【調査】あなたはマタニティマークをつける?つけない?

良ければシェアをお願いします。

マタニティマーク

■ たまGoo!編集部が聞く!出産経験者100人の声

今回のテーマは「マタニティマークを付けていたことで遭遇したトラブル」について。昨今、電車やバスなど公共の場でマタニティマークをつけていたばっかりに妊婦さんがトラブルに巻き込まれてしまった!なんてことを聞いたことはありませんか?出産経験のある女性100人にアンケートをとってみました。早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

Q. 妊娠中にマタニティマークをつけていたことで、トラブルに遭遇しましたか?

遭った・遭ってない

「人が集まるような場所にはなるべく行かないようにしていたせいでしょうか、トラブルには遭遇しませんでした。」(38才 / パート / 静岡)

「マタニティーマークを付けていてトラブルには遭ってません。逆に、電車で席を譲っていただいたことはあります。」(44才 / 会社員 / 大阪)

「マタニティマークはつけていましたが、何か陰口を叩かれたり嫌がらせを受けたことはありません。むしろ、中年や高齢の女性から「何か月なの?」等と優しく話しかけられることが多くありました。」(20才 / 会社員 / 北海道)

遭ってない方の割合が多いようで、一安心ですね。迷惑にならないよう、あえて電車やバスには乗らないようにする方もいらっしゃいました。また多くはマタニティマークをつけていたことで、周囲から優しく話しかけられたりと、メリットが多かったように感じられます。

しかし、残念なことに中にはトラブルに見舞われた方もいらっしゃるようです。次で詳しい回答を見ていきます。

Q. 妊娠中にマタニティマークをつけていたことで、遭遇したトラブルは何ですか?

トラブルアンケート01


1位『陰口を言われた』・・・56%
2位『押された』・・・7%
3位『足を引っ掛けられた』・・・5%
4位『蹴られた』・・・2%
– 位 その他・・・30%

トラブルに遭遇されている方の事例は、目も当てられないような出来事ばかりです。妊娠中という意思表示をすることで、危険が及んでしまうなんて・・・妊婦さんは思いもしないはずです。着けている方は、いざという時のためや、お腹の赤ちゃんを守るために着けている方がほとんどだと思いますが、なかには、不妊治療をしていて妊娠できない時に、マタニティマークを見ると落ち込んでいたことから、自分が妊娠してもマタニティマークは着けなかったと答えた方もいらっしゃいました。「その他」と答えられた方の多くは、マタニティマークを知らなかった方や、マタニティマークがなかったと答えられる方が多く見受けられました。

1位『陰口を言われた』・・・56%

「マタニティマークを付けてシルバーシートに座っていたら陰口を言われたことがあります。」(34才 / パート / 神奈川)

「なぜか電車内で陰口を言われることが多かったです。」(45才 / 会社員 / 神奈川)

「妊婦だから偉そうにしているという陰口を言われたことがある。」(31才 / 専業主婦または専業主夫 / 千葉)

2位『押された』・・・7%

「電車にのっていたら邪魔だといわれて押されてとても危なかった」(40才 / 派遣社員 / 千葉)

「1人目を妊娠中はまだ働いていたのですが、電車で押されたり、優先席の目の前のカップルがたぬき寝入りを始めたり、エレベーターのかけこみのおばちゃん軍団に突撃されたり、散々な目に遭いました!」(41才 / 専業主婦または専業主夫 / 埼玉)

「妊娠中は行動が緩慢になるので、背後からわざと押されたことがあった。」(33才 / その他職業 / 東京)

3位『足を引っ掛けられた』・・・5%

「たまたまだとは思いますが、電車に座っていて最寄り駅についたのでドアの方へ行こうとしたときに足を引っかけられました。」(36才 / 専業主婦 / 宮城県)

– 位 その他・・・30%

「電車内の優先席でも譲ってもらえないことが多くあり、体調が悪くなった時などは少し辛かった」(35才 / 専業主婦または専業主夫 / 宮城)

「当時マタニティマークを知らなかった」(47才 / 専業主婦または専業主夫 / 北海道)

「マタニティマークがそれほど浸透しておらず、優先席に座ったら、嫌な顔をされた。」(30才 / 会社員 / 秋田)

迷惑

100人中、半数以上の方はトラブルに遭遇されていないという回答でしたが、マタニティマークの誤った認識や、社会的な信頼性がまだまだ低く、一部では心ない一言やトラブルが起きてしまっているのが実情のようです。妊婦さんを守るはずのマタニティマークが逆にトラブルを引き起こしてしまうなんてことは絶対にあってはなりません。ひとりひとりが正しい知識を持ち、妊婦さんが安心して電車やバスの公共交通機関を利用できる世の中にしていきましょう。

(文/たまGoo!編集部・みみちゃん

調査概要

調査方法 インターネットを用いたアンケート調査
調査対象 全国20代~40代・出産経験のある女性100名
調査期間 2015年09月09日~2015年09月15日
28歳。AB型。主婦。
主婦歴2年目に突入。最近実家に旦那と引っ越して、妊娠と出産に向けて本腰をいれて貯金と妊活を開始。妊娠するうえで大切な基礎体温から妊婦生活を送る上で気をつけるべきことなど、「生活」に関する記事の執筆を主に担当。
購読はいいねが便利です!
【調査】あなたはマタニティマークをつける?つけない?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠中のトラブルはありましたか?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

妊娠中のトラブルの悩みについて・・・あわせて読みたい

つわり中のげっぷが苦しい!原因の究明と上手な出し方
妊娠中におけるつわりの症状は個人差も大きく千差万別ですが、なかにはげっぷが頻繁に出るようになって悩まされている人も少なくないようです。げっぷはつわりの症状のひとつとして考えられており、特に妊娠初期に多い症状といわれていますが、これに対処する方法はあるのでしょうか。 ここでは、つわり中にげっぷが...
マタニティーブルーなんて言わせない!妊娠中のうつ病の原因と対策
多くの場合、妊娠がわかると、喜びとともに、不安も感じるようです。「マタニティーブルー」は、その不安要素の1つでしょう。しかし、正しい知識があれば、恐れる必要はありません。今回は、妊娠中のマタニティーブルーとは何か、その原因と対策をご紹介します。 マタニティーブルーとは? マタニティー...
風邪の症状と似ている妊娠超初期症状を和らげる4つのコツ
初めての妊娠では戸惑うことがいっぱいですが、その中でも紛らわしいものの1つが「妊娠超初期症状」です。風邪や体調不良と間違うことが多く、もし知らずに薬を飲んでしまうと赤ちゃんへの影響が心配になります。以下では、この妊娠超初期症状とはそもそも何か、その症状を和らげるための4つのコツについてご説明しま...
大きいお腹が原因!妊娠中の体型変化でおこる4つの困ったこと
妊娠中には、経験してみなければわからないことがたくさんあります。しかし、情報を得ておけば、事前に良い心構え、準備ができます。妊娠で大変なのは、つわりだけではありません。お腹が大きくなるにつれ、困ることも増えていきます。 今回は、妊娠中の体型の変化とともに起こる4つの困ったことと、対処法をまとめ...
【調査】妊娠中の夫婦間のトラブルとは?奥さんの本音を調査!
■ たまGoo!編集部が聞く!出産経験者100人の声 今回は、妊娠・出産経験をした女性100人に、妊娠中の旦那さんとのトラブルについて聞いてみました。全く喧嘩をしない夫婦の方が少ないとは思いますが、妊娠中となると、やはり奥さんとしては気遣ってほしいと願うものですよね。そのことから、トラブル...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る