塾や学童帰りは真っ暗!暗い帰り道で子どもが注意しなくてはいけないコト

良ければシェアをお願いします。

暗い道

秋になり冬に入ると、日が暮れ学童から帰る頃には真っ暗です。そうでなくても、塾帰りは暗くなっていることがほとんどではないでしょうか。そんな中、子どもだけで帰ることも多く親は心配が尽きません。そこで、今回は夜の暗い帰り道で子どもが注意しなければいけないコトを紹介していきます。子どもの安全を守るためなので、ぜひ子どもと一緒にポイントを押さえておきましょう。

スポンサーリンク

犯罪巻込まれ防止のために注意するコト

子どもが犯罪に巻き込まれる時間帯は、朝や日中に比べると圧倒的に下校時・夜の時間帯が多くなっています。暗くなることで人目につきにくい、一人でいる子どもが増えるというのが理由のひとつでもあります。犯罪に巻き込まれないために注意するコトは主に3つです。

1、防犯グッズを持ち歩くようにする

万が一トラブルに巻き込まれた時の対処法として防犯グッズを持ち歩くことが大切です。しかし、かばんの中やすぐに取り出せない場所にしまっておくだけでは意味がありません。ランドセルの持ち手やベルトに防犯ブザーをぶらさげる、首からホイッスルをぶらさげておくなどの持ち方がおすすめです。そして、使い方をしっかりと教えておくようにしましょう。

2、あいさつはしても立ち止まらない

いつも歩く道では、近所の人や大人たちに挨拶をして自分の姿をアピールしておくことが大切です。知らない人にも挨拶をすることはもちろん大切ですが、話しかけられても絶対に立ち止まってはいけません。しつこく声をかけてくる人がいた場合は、すぐに近くのお店や交番、または近所の家に駆け込むように言っておきましょう。

3、一人で帰る時間を短くするように工夫する

帰り道は、できる限り一人では帰らないようにすることも大切です。帰る方向が同じ子ども同士で帰らせるようにしましょう。途中までだとしても、少しでも一人になる時間は短い方が安心です。歩きだけではなく、自転車で帰る場合も同様です。特に、駐輪場は目立たない場所に設置されていることが多く、犯罪が起きやすい場所なので注意が必要です。

合わせて読みたい

子供を犯罪から守るための防犯対策を伝授!
子供が一人で出歩くようになる小学校ぐらいになると、心配になるのが子供への犯罪です。昨今、子供への犯罪は増えつつあり、ニュースでも悲惨な事件を目の当たりにしていると思います。今回はそういった犯罪を未然に防ぐためにも、日頃から行える防犯対策をご紹介いたします。 子供の防犯被害統計 警察庁...

交通事故防止のために注意するコト

暗くなる夕暮れ時の帰り道は、交通事故にも気を付けなければいけません。子どもには車が来ることが分かっていても、車からは見えていないこともある、ということを話しておく必要があります。交通ルールを守るだけでは事故防止にはなりません。そこで交通事故防止のための注意点を3つ紹介します。

1、歩きスマホ・ゲームをしない

スマホが普及してからは、簡単にネットやゲームを楽しめるようになり、小学生から携帯電話を持っている子どもも多くいます。帰り道に暇を持て余しているからといって、スマホを見ながら歩くのは禁止しましょう。車や自転車が来たことに気づくのが遅くなり、事故の原因になってしまいます。また、イヤフォンをつけて大音量で音楽を聴くのも禁止しましょう。

2、明るい色の服、反射板を身につける

夕暮れ時に起こる車・自転車と歩行者の接触事故の多くは、車・自転車側が歩行者の存在を認識していなかったということが原因になっています。そのため、車・自転車に自分を認識してもらうために、明るい色の服や反射板を身につけるようにしておきましょう。かばんに付けられるキーホルダータイプの反射板、どこにでも貼れるステッカータイプの反射板がおすすめです。

3、自転車のライトを点灯させる

自転車に乗っている場合は、事故に巻き込まれるだけではなく事故を起こすリスクもあります。暗いと視界が悪く、周囲の歩行者に気が付かずに接触してしまうので、必ずライトを点灯させるように指導しておくことが大切です。また、自分の存在を車や歩行者に知らせるためにもライトは必要です。ライトが切れないように定期的に点検をしましょう。

合わせて読みたい

子供一人自転車での遠出は何歳くらいからさせる?
子供はみんな冒険が大好き。自転車に乗れるようになった子供は、ぐんぐんと行動範囲を広げ遠くへ行きたがるようになります。だけど、それをいつまでも引き止めることもできず・・・。かといって、ひとりで遠出をさせるのは心配ですね。 交通安全について、親子で確認をする 今までは片時も親のそばから離れな...

子どもを安全に帰宅させるには?

いくら注意しているとはいっても、やはり暗い道を子どもだけで帰らせるのは心配ですよね。子どもを安全に帰宅させるためには、親にもぜひチェックしておいてもらいたいポイントがあります。ぜひ、子どもと一緒にチェックしてみて下さい。

同じ時間帯に親が帰り道をチェック

子どもが帰ってくる時間帯に、一緒に帰り道を歩いてみましょう。どのくらい暗いのか?車の交通量はどのくらいか?人通りは多いのか?万が一の時に駆け込めるお店や交番はあるのか?子どもの足でどのくらいの時間がかかるのか?チェックしておくことが必要です。今使っている道が危ないと感じたら違うルートを探すようにしましょう。

街灯のある場所、人通りの多い場所を選ぶ

同じ時間帯でも、場所によっては全く街灯がないところ、街灯が多くついていて比較的明るいところがあります。少し遠回りになったとしても、できるだけ街灯があり人通りの多い道を帰路として選択するようにしましょう。街灯が全くない場所を通って帰ってきている場合は、帰路の変更をしましょう。このように、同じ時間帯に親が通ってみないと分からないことも結構あるのです。

暗くなる前に帰るように約束させる

塾や習い事は帰る時間が決まっていますが、学童の帰りや習い事に向かう場合は、明るいうちに帰宅するように約束させましょう。夏と冬では暗くなる時間が変わってくるので、時間で決めるのではなく「暗くなる前」というのがポイントです。どうしても、遅くなってしまう場合や子どもだけでは危ないと判断した場合は、親が迎えに行くことも検討してみて下さい。

おわりに

暗い中、子どもだけで帰るのは危険なことがたくさん潜んでいます。暗くなる前に帰るというのが一番ですが、塾や習い事で無理な場合は親が迎えに行くことも時には必要です。そして、子どもだけで帰らせる場合は注意しなければいけないコトをしっかりと守らせるようにしましょう。

ピックアップ

子どもには何を習わせる?幼児期に人気の習い事TOP3
幼児期の子どもの成長や物事の吸収力は、計り知れません。無限の可能性を秘めた子どもには、多くの経験をさせたいと思うのが親心です。そのため、子どもの成長や将来につながるような習い事をさせたいですよね。 しかし、今は身近にある習い事が多すぎて悩んでしまいます。そこで今回は、今人気の習い事とその効果や...
英会話にスイミング!3歳に始めたい4つの習い事
幼児期は、身体的にも脳の発育の面でも、大きく成長するとても大切な時期です。この時期に学ぶことは、その後の人生にも大きな影響を与えることになります。 幼児教育に力を入れておられる方も多いですが特に、子どもが「3歳」になると、習い事を始めさせる人が多いようです。しかし、どんな習い事をさせた...

https://tamagoo.jp/lifestyle/parents-their-children-attendance-knowledge/

たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
塾や学童帰りは真っ暗!暗い帰り道で子どもが注意しなくてはいけないコト
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る