良ければシェアをお願いします。

赤ちゃんの寝相の悪さの理由と対応法まとめ

良ければシェアをお願いします。

赤ちゃんの寝相

すやすや眠る赤ちゃんの寝顔は本当にかわいいですよね。でも、次に見た瞬間、びっくりするような体勢で寝ていた!なんて経験はありませんか?あまりのダイナミックな寝相にうちの子どこかおかしいのかな?と心配になったママもいるかもしれません。でも大丈夫、赤ちゃんの寝相の悪さは元気な証拠です。ここではそんな赤ちゃんの寝相の悪さの理由とその対応法をご紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんの寝相が悪いのはどうして?!

赤ちゃんが寝ながらよく動くのには、主に3つの理由が考えられます。それはレム睡眠(浅い眠り)の多さと体温の高さ、そして赤ちゃん自身の脳内での記憶の定着作業です。以下ではそれぞれの理由について、詳しく説明していきます。

レム睡眠の割合が多いためよく動く

人は大人も子どもも、レム睡眠とノンレム睡眠を交互に繰り返して寝ています。レム睡眠とは身体は起きているが脳は寝ている浅い眠りであり、赤ちゃんはこのレム睡眠の時間に寝返りを打つことで、体の疲れやコリをほぐしていると言われています。さらに、大人のレム睡眠が眠り全体の2割程度なのに対し、赤ちゃんは5割程を占めています。そのため、必然的に赤ちゃんは寝ながら動く回数も多くなり、寝相が悪くなるのです。

体温が高くなるため暑いと感じて動く

赤ちゃんの成長を促すものの1つに成長ホルモンがありますが、この成長ホルモンは身体の深部の温度が低い時、及び、寝ている時ほど多く分泌されます。そのため、赤ちゃんは成長ホルモンの分泌量を増やすために身体の深部の熱を放出しようとし、その結果、体温が大人よりも高くなります。体温が高くなると暑くて寝苦しく感じますから、体温調節のために赤ちゃんは布団を蹴飛ばしたり体勢を変えたりするわけです。寝相の悪さは、赤ちゃんなりの寝苦しさへの対策なのですね。

寝ている間に記憶を定着させる過程で手足が動く

赤ちゃんは昼間に体験したことを寝ている間に再び思い出し、脳に定着させていると言われています。つまり、日中に見たり聞いたりしたことを睡眠中に復習することによって、生活するための知恵を身につけていっているのです。この際、手や足が動くことはよくあるようですから、赤ちゃんは今、大切な復習作業をしているのだと思ってあたたかく見守ってあげましょう。

合わせて読みたい

インスタ発祥!簡単にできて可愛い「オムツアート」の魅力
インスタ発祥のオムツアートを知っていますか?寝相アートと並んで子育て中のママに人気のアート写真です。オムツを数字や文字、その他いろいろなものに見立てて並べ、赤ちゃんといっしょに写真に収めるものです。赤ちゃんがオムツをしている期間限定のお楽しみ。寝相アートより気軽にはじめられるのでいろいろ工夫して...

寝相の悪さにはどんな対策が必要?

ここまでの話で分かった通り、赤ちゃんの寝相が悪いのは赤ちゃんが元気に成長している証拠です。あえて矯正する必要はありませんから、安心してくださいね。むしろ必要なのは寝相の悪さからくる寝冷えやけがの対策です。寝相は悪い前提で、しっかりと対策をしてあげてくださいね。

寝冷えは着せる服やスリーパーで防ごう

寝相が悪いことによって、寝ている間に布団を蹴ったり服がめくれたりして寝冷えしてしまうこともよくあります。快適な室温を保つとともに、ロンパースやカバーオールを着せてお腹が出ないようにしてあげましょう。スリーパーも肩やお腹が冷えないのでいいですね。タオルケットや布団をかけるときは、暑すぎないようにお腹だけにかけるなど調整してあげましょう。

けがをしないように気を付けよう

ベビーベッドで寝ている場合は、ベッドの柵にぶつからないよう、クッション性のある専用のベッドガードを付けておきましょう。普通のクッションやまくらで代用するのは窒息の危険性があるので厳禁です。また、転落の危険があるため、ソファーなどの高い位置に赤ちゃんを寝かせるのはやめましょう。パパやママと一緒に大人のベッドで寝るような場合には、転落防止のベッドガードを付けて赤ちゃんがベッドから落ちないように気を付けてあげましょう。

寝相アートで楽しく記録に残そう

寝相の対策からは少し離れますが、あまりに大胆な赤ちゃんの寝相、どうせなら楽しく記録に残しておきたいですよね。そんなときは今流行りの寝相アートがおすすめです。時期に合わせたものから物語に出てくるような可愛いものまで、アイデアは様々。赤ちゃんの寝相を生かして、あなただけのワンシーンを演出してみてくださいね。

合わせて読みたい

赤ちゃんの初めてのご挨拶 ちょっと変わった年賀状を送ろう!
赤ちゃんが生まれると、年賀状作りにも力が入りますよね!しかし、我が子の写真をメインに年賀状を作ろうと考えたところで、どの写真を使うかが考えどころ。どの写真も可愛すぎてあれもこれもレイアウトして…なんて親バカ全開な年賀状になる前に、もらった相手が笑顔になってくれるような少し変わった年賀状を作っ...
小学生と2歳の息子二人に囲まれ、怒ったり笑ったりを繰り返しながら毎日賑やかに過ごしています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
赤ちゃんの寝相の悪さの理由と対応法まとめ
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る