知ってるようで知らない!ひな祭りとひな人形の基礎知識!

ひな祭り

ママもおばあちゃんも小さいころからきっとそんなに変わらないひな祭り。当たり前のようにお祝いしている行事ですが、由来まで知っている方は多くないかもしれません。ひな祭りはどんな行事なのかを知ることで、きっともっと深く楽しめる行事になるでしょう。なぜ今のようにひな祭りをお祝いする習慣ができたのか、詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

もともとは紙やわらの人形だった?

ひな祭りの起源とはいったいどんなものなのでしょうか。平安時代にまでさかのぼってみるとひな祭りは現代の豪華なお祝いといった様相とはだいぶ異なります。ひな祭りがどのようにして始まったのかについて詳しく調べてみました。

平安時代のひな祭りはお祝い行事ではなかった

ひな祭りの起源といわれるのは中国の文化であった3月の上旬の「巳」の日にみそぎを行う、いわゆるお祓いの行事でした。もとは女の子のためだけの行事ではなかったとは驚きですね。人形(ひとがた)の紙やわらでできたものに厄災を移して身代わりとしてひきうけてもらうというのが狙いで、人形で身体をなでて、それを流す、などが行われていました。最初はお祝いごとではなく、お祓いのための行事だったのですね。

同時期に流行した「ひいな遊び」

平安時代貴族を中心に流行した女子の遊びに「ひいな遊び」というものがありました。今でいうところのおままごとに近い遊びだと考えられています。このひいな遊びが前述の上巳のみそぎと結びついたものがまさに現代のひな祭りの起源といわれています。おままごとが好きなのは現代も昔も変わらないというのはなんだかおもしろいですね。

徐々に人形は身代わりでなく、室内で飾るものに

室町時代に徐々に広がっていったひいな遊びでしたが、江戸時代に入ると貴族だけの遊びではなく、庶民にも徐々に室内に人形を飾るといった風習が広まっていきます。これは人形を作る技術が上がってきたことも関係していると考えられています。厄除としての意味も持っていた人形は上流社会の嫁入り道具として定番となり、政府が上巳の日を3月3日に改めて制定したこともあり女の子の節句としての文化が確立しました。嫁入り道具としての役目をおうことになった雛形はだんだん夫婦の理想像としての象徴となり、今のようなお雛様とお内裏様のスタイルになりました。

合わせて読みたい

子供に何て教えたらいい?ひな祭りの由来と歴史を徹底解剖!
日本の年中行事の1つに「ひな祭り」があります。上巳の節句、桃の節句として、女の子の健やかな健康と成長を祈る行事です。ところで、ひな人形を飾り白酒や菱餅を供えますが、本来のひな祭りの由来と歴史をご存知でしょうか?子どもにひな祭りの意味を聞かれたとき、正しく伝えられるようにしておきたいものです。...

どのようにお祝いするのが正しいの?

起源については見てきたとおりですが、元来厄祓いであったひな祭り、どのように過ごすことが正しいのでしょうか?祖父母を呼んでひな人形の前でお食事も間違いではないような気がするけれど、正しくはどのような過ごし方が良いのでしょうか。

ひな祭りでははまぐりを用意するのはなぜ?

老若男女の厄払いの習慣がどのようにして女の子の成長を祝う行事に変化したのかは先ほど書いた通りですが、よくひな祭りのレシピではまぐりを見かけるのはなぜなのか、ご存知ですか?ひな人形は女の子の健やかな健康と、幸せな結婚をイメージするというところから、貝合わせという古くからの遊びにならい、はまぐりが重用されます。はまぐりは決まった相手としかぴったり合わないと言われており、貝合わせはいわゆる神経衰弱のようなゲームです。自分だけの特別な相手に出会えますようにという意味ではまぐりが料理に使われるのですね。

段飾りに必ず登場する菱餅って?

段飾りのお雛様だと必ずいろいろな装飾品がついてきますが、菱餅はひな祭りにはかかせない名わき役ですね。白、ピンク、緑の3色はどのような意味があるのでしょうか。白は「清浄」ピンクは「魔除け」、緑には「健康」の意味が込められているそうです。ひな祭りの別名を桃の節句といいますが、桃も魔除けの効果があると考えられてきました。3月3日という数字が重なる日も厄災を払える縁起の良い日と考えられていたそうです。子供の死亡率が高かった昔の人々にとって、子供の健やかな成長というものは何にも代え難い願いであったことがうかがえますね。

歌にも出てくる白酒ってどんなもの??

ひな祭りの歌の歌詞の中に登場する「白酒」とはどんなものなのでしょうか。元来は桃の花を漬けた「桃花酒」というものが飲まれていたそうです。昔、おなかに大蛇を宿してしまった女性が、3月3日に白酒を飲むと胎内の大蛇が消えたという言い伝えから、良い子を授かりますようにという願いから白酒をふるまうようになったようです。ミネラルが豊富で健康にもとても良いお酒だそうです。

合わせて読みたい

はじめての行事!お宮参りの基礎知識と事前準備について
赤ちゃんが生まれてはじめて行う行事であるお宮参り。名前は聞いたことがあるけれど、実際にどんなことをするのか、いつ行うのか、服装は何を着たらよいのかと分からないことだらけですよね。そこで今回は、お宮参りについて知っておくべき基礎知識と神社と事前準備についてまとめました。ぜひ参考にしてみてください。...

ひな人形の種類にはどんなものがあるの?

ひな人形には様々な種類があり、それぞれの飾るスペースや予算に合わせて自由に選ぶことができます。ママが小さい頃は7段飾りだったけれど、片づけても場所を取ることがわかっているから大きいものはちょっと、と思っているママも多いと思います。どんなひな人形があるのか見てみましょう。

収納しやすいお内裏様お雛様充実タイプ

衣装を付けたひな人形でお雛様とお内裏様だけのセットです。7段飾りを飾ってもらっていたママは「三人官女も五人囃子も大臣もいないの?」と驚かれるかもしれませんが、近年の売れ筋はこのタイプです。最初からケースに入っているタイプのものですと飾るのもしまうのも簡単で、片づけないと行き遅れるよ、などという小言にびくびくする必要もありません。衣装も豪華なものが多くじっくり見ていても飽きませんよ。

豪華主義、多段飾りのお雛様タイプ

やはり飾ったときの壮観さは多段飾りに勝るものなしと感じる方も多いでしょう。牛車や鏡台などの小道具を見て昔の生活を想像することも楽しいですね。ただなんといっても大変なのは飾る場所の確保と収納場所。それさえクリアできたらぜひ飾っていただきたいですね。家では沢山は飾れない、という方は各地で行われるひな人形の展示に行かれるのも楽しいでしょう。100段飾りなど、期間限定で公開される展示会は例年人気のイベントですのでチェックしてみましょう。

器用な人はトライ、自分で作るひな人形

ひな人形を作ると聞くととても無理だと思われるかもしれませんが、木目込みタイプですと可能です。説明書をみながらコツコツ作業すると無心になれます。木製の土台に絹の衣装を貼り込んでいくのですが、コツをつかめば初めてでも作ることができます。多少の失敗も思い出の一つ、お子さんと一緒に作る工程から楽しむのも良いですね。

おわりに

いかがでしたでしょうか。今も昔も子供の健やかな成長を願うという親の思いは変わらないものですね。女性の進出が目まぐるしい現代では、幸せのかたちが結婚出産と結びつくというのは少し違和感がありますが、厄除けから桃の節句に変化したくらいの柔軟さで、今後もどんどん変化していく可能性もありますね。子供が健やかであると親もうれしいというメッセージをぜひお子様に伝えてくいださいね。

ピックアップ

お食い初めって何をすればいい?準備・やり方について
生後1ヶ月が経ち、赤ちゃんにとってはじめての行事であるお宮参りも済ませ、次に待っている行事がお食い初めとなります。お食い初めのやり方は地域によって異なることもありますが、今回は一般的に行われているお食い初めの準備ややり方についてご紹介します。 お食い初めとは お食い初め(おくいぞめ)とは...
赤ちゃんの初めてのご挨拶 ちょっと変わった年賀状を送ろう!
赤ちゃんが生まれると、年賀状作りにも力が入りますよね!しかし、我が子の写真をメインに年賀状を作ろうと考えたところで、どの写真を使うかが考えどころ。どの写真も可愛すぎてあれもこれもレイアウトして…なんて親バカ全開な年賀状になる前に、もらった相手が笑顔になってくれるような少し変わった年賀状を作っ...
月齢別!赤ちゃんのお出かけで知っておくべきポイント
赤ちゃんとのお出かけは、赤ちゃんの生活リズムを整え、ママの気分転換にもなるため、積極的に行うことが望ましいです。とはいえ、赤ちゃんはいつから出かけていいものなのか、また、お出かけの際の注意点やポイントなどはあるのだろうかと、不安に思うこともたくさんありますよね。ここでは、そういったママの疑問や不...
12歳9歳2歳の三兄弟のママです。男三人の子育て楽しんでいます。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
知ってるようで知らない!ひな祭りとひな人形の基礎知識!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る