抱っこから布団に寝かせたときに「背中スイッチ」を発動させない方法

スポンサーリンク

抱っこされている赤ちゃん
いよいよ、待望の赤ちゃんとの生活が始まりました。抱っこしているとスヤスヤ眠る赤ちゃん。それを見ているのは幸せの極みですね。ところが、抱っこから下ろすと泣き始めて困ったことはありませんか?そんなときに役立つのが、「背中スイッチ」をオフにすることです。では、「背中スイッチ」を発動させないためにはどうしたらよいのでしょう。今回は、「背中スイッチ」対策に有効な商品についてご説明します。

寝かしつけのポイントは「背中スイッチ」

赤ちゃんの背中にある「背中スイッチ」といわれるものをご存じですか。抱っこでは気持ちよさそうに寝てくれるのに、なかなか布団では寝てくれない。こんな悩みを抱えているママさんは多いのではないでしょうか。その秘密は、背中にあったのです。

抱っこをしないと寝ない赤ちゃん

赤ちゃんは、ママに抱っこしてもらっているときが一番落ち着きます。安心して寝てくれたと思い、布団に下ろすと「ギャー」と泣き始め、逆戻り・・・。そんな毎日を繰り返すことで、ストレスがたまっていくという経験をされているママさんが大変多くいます。では一体、どうしたら赤ちゃんが布団でぐっすりと寝てくれるのでしょうか。

超敏感な「背中スイッチ」とは?

赤ちゃんの背中には、本当にスイッチがついているかのように敏感に反応するポイントがあります。抱っこで寝かせた赤ちゃんが、布団やベッドに背中をつけた瞬間に反応して泣く状態をいいます。腕の中では、スヤスヤ眠ってくれていたのに布団に寝かせたら大泣きするので、寝かしつけに苦労してしまいます。そして、多くのママたちが原因や対策を試行錯誤しています。

「背中スイッチ」はなぜ発動するのか

ママたちが恐れている「背中スイッチ」を発動させないためにはどうしたらよいのでしょう。この「背中スイッチ」に悩めるママさんは多いとききます。赤ちゃんは、ママに抱っこされることでぬくもりと安らぎを感じています。ぬくもりを感じることで安心感を得ているのですが、抱っこから下ろすときに温度差を感じてしまうため、赤ちゃんが目を覚ましてしまうことがあります。赤ちゃんは、背中の温度差に非常に敏感です。添い寝をすることが有効的ですが、忙しいママはずっと添い寝できるわけではありません。そのため、「背中スイッチ」を発動させない工夫を考えなければいけません。

合わせて読みたい

【特集】赤ちゃんの夜泣きを止める四つの安眠グッズ
【特集】赤ちゃんの夜泣きを止める四つの安眠グッズ
お母さんはみんな赤ちゃんの健康な成長を願っています。そのためには睡眠がかかせないということがわかっているだけに、赤ちゃんが夜泣きをして、...
ワンコに囲まれながら自由気ままな生活を送っています♪

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
抱っこから布団に寝かせたときに「背中スイッチ」を発動させない方法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る