登校&帰宅時は要注意!雨の日に事故が多い理由と対処法

傘などの雨具選びにもコツがあります!

横断歩道
雨具はどのように選びましたか?デザインや色にこだわりがあるかもしれませんが、安全かどうかも判断基準に入れてください。車やバイクの運転手から、発見しやすい雨具を上手に取り入れることで事故が防げるかもしれませんよ。

ドライバーから見えやすい雨具の色

ドライバーから見えやすい色は「黄色」や「オレンジ」、「明るい色」、「暖色系」だと言われています。逆に、「濃い寒色系」は見つけづらいそうです。男の子で、青系の傘が持ちたい場合は紺色などではなく、水色などの明るい色を選ぶようにしましょう。また、透明の傘はドライバーから見づらいため、避けた方が良さそうです。

使っている傘のサイズは最適ですか?

身長に対して大きすぎる傘を持っていると、風にあおられたときなどが危険です。また、視界を遮ってしまう原因にもなります。子どもが使いやすい大きさの傘は、身長が基準になります。小学1年生の平均身長が大体120cmですが、その場合の適切な傘の長さは50cm程度になります。子どもの身長に合った傘を選んであげましょう。

反射板などもつけておくと安心です

雨具の色を工夫するだけではなく、ランドセルなどに反射板をつけておくとドライバーの目につきやすくなります。シールタイプのものや、キーホルダーになっているものなど、さまざまな種類がありますが、どこがドライバーの気が付きやすい場所かを考えてつけておきましょう。反射板のキーホルダーが入学式などで配られる場合もあります。

おわりに

雨の日の事故の大きな原因は「視界不良」であると言えます。まだ小さな低学年の子どもは、なおさらドライバーからは見えづらいと思います。子どもには、傘の使い方や雨の日の歩き方をしっかり確認しておきましょう。また、親御さんは子どもがドライバーから見やすくなるような雨具を用意するなどの工夫をしてあげることで、事故を未然に防ぐことができるかもしれません。

ピックアップ

屋外で子どもが事故に遭わないための予防策!
屋外で子どもが事故に遭わないための予防策!
子どもが歩けるようになってくると、屋外で遊ばせていると少し目を離した際にすぐにどこかに行ってしまいます。 事故は起こってしまってからで...

https://tamagoo.jp/childcare/outing-on-bicycle-one-child/

大人の傘となにが違うの?いつから使える?子ども傘のサイズを選ぶポイント
大人の傘となにが違うの?いつから使える?子ども傘のサイズを選ぶポイント
子ども傘売り場をのぞくと、対象年齢が2歳からとなっている傘もたくさん売られています。そのため2歳頃になると子ども傘の購入を検討される...
独身時代はIT系企業勤務。現在はフリーランスのデザイナーである夫のお手伝いでWEBサイトの制作やライティングをしています。 小学生の女の子二人のお母さんでしたが、次女の小学校受験終了後に気が抜けたのか、予想外の妊娠。令和になってすぐに三女を出産しました。 久しぶりの赤ちゃんに癒される毎日です。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

コメント
購読はいいねが便利です!
登校&帰宅時は要注意!雨の日に事故が多い理由と対処法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る