【月齢別】離乳食で赤ちゃんに食べさせてよい果物とダメな果物

バナナを持つ母親と幼児

赤ちゃんのは、赤ちゃんの月齢によって与える物や与え方など、手順があります。その中でも果物は季節感があり、取り入れやすいですが、どの時期にどのくらいあげるか、あげてはいけない果物はあるのか、疑問に思うことが多くあります。そこで、離乳食で赤ちゃんに食べさせてよい果物とダメな果物について解説します。

スポンサーリンク

離乳食初期の生後5~6か月の場合

離乳食は生後5~6ヶ月で始めます。この時期は、ゴックン期と言われます。歯もあまり生えておらず、噛む力もないため、10倍がゆやペースト状にした野菜などがメインになります。果物もすりつぶして与えるようにします。

この時期に果物を食べさせる場合は

この時期、最初に果物を与える時には加熱してから与えることをおすすめします。慣れてきたら、そのまますりおろしたり、果汁にしたりして与えてください。果汁と言っても、市販されている子ども向けでない濃縮還元ジュースは、赤ちゃんには負担がかかりすぎるため与えないようにしましょう。

この時期に与えてよい具体的な果物は

  • りんご…生であげても大丈夫ですが、すりおろして煮たほうが酸味が減り食べやすくなります。
  • スイカ…種はしっかりと取り除いてすりつぶして与えてください。果汁を与えるのもおすすめです。
  • 梨…食物繊維が多いので、与えすぎに注意してください。
  • イチゴ…生のまますりつぶし、裏ごしして与えるようにしてください。

この時期に与えない方がよい具体的な果物は

離乳食期全般に渡ってアレルギーを引き起こす可能性のある果物は与えない方がいいとされています。例えば、キウイフルーツ・パイナップル・マンゴー・パパイヤ・グレープフルーツなどです。これらの果物は刺激が強すぎるため、赤ちゃんの味覚を考えても不向きといえるでしょう。

合わせて読みたい

【レシピ付き】赤ちゃんが喜ぶ美味しい離乳食メニュー
離乳食は、赤ちゃんの食事をミルクから、私たちが普段口にしているような一般的な食べ物へと切り替えるための、いわば「つなぎ」の役割を果たす食事です。赤ちゃんごとに差はありますが、大体生後5ヶ月辺りから離乳食を与える期間(離乳期)に入り、1歳半くらいまでには完了するといわれています。 しかし、ひとく...

離乳食中期の生後7~8か月の場合

食べることにも慣れてきて、モグモグと食べられるように練習をする時期になります。舌でつぶせるくらいの硬さにし、小さく刻んで与えます。食べられる食材が増えるので、アレルギーに対する注意がより必要になる時期です。

この時期に果物を食べさせる場合は

この時期に、果物を食べさせる場合には、みじん切りくらいの大きさを目安として細かく切って与えるようにします。硬さの目安は、豆腐くらいのです。カミカミ期になって、赤ちゃんのウンチに野菜や果物など、そのまま出てきてしまっても、下痢でなければ心配しないでください。硬さや大きさなどに慣れてくると吸収できるようになます。

この時期に与えてよい具体的な果物は

  • ぶどう…皮と種は取り除き、小さくしてから与えてください。
  • レーズン…お湯でふやかしてから、細かくしてあげるようにしてください。
  • プルーン…お湯でふやかしてから、細かくして挙げるようにしてください。ヨーグルトに混ぜて与えるのもおすすめです。
  • さくらんぼ…皮と種を取り除いて、小さくして与えるようにしてください。

この時期に与えない方がよい具体的な果物は

グレープフルーツやオレンジなどの柑橘類は酸味と苦みがあるため、苦手とする赤ちゃんが多く、離乳食期が完了するころまで待ちましょう。また、柿は実が固く食べにくいため、後期になってから与えるのがおすすめです。

合わせて読みたい

離乳食が始まったら要注意! 乳児に食べさせてはいけない食材
離乳食が始まると最初は10倍がゆや野菜の柔らかく煮たものから始まり、徐々にいろんな食材にチャレンジします。小さなお口でもぐもぐと食べる姿は可愛く、ついいろんなものを食べさせたくなりますが、消化機能の未熟な赤ちゃんには、食中毒やアレルギー、誤えんしやすい食べ物など、気をつける点がたくさんありま...

離乳食後期の生後9~11か月の場合

この時期は離乳食の完了期に向けて、歯茎でつぶせるほどの固さの食べ物を噛んで練習する時期です。味覚が発達してくる時期でもありますので、色々な食材を試したり、色々な味付けを試したりして、味の経験をさせてあげてください。

この時期に果物を食べさせる場合は

この時期に、果物を食べさせる場合には、手づかみでも食べられるように、持ちやすく食べやすい大きさなどを工夫してみて下さい。手でつかんで、噛んで食べることのいい練習になります。しかし、飲み込む力も強くなっている時期なので、丸のみできるような大きさは避けるようにして、食事中は目を離さず、必ず見守るようにください。

この時期に与えてよい具体的な果物は

  • 柿…固い実ではなく、柔らかく熟した実を与えるようにしてください。
  • ブルーベリー…丸のみしないように注意して与えるようにしてください。冷凍してあるものを解凍して与えるのもおすすめです。
  • キウイ…酸味が柔らかいゴールドキウイがおすすめです。アレルギーが出ることもありますので、与える時は注意が必要です。

この時期に与えない方がよい果物は

その他の食事と同様、ほとんどの果物が食べれるようになりますが、アレルギーを引き起こす危険のある果物は避けましょう。今まで食べていてアレルギー反応が出ていなかった食べ物でも、ある日突然アレルギー反応が出る事がありますので、食後の反応にも注意するようにしましょう。

離乳食完了期の1歳からの果物について

これまで避けていた、酸味のあるグレープフルーツやオレンジも食べられるようになります。味覚を広げてあげることが中心になりますので、食べるのを嫌がったものについては、無理に与える必要はありません。おやつに果物を取り入れるのもおすすめですが、糖分が多いので与えすぎに注意し、食事の妨げにならないような量にしてください。

トロピカルフルーツはいつから大丈夫か

トロピカルフルーツは分解酵素が多いため、かぶれや食物アレルギーを起こしやすくなっています。また、食物繊維が多かったり、味に独特なくせがあったりと離乳食には向いていません。もし与える場合には、2歳ぐらいになってから与えるようにしてください。その場合も、はじめはアレルギー反応が出にくい、加熱してあるジャムなどがおすすめです

おわりに

季節ごとの美味しい果物を赤ちゃんにも食べさせたいですよね。しかし、果物はアレルギー反応がでやすい食べ物です。アレルギーの心配があるようなら、かかりつけの小児科の先生に相談して、アレルギー検査を受けることをおすすめします。

ピックアップ

【レシピ付き】1日3回規則正しく!1歳児の離乳食の進め方は?
そろそろ1歳を迎える時期になると、「離乳食はどんなものがいいのかしら?」「1日何回あげればいいの?」といったことに悩むお母さんは多いことでしょう。離乳食は赤ちゃんの成長に合わせて、食べものの固さ・量・回数を調整していきます。徐々に大人と同じような食事ができるよう、ステップを踏んで進めていきま...
離乳期のママの強い味方!おすすめのベビーフード9選
離乳食を準備するのは、何かと手間がかかり大変ですよね。また、外出先では離乳食メニューがあるのか?持っていかないといけないのか?とママにとっても負担が大きくなります。家でのお食事の時もたまには楽したい!という日だってあるはずです。そこで、離乳期のママの強い味方!おすすめベビーフードを9点紹介してい...
子どものアレルギーってどうやって気づけるの?卵や小麦粉は食べさせていい?
0歳の赤ちゃんの離乳食がスタートして、かゆみを伴う発疹や皮膚の腫れ、嘔吐などの症状があると「もしかしてアレルギー…?」と不安になるママも多いでしょう。子どもの食物アレルギーの気づきのポイントや食物アレルギーの原因、アレルゲンと呼ばれる卵や小麦粉など、食べさせるのを迷う食材との付き合い方につい...
3歳の男の子の母です。毎日振り回されています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
【月齢別】離乳食で赤ちゃんに食べさせてよい果物とダメな果物
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る