子供に何て教えたらいい?ひな祭りの由来と歴史を徹底解剖!

良ければシェアをお願いします。

お雛様と女の子

日本の年中行事の1つに「ひな祭り」があります。上巳の節句、桃の節句として、女の子の健やかな健康と成長を祈る行事です。ところで、ひな人形を飾り白酒や菱餅を供えますが、本来のひな祭りの由来と歴史をご存知でしょうか?子どもにひな祭りの意味を聞かれたとき、正しく伝えられるようにしておきたいものです。今回は、子どもに教えるのに役立つ、ひな祭りの由来と歴史についてご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

本来の由来は厄除け・邪気払い

3人官女

現在のひな祭りは、女の子の祭りとしてホームパーティーを行うイベントですが、もともとは厄除けや邪気払いの行事です。由来は平安時代にさかのぼります。旧暦の3月には邪気が入りやすく疫病が流行するため、「上巳の祓い(じょうしのはらい)」という無病息災の祈祷が陰陽師(占い師)により行われました。

このときに用いられたのが「流し雛(ながしびな)」です。人形(ひとかた)と呼ばれる紙や藁、土などで作った人形(にんぎょう)に邪気を移し、自分の身代わりとして川や海に流すものです。この行事は、貴族だけではなく農民の間にも広く伝わりました。
3月は農耕作業が始まる大切な季節です。田畑に立つ自分の身を清め、農耕の害を払う意味が重要視されました。流し雛の風習は、現在も各地に残っており、本来の姿が継承されています。

合わせて読みたい

乳歯の生え変わり時期はいつ?永久歯になる前に注意したいコト
子供の乳歯が生え揃った頃、気になるのが大人の歯となる永久歯。乳歯はいつか抜けるものだからと安心していませんか?実は、その生え変わりの時期が永久歯になるにあたって大切な時期となるのです。今回は乳歯の生え変わりの時期についてと、永久歯になるにあたって注意しておきたいことについてご紹介します。 ...

【雛遊(ひいなあそび)】ひな祭りにつながる貴族の遊び

お雛様イラスト

平安時代、貴族の遊びに雛遊(ひいなあそび)というものがありました。男女対の人形を使用しますが、これは厄除けや邪気払いと関連性はありません。はじめは、大人の貴族の雅な遊びとして流行していましたが、次第に子どもたちの間に広がりを見せます。前述した「上巳の祓い」とこの「雛遊」が一緒になったものが、ひな祭りの原形です。

室町時代には、贈られた男女対の人形を3月3日に飾り、翌日お祓いを済ませてから収納する風習がありました。身代わりの人形を川や海に流すことなく、毎年3月に行われる恒例の行事です。これも、今のひな祭りにつながる姿として見ることができます。

【ひな祭り】はじまりは江戸時代

昔のお雛様

平安の京都で行われていた雛遊がひな祭りと呼ばれたのは、江戸時代にはいってからです。貴族生活の一部であった、雛遊が江戸にもたらされ民間に定着したのが、1640年頃とされています。

ひな祭りと呼び方が変わったのは1716年頃です。ひな祭りが武家社会だけでなく、民間に広く知れ渡った要因に「雛売り」と「雛市」の存在が挙げられます。毎年2月中旬にあらわれる雛売りは、季節の風物詩といえるでしょう。雛人形を入れた、葛籠を両掛にして売りに来てくれる移動販売のため、利便性のある存在です。1789年頃まで、「乗り物ほかい雛の道具~」という声が江戸の町に響き渡りました。

雛市は、特定の場所で催される雛人形の市を指します。開市されている場所まで出向かなければいけませんが、数多くの中から好みに合う人形を選ぶことができます。1716年、現在の日本橋に十間店(じっけんだな)として出店後、尾張町など他の地域にも設置されました。ひな祭りに飾る人形の姿が変わり、現在のひな人形の基が作られたのも江戸時代が始まりです。

ひな祭りと雛人形の移り変わり

ひな祭りの移り変わり

ひな祭りと飾られる雛人形は、江戸時代に大きく姿をと意味合いを変えていきました。江戸時代初期は、「立雛」と「座雛」があり、厚紙で作られたシンプルな立雛が多く作られました。このときのひな人形は、男女一対の内裏雛が作られ飾られています。

写実的な座雛が多く作られるにつれて、次第に人形の持つ意味も変化を見せます。「一生分の災厄を、この人形に身代りしてもらう」という意味合いが強くなり、身分の高い女性の嫁入り道具に用いられます。結果として、「元禄雛」や「享保雛」など人形が豪華で贅沢となり、一時は幕府による規制が行われるほどでした。

江戸時代後期には、現在の雛人形につながる「古今雛」が作られます。男女一対の雛人形の他に、数体の人形や調度品などが加えられる豪華な様式です。精巧で豪華な人形を用いるひな祭りですが、本来の祓いの役割も残っています。雛人形が持つ、扇や杓は穢れ(けがれ)を防ぐためとされています。

合わせて読みたい

英会話にスイミング!3歳に始めたい4つの習い事
幼児期は、身体的にも脳の発育の面でも、大きく成長するとても大切な時期です。この時期に学ぶことは、その後の人生にも大きな影響を与えることになります。 幼児教育に力を入れておられる方も多いですが特に、子どもが「3歳」になると、習い事を始めさせる人が多いようです。しかし、どんな習い事をさせた...

ひな祭りを分かりやすく教えるには

お雛様膳

由来や歴史を教えるには、難しい内容を簡潔にまとめる必要があります。相手が子どもの場合は、さらに分かりやすく伝える心掛けが大切でしょう。ひな祭りの由来と歴史を、子どもに分かりやすく教える言い方として次の表現をご紹介します。

「貴族がいた時代のひな祭りは、みんなの健康と無事を願って、紙の人形を川や海に流しました。お侍がいた江戸時代になってから、みんなの健康と無事を願うのと一緒に、女の子が雛人形を飾り親しむように変わりました。今は、家族やお友達の健康を思って、ひな祭りを楽しんでいます」などの表現はいかかでしょうか。

おわりに

今回は、子どもに教えるのに役立つ、ひな祭りの由来と歴史についてご紹介しました。ひな祭り本来の由来や永い時間の中で変わっていった、ひな祭りを行う意味や雛人形の姿をお伝えしました。すべての内容を子どもに教えることは難しいかもしれませんが、人形を飾る、みんなで楽しむイベントとして接する中で、少しずつ教えてみてはいかかでしょうか。

ピックアップ

3歳児の発達・成長・発育など特徴まとめ
3歳児の成長はとても早く、親からすれば目まぐるしい毎日を過ごすことになります。この年頃で経験したことは、将来の人格形成にもつながっていきます。現在3歳児がいるご家庭でも、これから3歳になるお子さんがいるご家庭でも、この時期の成長過程を把握しておくのはとても大切なことです。 今回は、3歳児の...
4歳児の発達・成長・発育など特徴まとめ
4歳児は、急激な成長の最後の年ともいわれています。個人差もありますが、2歳から言葉を覚え始めて3歳で活発になり、イヤイヤも多くなります。目まぐるしい成長を経験して、ようやく落ち着くのが4歳です。知能の発達も著しいので、成長に合わせてさまざまなことを教えたい年頃です。今回は、4歳児の発達・成長・発...
5歳児の発達・成長・発育など特徴まとめ
5歳児になると、だんだんと手がかからなくなり育児が少し落ち着くといったことを聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。しかし、実際には活動がより活発になり、口も達者になるため、イライラする日が増えたりうんざりしてしまったりという場合も少なくないようです。 また、身長はかなり伸び、体つきもし...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。
購読はいいねが便利です!
子供に何て教えたらいい?ひな祭りの由来と歴史を徹底解剖!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

3歳~6歳児 子育ての悩みについて・・・あわせて読みたい

6歳からの中間反抗期の特徴と注意すべき言動
魔の2歳児とも呼ばれる第一次反抗期がやっと終わったと思ったら、6歳になってからまた反抗期がはじまった… 子どもに訪れる反抗期は、第一次反抗期と第二次反抗期だけだと思っていませんか?実は6歳ぐらいからの反抗期は、2歳児からはじまる第一次反抗期と中学生くらいからはじまる第二次反抗期の間に起こるとさ...
4歳児との接し方で気を付けたいポイント5つ
たくさんの言葉を話せるようになったり、自分ひとりでできることが増えたり、子どもの成長をみることは大きな喜びです。しかし、体が大きくなり体力もついた分、言うことを聞いてくれなかったり悪態をついたりされると、手に負えないと感じることもあるでしょう。 そうした「手の負えなさ」を多くの保護者が...
3歳の子を叱る時の上手なやり方とダメなやり方
子育てにおいて、「叱る」ことはもっとも重要な行動のひとつです。悪いことをした際に適切に叱らず子どもを放置していては、結果的にわがままな大人に育ってしまう可能性も大きくなってしまいます。 特に3歳という年齢は、これから物心をつけ人格を形成していく過程で重要な年齢です。ここで育て方を間違えてしまっ...
3歳児の発達・成長・発育など特徴まとめ
3歳児の成長はとても早く、親からすれば目まぐるしい毎日を過ごすことになります。この年頃で経験したことは、将来の人格形成にもつながっていきます。現在3歳児がいるご家庭でも、これから3歳になるお子さんがいるご家庭でも、この時期の成長過程を把握しておくのはとても大切なことです。 今回は、3歳児の...
英会話にスイミング!3歳に始めたい4つの習い事
幼児期は、身体的にも脳の発育の面でも、大きく成長するとても大切な時期です。この時期に学ぶことは、その後の人生にも大きな影響を与えることになります。 幼児教育に力を入れておられる方も多いですが特に、子どもが「3歳」になると、習い事を始めさせる人が多いようです。しかし、どんな習い事をさせた...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る