はじめての行事!お宮参りの基礎知識と事前準備について

良ければシェアをお願いします。

お宮参りの赤ちゃん

赤ちゃんが生まれてはじめて行う行事であるお宮参り。名前は聞いたことがあるけれど、実際にどんなことをするのか、いつ行うのか、服装は何を着たらよいのかと分からないことだらけですよね。そこで今回は、お宮参りについて知っておくべき基礎知識と神社と事前準備についてまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

お宮参りの基礎知識

初穂料

お宮参りとは

お宮参りとは、鎌倉・室町時代から続く風習で、住んでいる土地の神様である氏神様に、赤ちゃんが生まれたことを報告し、成長を見守っていただくよう願う行事のことを指します。

時期

一般的に、男の子は生後 31~32日目、女の子は生後 32~33日目とされていますが、日数を厳密に守らなければいけないといったことはないので、生後1ヶ月ぐらいを目安に赤ちゃんの体調やご家庭の予定、天候の良い日などにお参りするようにしましょう。地域のしきたりによっては、1ヶ月から3ヶ月などさまざまなので不安な方は、ご家庭の決められたしきたりが無いかなどを確認をするようにしましょう。

場所

お参りする場所は、出生地や住んでいる地域の神社にお参りするのが一般的とされていますが、どこの神社でお参りをされても構いません。しかし、人気のある神社の場合、混雑が予想されますので、赤ちゃんやママの体調を考えて選ぶようにしましょう。大安や仏滅など六曜を気にされる方もいらっしゃいますが、特に気にする必要はありません。

服装

お宮参りの衣装

赤ちゃんの場合

赤ちゃんに着せる服装には、和装と洋装があり、和装では男の子は白羽二重にのし目模様の晴れ着や黒羽二重の紋付、女の子は白羽二重に友禅模様の掛け着が一般的とされています。洋装では、男の子も女の子もベビードレスを着させ、ケープを羽織らせます。

両親の場合

一般的に、両親の服装の場合は、ママは着物かスーツ、ワンピース。パパはスーツとされています。ママは授乳もあるため、マタニティウエアなどで授乳が簡単にできるものを選ぶと安心です。

初穂料・玉串料とは

神社でご祈祷をお願いする場合、神社に謝礼として渡す初穂料・玉串料をおさめなければいけません。初穂とはその年に実った最初の稲の穂、穀物・野菜・果物を指す言葉です。初穂の代わりとして、神社でのお祓い・祝詞・祭祀を行っていただく際に、お金を神様にお供えするという意味から初穂料と呼ばれています。玉串料は、榊の枝に紙垂をつけた玉串と呼ばれるものの代わりとなるものです。神様の食事となる米・魚・野菜などをお供えする代わりにお金をお供えすることからそう呼ばれています。

初穂料・玉串料の包み方・相場

初穂料・玉串料を包む場合は赤と白の蝶結びののし袋を用意し、表の上部には御初穂料もしくは初穂料、玉串料と書きます。そして、下部には赤ちゃんの名前をフルネームで書きましょう。字を書く際にはボールペンではなく、黒の筆ペンを用いるのが一般的とされています。また、初穂料・玉串料の相場は、5,000円から10,000円ほどです。神社によっては、指定されている場合があったりお気持ちでといった場合があったりなど、金額が異なるので事前に調べておくようにしましょう。

マナー・しきたり

赤ちゃんは誰が抱っこすべきかですが、昔からパパ方のお母さんが抱っこをするというしきりがあります。産後、ママの体は汚れているといった考え方から、忌明けが済んでいないママの代わりにパパ方のお母さんが抱っこするようになったとされていますが、産後のママの体調を気遣ってこのしきたりができたとも考えられます。

一般的には、赤ちゃんとパパ、ママ、パパ方の祖父母が参列者とされていますが、両家で揃ってお参りされるご家庭もあります。しきたりも昔とは違い簡略化されてきていますので、あまりこだわりすぎず家族の都合に合わせて、決めるようにしてください。

お参りの仕方

神社に到着したら、まず受付を済ませましょう。その際に初穂料も渡します。受付を済ませたあとはご祈祷を受けます。玉ぐしを捧げたり、両親が参加したりと神社によってさまざまですが、神社の案内の指示に従いましょう。神社に参拝するだけの場合は、境内の手洗い場で手と口をすすいでから、神前に向かいます。お賽銭をあげてから鈴を鳴らし、二礼・二拍手・一礼をしましょう。

合わせて読みたい

月齢別!赤ちゃんのお出かけで知っておくべきポイント
赤ちゃんとのお出かけは、赤ちゃんの生活リズムを整え、ママの気分転換にもなるため、積極的に行うことが望ましいです。とはいえ、赤ちゃんはいつから出かけていいものなのか、また、お出かけの際の注意点やポイントなどはあるのだろうかと、不安に思うこともたくさんありますよね。ここでは、そういったママの疑問や不...

お宮参りの事前準備

撮影スタジオで家族写真

神社の予約

お宮参りをする日取りと神社を決めます。日取りが決定したら、神社に予約をとるようにしましょう。事前に予約をしなくても良い神社もありますが、予約が必須となる神社もあるため、お宮参りをする神社で予約が必要かどうかを確認しておきましょう。

撮影スタジオの予約

ご祈祷後、お宮参りの記念として写真を撮られることをおすすめします。撮影スタジオによっては、衣装のレンタル付きで予約ができるところもあるため、そういったスタジオを利用すると便利です。また、赤ちゃんの体調なども考慮して、お宮参りをした日とは別の日に撮影をされる方もいらっしゃいます。自分たちで撮影をしたり、プロのカメラマンに出張をお願いしたりなど、さまざまな方法がありますが、その際は神社で撮影が可能かどうかなどの下調べをしておきましょう。

食事会の準備

記念撮影が終わったあとは、親族や家族で食事会をするのが一般的です。スタジオを予約された方は、スタジオの近くや、スタジオを利用されない方はお宮参りをした神社の近くで食事ができるお店を予約しておきましょう。その際、赤ちゃんがいるため個室を利用できるところにしておくと授乳時やおむつ替え時にも安心です。

おわりに

親族や家族が揃う大切な行事ですから、事前準備はしっかりと行っておくようにしましょう。何より、赤ちゃんとママの体調を気遣うことが一番ですので、基本的なことはおさえつつ、無理なく行うようにしてくださいね。

ピックアップ

断乳と卒乳の違いとは?離乳期を知ろう
赤ちゃんに授乳を与える最初のステップから、次に待っているステップは離乳期や卒乳・断乳です。なんとなく卒乳と断乳という言葉は知ってはいるけれど、違いについてはよく分からない…と思っている方、もしくは、一緒なのではないかと思っている方は意外と多くいらっしゃいます。そのことからも、ここでは卒乳と断乳の...
乳歯の生え変わり時期はいつ?永久歯になる前に注意したいコト
子供の乳歯が生え揃った頃、気になるのが大人の歯となる永久歯。乳歯はいつか抜けるものだからと安心していませんか?実は、その生え変わりの時期が永久歯になるにあたって大切な時期となるのです。今回は乳歯の生え変わりの時期についてと、永久歯になるにあたって注意しておきたいことについてご紹介します。 ...
粉ミルクはどれを選べばいい?人気のおすすめ7選!
ミルク育児や混合育児の場合、粉ミルクを用意しなければなりません。現在では、数十種類にも及ぶ粉ミルクがあり、どれを選べばよいのか悩む方や、人気のものは何なのかを知りたいという方が多いと思います。 ここでは、そういった悩みを解消するべく、粉ミルクの選ぶポイントやおすすめの粉ミルクについてご紹介しま...

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
はじめての行事!お宮参りの基礎知識と事前準備について
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る