良ければシェアをお願いします。

子どもの味覚のピークは生後まもなく!?子どもの味覚を育てる3つのポイント

子どもの味覚

生まれたての赤ちゃんは、実は大人よりも味に敏感です。エネルギー源である糖分やたんぱく質を知らせる「甘味」や「うま味」、それからの味である「塩味」が大好きってご存知でしたか?そんな敏感な味覚も、が始まる生後5ヶ月ごろから、徐々に味覚が鈍感になっていくそう。離乳食を進めながら、子どもの味覚を育てていく3つのポイントについて書いてみました。

スポンサーリンク

離乳食の基本はもちろん「薄味」で!

ポイントの1つ目は「薄味」です。離乳食を始める時には何も味付けをしないと思いますが、これは赤ちゃんが味を感じないからではなく、むしろ大人より敏感に味を感じるためです。濃い味付けをすると、赤ちゃんの味覚が鈍感になってしまいます。「塩味」「甘味」「苦味」「酸味」「うま味」の5つの味をきちんと感じることが出来る味覚を育てるには、やはり「薄味」が最適です。

赤ちゃんは味蕾(みらい)が大人よりたくさんある

味を感じる器官「味蕾」をご存じでしょうか?味蕾は舌の表面にあり、この味蕾が脳に味を伝えています。生まれたての赤ちゃんはこの味蕾が1万個もあり、青年男性の7,000個より多い数となっています。この味蕾は生後3ヶ月まで増え続け、離乳食が始まる5ヶ月ごろから味蕾の数はそのままになり、味覚が鈍感になっていきます。味蕾は刺激物や喫煙などで減っていくと言われています。

生まれた時から「甘味」が大好き!

生命の維持に必要な糖分の味である「甘味」が大好きな赤ちゃん。だからといって、ジュースやお砂糖は禁物です。わざわざ甘い味付けにしなくても、ご飯やくだものなどの自然の甘味を感じることが出来ます。ここでより甘いものを与えてしまうと、自然な甘味がわからない舌になる恐れもあります。小さい間はなるべく強い甘味は避けましょう。

離乳食を食べないのは「味付け」が原因じゃないかも?

離乳食を進めていく中で「食べてくれない」という問題にほとんどのママが直面しますよね。困り果てて味付けに工夫を凝らす方が多いかもしれませんが、味付けだけではなく、固さや食感、におい、色や形も原因になっていることがあるって知っていましたか?味付けを複雑にするよりは、その他の原因も探ってみるのもいいかもしれません。また、食べてくれないとイライラしていると、食事の時間が苦痛になってしまうので、気楽に取り組みましょう。

合わせて読みたい

【初期、中期、後期】赤ちゃんが離乳食を嫌がる原因って何?対処法はある?
いよいよ離乳食スタート。はりきって用意した離乳食を、赤ちゃんが嫌がって食べてくれなかったらショックですよね。でも、嫌がるのにはちゃんと理由があります。離乳食初期、中期、後期と嫌がる理由はさまざま。あらかじめ知っておけば、がっかりしたりせずに対処できますよ。離乳食初期、中期、後期に分けて嫌がる...

味覚を育てる一番の武器は「だし」のうま味

ポイントの2つ目は「だし」を上手に使うことです。だしを口に入れることで「うま味」を感じられます。赤ちゃんは甘味と同様に「うま味」も大好き。母乳にも、たくさんのうま味成分「グルタミン酸」が含まれています。

古くからの日本人の知恵「うま味」

和食に使われる昆布だしやかつおだしなど、「だし」にはうま味成分がたっぷり含まれています。うま味を感じられると、味付けが薄くても満足感を得られます。昔から日本人は知らず知らずのうちに繊細な味覚を身につけていたのですね。しかし、現在では、食の欧米化が一般的となり、うま味を感じられる献立の回数は減っています。ぜひ、意識をして和食の献立を取り入れていきたいところです。

「うま味」を上手に伝える方法!

「だし」は離乳食の早い段階から使える調味料です。どんどん取り入れていきましょう。顆粒だしは手軽で便利ですが、出来ればきちんと鰹節や昆布からだしをとった方が、香りや風味が伝わりやすいのは言うまでも有りません。より強い「うま味」を舌で感じてほしい場合は、天然の材料でしっかりとだしを取ることをおすすめします。

「うま味」が分かる舌で、繊細な味覚が育ちます

赤ちゃんは「うま味」、「甘味」、「塩味」がお気に入りです。しかし、「甘味」と「塩味」はたくさん摂り過ぎると、味覚が鈍くなるだけではなく、体にも良くありません。そこで、「うま味」の登場です。赤ちゃんがおいしいと感じる「うま味」で満足感を得られると、調味料を大量に使う必要がありません。そうすることで、舌への刺激が少なくなり、繊細な味覚を育てることが出来るのです。

合わせて読みたい

【レシピ付き】美味しくて赤ちゃんも思わずニッコリ!野菜を使った離乳食5選
離乳食も完了期になると、少しずつ幼児食にもチャレンジするようになってくるのではないでしょうか。この時期は食事のバランスや野菜の摂り方が気になってくる時期でもあります。好き嫌いの多い子に苦労しているママも、ワンパターンな献立になってしまうママも、いつもと違うレシピに挑戦してみてはいかがでしょう...
5歳と7歳の女の子の母です。今は次女のお受験の準備でバタついています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
子どもの味覚のピークは生後まもなく!?子どもの味覚を育てる3つのポイント
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る