良ければシェアをお願いします。

子供に何て教えたらいい?ひな祭りの由来と歴史を徹底解剖!

お雛様と女の子

日本の年中行事の1つに「ひな祭り」があります。上巳の節句、桃の節句として、女の子の健やかな健康と成長を祈る行事です。ところで、ひな人形を飾り白酒や菱餅を供えますが、本来のひな祭りの由来と歴史をご存知でしょうか?子どもにひな祭りの意味を聞かれたとき、正しく伝えられるようにしておきたいものです。今回は、子どもに教えるのに役立つ、ひな祭りの由来と歴史についてご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

本来の由来は厄除け・邪気払い

3人官女

現在のひな祭りは、女の子の祭りとしてホームパーティーを行うイベントですが、もともとは厄除けや邪気払いの行事です。由来は平安時代にさかのぼります。旧暦の3月には邪気が入りやすく疫病が流行するため、「上巳の祓い(じょうしのはらい)」という無病息災の祈祷が陰陽師(占い師)により行われました。

このときに用いられたのが「流し雛(ながしびな)」です。人形(ひとかた)と呼ばれる紙や藁、土などで作った人形(にんぎょう)に邪気を移し、自分の身代わりとして川や海に流すものです。この行事は、貴族だけではなく農民の間にも広く伝わりました。
3月は農耕作業が始まる大切な季節です。田畑に立つ自分の身を清め、農耕の害を払う意味が重要視されました。流し雛の風習は、現在も各地に残っており、本来の姿が継承されています。

合わせて読みたい

乳歯の生え変わり時期はいつ?永久歯になる前に注意したいコト
子供の乳歯が生え揃った頃、気になるのが大人の歯となる永久歯。乳歯はいつか抜けるものだからと安心していませんか?実は、その生え変わりの時期が永久歯になるにあたって大切な時期となるのです。今回は乳歯の生え変わりの時期についてと、永久歯になるにあたって注意しておきたいことについてご紹介します。 ...

【雛遊(ひいなあそび)】ひな祭りにつながる貴族の遊び

お雛様イラスト

平安時代、貴族の遊びに雛遊(ひいなあそび)というものがありました。男女対の人形を使用しますが、これは厄除けや邪気払いと関連性はありません。はじめは、大人の貴族の雅な遊びとして流行していましたが、次第に子どもたちの間に広がりを見せます。前述した「上巳の祓い」とこの「雛遊」が一緒になったものが、ひな祭りの原形です。

室町時代には、贈られた男女対の人形を3月3日に飾り、翌日お祓いを済ませてから収納する風習がありました。身代わりの人形を川や海に流すことなく、毎年3月に行われる恒例の行事です。これも、今のひな祭りにつながる姿として見ることができます。

【ひな祭り】はじまりは江戸時代

昔のお雛様

平安の京都で行われていた雛遊がひな祭りと呼ばれたのは、江戸時代にはいってからです。貴族生活の一部であった、雛遊が江戸にもたらされ民間に定着したのが、1640年頃とされています。

ひな祭りと呼び方が変わったのは1716年頃です。ひな祭りが武家社会だけでなく、民間に広く知れ渡った要因に「雛売り」と「雛市」の存在が挙げられます。毎年2月中旬にあらわれる雛売りは、季節の風物詩といえるでしょう。雛人形を入れた、葛籠を両掛にして売りに来てくれる移動販売のため、利便性のある存在です。1789年頃まで、「乗り物ほかい雛の道具~」という声が江戸の町に響き渡りました。

雛市は、特定の場所で催される雛人形の市を指します。開市されている場所まで出向かなければいけませんが、数多くの中から好みに合う人形を選ぶことができます。1716年、現在の日本橋に十間店(じっけんだな)として出店後、尾張町など他の地域にも設置されました。ひな祭りに飾る人形の姿が変わり、現在のひな人形の基が作られたのも江戸時代が始まりです。

たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
子供に何て教えたらいい?ひな祭りの由来と歴史を徹底解剖!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る