夫への愛情が激減!?産後クライシスのなぞと克服方法とは

良ければシェアをお願いします。

夫婦喧嘩

産後クライシスという言葉をお聞きになったことがあるでしょうか。もともとは2012年9月にNHKのテレビ番組「あさイチ」の中で取り上げられ、反響をよんだ現象です。

その意味は出産後に夫婦の関係が悪化し、結婚関係が危機に陥ることを指します。以下では産後クライシスの現状と原因をまず分析し、その問題を克服する方法についてご説明します。

スポンサーリンク

産後クライシスの現状

出産後に夫婦関係が大きく変化することははっきりとした事実データとして、アカデミックな世界でも認められてきました。厚生労働省の「母子家庭になった時の末子の年齢状況」に関する調査によると、子供が0〜2歳の時に母子家庭になったケースが全体の34.2%、3〜5歳のときに母子家庭になった人は全体の20.4%で、半数以上の母子家庭は子供が5歳までの時期に生まれたという事実を示しています。

ベネッセ次世代育成研究所の調査でも明らかに

ベネッセ次世代育成研究所が行った調査でも同様の事実が証明されており、妊娠期に配偶者の愛を実感すると述べていた74.3%の夫婦は子供が生まれると、男性で63.9%、女性で45.5%に減少します。

男性と女性の意識の違いが顕著であることがおわかりいただけると思います。子供の成長と共にこの傾向はますます明らかになり、子供が1歳児になるとわずか36.8%、子供が2歳児になると34%の女性のみが配偶者への愛を実感すると答えています。特に産後2年間がまさに「産後クライシス」ということができます

合わせて読みたい

産後うつとは?症状・原因・治療法まで徹底解説
産後うつとは、その名の通り産後に起こるうつ症状のことです。出産後は妊娠中に変化していたホルモンバランスが正常に戻りつつある状態で、気持ちも不安定になりがちです。その時に誘発されるうつ病の一種で、出産女性の10~15%が経験すると言われています。 出産後は赤ちゃん中心の生活になるためママの身体や...

産後クライシスの原因

夫に怒る妻

夫婦の生活面・意識面での違い

女性は子供が生まれることによって、子供の世話にかかりっきりになります。24時間、赤ちゃんにミルクをあげたり、おむつを取り替えたり、育児に翻弄されることになります。その上、他の家事もあり、特に初めての子供であれば、こうした事態に直面して戸惑い、疲れきってしまいます。

それに対して、夫は子供が生まれる前と変わらない生活を送り続けるのが普通です。朝起きて仕事に行き、夜遅く帰ってきてすることと言えば、子供を見て「かわいい、かわいい」と連呼するだけであれば、妻はそうした夫を見て「家事も育児もなにもやってくれない」と失望を感じ、愛情を失ってしまうのもごく自然なことかもしれません。

妻のホルモンバランスの変化

妊娠中はプロゲステロンなどのホルモンの分泌量が増加しますが、出産後、それらが元にもどり、一気に減少します。それにより、ホルモンバランスが乱れ、精神安定の働きをもたらすセロトニンの分泌が悪くなることで、情緒不安定になったり、イライラしやすくなったりします。

夫の立場からすれば、それまで妻の愛情の対象が自分1人だけだったのに、妻が子供にかかりっきりになることにより不満を感じます。それにもかかわらず、口に出して表現することをしないため、妻はただそれを「冷たい」「非協力的」と感じ、コミュニケーションを取らなければお互いの距離はますます離れていってしまうことになります。

合わせて読みたい

覚えておきたい!赤ちゃんが誤飲した時の4つの対処法
毎日すくすくと大きくなる赤ちゃん。お母さんにとって嬉しいことですが、同時に不安も増えていきます。その理由の1つは赤ちゃんの行動範囲が広がることです。 生まれたばかりの頃は寝てばかりいた赤ちゃんがハイハイをしたり、つかまり立ちができるようになったりすると、目につくもの、手にするものをすべて口に入...

産後クライシスを克服するには

夫に感謝する妻

お互いしてほしいことをはっきりと言う

もっとも重要なポイントはコミュニケーションです。はっきり表現する、といっても相手の気持ちを考慮せずにズバッと言えば良いというわけではなく、相手の立場も配慮しながら、穏やかに伝えるようにします。女性は「体調も感情も辛いから、夫に察して欲しい」と思うかもしれませんが、男性はそうした感情に疎いことが多いため、言ってもらわないと分からないという人が多いようです。

感謝の気持ちを伝える

ただ無言で夫の関心を期待して裏切られ、腹を立てるよりも、建設的な方法はまず夫を褒めることによって、夫の自分に対する関心を引き出すということです。夫が家事を手伝ってくれたり、料理をしてくれたりしたときには目ざとく褒めてあげましょう。

女性はついつい夫ができていないところに目が向いてしまい、「どうしてこうしてくれないの?」「なぜここに気づいてくれないの?」と不満を感じるかもしれませんが、それを夫にぶつけてしまうと、「やっても、やらなくても同じ」とがっかりしてやる気を失ってしまいます。

自分に対して完璧を求めない

特に最初の子供を産んだお母さんは、育児も家事も夫に対しても100点満点を求めてしまう傾向がありますが、それだとどれも失敗し、自分を責めてしまうことになります。強い責任感を持って取り組むことも大事ですが、育児を夫婦で楽しもうという気持ちを持って、焦らず取り組みましょう。

おわりに

上に挙げた3つの方法を試してもなかなか改善されなければ、実家を頼ることも最後の手段です。産後クライシスはあって当然で、この危機こそが夫婦の関係をさらに強めます。産後クライシスの時期に自分の気持ちを抑えて離婚になる前に、具体的な解決方法でこの問題に取り組み、夫婦で力を合わせて、この危機を乗り切りましょう。

ピックアップ

【レシピ付き】赤ちゃんが喜ぶ美味しい離乳食メニュー
離乳食は、赤ちゃんの食事をミルクから、私たちが普段口にしているような一般的な食べ物へと切り替えるための、いわば「つなぎ」の役割を果たす食事です。赤ちゃんごとに差はありますが、大体生後5ヶ月辺りから離乳食を与える期間(離乳期)に入り、1歳半くらいまでには完了するといわれています。 しかし、ひとく...
赤ちゃんのしつけはいつからする?ママさんのお悩みを解決!
赤ちゃんには何を話しても分からないから、しつけをするのは1歳を過ぎたあたりから・・と考えてはいないでしょうか。しかし、しつけを始める時期は早ければ早いほど良いと言えます。といっても、0歳の赤ちゃんに食べ方を厳しくしつけたり、言葉できつく言ったりしても効果はありません。この時期に大切な事は、後に繋...
子供の歯並びに影響?おしゃぶりを使うメリット・デメリット
赤ちゃんの精神安定剤とも言うべきおしゃぶりですが、使い過ぎると歯並びにも影響するなどデメリットもあると言われます。また、世代によっても意見が異なり、同年代のお母さんたちはおしゃぶりを使うことに賛成でも、一世代前の方の中には使うべきでないという意見もあります。重要なポイントは、周りの意見に振り回さ...
22歳。B型。既婚。
現在妊娠9ヶ月。妊娠中の食欲が増す、太りやすくなるを完全になめきっていたため、妊娠前とくらべて20kg近く体重が増加しました。
妊娠の経験を活かし、妊娠中の注意点、妊娠中に必要な基礎知識の記事を担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
夫への愛情が激減!?産後クライシスのなぞと克服方法とは
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る