登校&帰宅時は要注意!雨の日に事故が多い理由と対処法

傘をさす男の子

子どもだけの登下校時、雨の日は特に事故が多いと言います。なぜ、雨の日には事故が増えるのでしょうか?原因を探り、事故に巻き込まれないようにするための対策をしっかり考えましょう。そうすることで、子どもたちへ雨の日の歩き方を教えることができます。また、使用している雨具が子どもにとって適切かどうかも見直してみましょう。

歩行者もドライバーも視界が悪い!

交通事故のイメージ
雨の日の事故が多い原因の一つは、やはり視界の悪さにあります。大人でも周りが見づらいのに、子どもは大きなランドセルを背負い、慣れない傘をさしているのですから、なおさら見えていません。また、自動車やバイクも視界不良の中、運転をしています。歩行者とドライバー、お互いに注意をしながら進む必要があります。

慣れない傘で、視界が遮られているかも

特に1年生などは傘を使い慣れていないため、視界を覆うように傘をさしている場合があります。ご家庭で傘のさし方を練習しておくと良いかもしれません。また、風の強い日や、力が弱くて傘を支えられない子は、傘ではなく、雨がっぱを利用する手段もあります。しかし、雨がっぱもフードが目を覆う場合がありますので、サイズなどをしっかりチェックしましょう。

荷物が重くて、下を見て歩いている子も

これも1年生に多いかもしれませんが、ランドセルが重たくて腰が曲がった状態で傘をさしている子どもがいます。ランドセルの他にも、バッグや鍵盤ハーモニカなどを持って荷物が増えると、なおさら前を見て歩くことが難しくなります。なるべく背中を伸ばして、前を見て歩くことを心がけましょう。力が弱くて難しい場合は、行きも一緒に行ったりお迎えに行ったりするのが安心ではないでしょうか。

道を横断するときには、傘を持ち上げて!

横断歩道を渡るときなど、車が来ていないか左右を確認する際には、傘を少し持ち上げてしっかり見るようにしましょう。傘を持ち上げずにそのまま確認すると、視界が遮られたままになっているので、近づいてきている車に気が付かないかもしれません。ちょっとしたことですが、大切なことなので子どもにしっかり教えておきましょう。

合わせて読みたい

子どもを犯罪から守るための防犯対策を伝授!
子どもを犯罪から守るための防犯対策を伝授!
子どもが1人で出歩くようになる小学校ぐらいになると、心配になるのが子どもへの犯罪です。昨今、子どもへの犯罪は増えつつあり、ニュースでも悲...

雨の日はテンションが上がりがち?

登下校
低学年の小さな子の中には、雨の日にはしゃいでしまう子がいるかもしれません。たまにしか使わない傘や、長靴に気持ちが高ぶってしまうのは分かりますが、登下校時にはしゃぎすぎると事故につながってしまうかもしれません。

水たまりで遊んでいる子はいませんか?

道の真ん中の水たまりでチャプチャプ遊んでいる子は、周りが見えていません。車が来ていても気が付かないこともあります。水たまりから横に避けるときにも、車や自転車などが来ていないか確認するようにしましょう。水たまりが気になっても、しっかり周囲に気を付けてまっすぐ帰宅(登校)するように、伝えておくことも大切です。

お友だちとふざけながら歩いていると危険!

ふざけ合いながら歩くことはもちろん、横に広がって歩くことも危険です。自分たちの遊びに気をとられて、危険が近づいていることに気づけない場合や、道をふさぐように歩くことになってしまう可能性もあります。雨の日はいつも以上に車などの接近に気が付きづらくなります。なるべく1列になり、道の端を歩くように言いましょう。

雨の日こそ慎重な行動が必要です

雨の日にテンションが上がってしまう子には、ふざけたり遊んだりしていると危険だということをしっかり教えておく必要があります。また、車は急には止まれないこと、雨の日にはドライバーも前が見えにくいことも伝えておきましょう。雨のときは、晴れの日以上に注意をしながら登下校しなくてはいけません。傘をしっかり持って、周囲に気を付けながら慎重に歩けるようにしておきましょう。

合わせて読みたい

塾や学童帰りは真っ暗!暗い帰り道で子どもが注意しなくてはいけないこと
塾や学童帰りは真っ暗!暗い帰り道で子どもが注意しなくてはいけないこと
秋になり冬に入ると、日が暮れ学童から帰る頃には真っ暗です。そうでなくても、塾帰りは暗くなっていることがほとんどではないでしょうか。そんな...
独身時代はIT系企業勤務。現在はフリーランスのデザイナーである夫のお手伝いでWEBサイトの制作やライティングをしています。 小学生の女の子二人のお母さんでしたが、次女の小学校受験終了後に気が抜けたのか、予想外の妊娠。令和になってすぐに三女を出産しました。 久しぶりの赤ちゃんに癒される毎日です。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

コメント
購読はいいねが便利です!
登校&帰宅時は要注意!雨の日に事故が多い理由と対処法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る