4つの習い事
幼児期は、身体的にも脳の発育の面でも、大きく成長するとても大切な時期です。この時期に学ぶことは、その後の人生にも大きな影響を与えることになります。 幼児教育に力を入れておられる方も多いですが特に、子どもが「3歳」になると、習い事を始めさせる人が多いようです。しかし、どんな習い事をさせた...

小さな引き出しを活用

小さな引き出し

シールやパズル、着せ替え、お絵かき帳、ビーズなど子どものおもちゃは、小さなものもたくさんあります。特にシールやパズル、着せ替えなどは一つ欠けるとおもちゃとして成立しなくなることもあり、管理の難しさに頭を悩ませているお母さんも多いのではないでしょうか。

ビーズは床中に散らばってしまうと、片付けがなかなか大変です。そこで細かなおもちゃの収納におすすめなのが、お子さんでも手の届く小さな引き出しへの収納です。小さなお子さんに細かなものをきちんと管理させることは難しいことですが、少なくとも細かなものはまとめる場所を決めておくことで、紛失や散らかりを防ぐことができます。

洗濯物入れを活用

洗濯カゴ

何かとかさばるのが大きなぬいぐるみです。場所もとりますし、他のおもちゃと一緒にするとかさばってしまうというお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。そんな方におすすめなのが、プラスチック製の洗濯物入れの活用です。ホームセンターでもカラーが豊富に売られています。

元々、洗った洗濯物を入れておくことを計算して作られているのでたっぷり量が入り、取っ手も付いていて軽いため、お子さんでも簡単に持つことが可能です。また、プラスチック製なのでホコリが溜まっても簡単に掃除ができますし、お子さんがケガをする心配もありません。ぬいぐるみの収納に困っている方はぜひ活用してみてください。

合わせて読みたい

3歳の子を叱る時の上手なやり方とダメなやり方
子育てにおいて、「叱る」ことはもっとも重要な行動のひとつです。悪いことをした際に適切に叱らず子どもを放置していては、結果的にわがままな大人に育ってしまう可能性も大きくなってしまいます。 特に3歳という年齢は、これから物心をつけ人格を形成していく過程で重要な年齢です。ここで育て方を間違えてしまっ...

親子で一緒に片付けるところから始めてみては?

母と子

幼い頃から片付けを徹底させることで、将来自発的に片付けができる子になります。片付けの際のポイントとしてはお子さんに「また片付いていないじゃない!」と怒るのではなく、まずは「一緒に片付けをしようね」と伝え、最初は親子で片付けをしてみてください。それを繰り返しうちに、遊んだおもちゃは床に放りっぱなしだったお子さんも、自発的におもちゃは遊んだら片付けることを学び、一人でもきちんと遊んだおもちゃを片付けるようになるでしょう。

おもちゃが床に放りっぱなしのお家の特徴として、そもそもきちんとした収納場所が設けられていないという点が挙げられます。まずは収納場所を決めて、ひとつずつ丁寧にしまうものを教え、一緒にしまっていきましょう。お子さん一人でできるようになってきたら、だんだんと親は手伝わないようにしましょう。お子さんが「これはここって決まってるの!」と、自分でこだわりの収納場所を決めるようになってきたら、いい調子です。

おわりに

いかがでしょうか。ゲームのような感覚で片付けや収納を「楽しいこと」にして、お子さんが自発的に片付けてくれるような環境をまずは整えてみましょう。何も特別高価な収納家具を購入してみる必要はないのです。ホームセンターや100円ショップや300円ショップにあるカゴやボックスでもおもちゃの散乱問題はすっきり解決します。ぜひ試してみてくださいね。

自分の部屋を持ったときに整理整頓ができる子どもになるよう、小さい時期から片付けの習慣をつけさせておきましょう。

ピックアップ

4歳児の発達・成長・発育など特徴まとめ
4歳児は、急激な成長の最後の年ともいわれています。個人差もありますが、2歳から言葉を覚え始めて3歳で活発になり、イヤイヤも多くなります。目まぐるしい成長を経験して、ようやく落ち着くのが4歳です。知能の発達も著しいので、成長に合わせてさまざまなことを教えたい年頃です。今回は、4歳児の発達・成長・発...
5歳児の発達・成長・発育など特徴まとめ
5歳児になると、だんだんと手がかからなくなり育児が少し落ち着くといったことを聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。しかし、実際には活動がより活発になり、口も達者になるため、イライラする日が増えたりうんざりしてしまったりという場合も少なくないようです。 また、身長はかなり伸び、体つきもし...

https://tamagoo.jp/childcare/middle-authority-resisting-age/

3。B型。既婚。
妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
リビングが散らかり放題!?おもちゃの上手な収納方法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る