良ければシェアをお願いします。

マタニティマークの配布はいつから?どこでもらえるの?

マタニティマークと母子手帳

妊娠・出産はひとつの命を生み出す大切な過程です。赤ちゃんをお腹の中で育てるお母さんの体は短期間で急激に変化するため、体調不良を抱えている場合も少なくありません。そのような妊婦の方の手助けとなるアイテムがマタニティマークです。今回は、このマタニティーマークについて、配布場所やつけるタイミングをご紹介します。

スポンサーリンク

マタニティマークとは

マタニティマークキーホルダー

マタニティマークとは、妊婦の安全性と快適さの確保を目的として、厚生労働省により次のように定義されています。

  • 妊産婦が交通機関等を利用する際に身につけ、周囲が妊産婦への配慮を示しやすくするもの。
  • その他 さらに、交通機関、職場、飲食店、その他の公共機関等が、その取組や呼びかけ文を付してポスターなどとして掲示し、妊産婦にやさしい環境づくりを推進するもの。

出典:厚生労働省「マタニティマークについて

妊娠初期は赤ちゃんやお母さんの健康にとって非常に重要な時期ですが、同時につわりなどといった体調不良が重く現れる時期でもあります。しかし、見た目では妊娠していると判断されにくく、公共交通機関の中で席を譲ってもらいにくかったり、たばこの煙への配慮がなされなかったりする場合が多いという問題があります。

このような問題を解消するため、妊産婦にも配慮した環境作りの一環として、厚生労働省がこの”マタニティマーク”の携帯を推奨しています。

合わせて読みたい

つけると危険?マタニティマークをつける本当の理由とは
妊娠がわかり、母子手帳をもらいに行くと多くの自治体でもらうことができるマタニティマーク。あなたは、このマークを「席などを譲ってほしい」という意味だと思ってはいませんか? マタニティマークは本来、「譲られる」目的では作られていません。電車やバスなどで見かける機会も多くなり、認知度が上がってきてい...

妊娠中や幼い子どもを持つ母親は外出で困ることが多い

歩きタバコ禁止マーク

アンケート調査によれば、妊娠中や幼い子どもを持ったお母さんたちが外出中に困ることとして、「階段の上り下り」、「バスや電車内で席を譲ってもらえない」「歩きたばこ・たばこの煙」という点が挙げられています。また、外出先で手助けされてうれしかったこととしても、「バスや電車で席を譲ってくれた」ことが1位に挙げられているなど、お母さんたちにとっては重要なポイントであるようです。

妊婦は出かけるな、なんて声も

このような話題になると、「そのような場所には出かけなければよい」という意見を言う方もいます。しかし、検診など必ず出かけなければならない場合があり、また、適度に外出して体を動かすことも妊娠中には推奨されます。それを「出かけなければよい」で片づけてしまうことは乱暴に過ぎるでしょう。

そこで、妊婦の方がバッグなどに付けて、自分が妊婦であることを周囲に見えるようにするマーク・マタニティマークが、国民運動計画「健やか親子21」推進検討会から発表されました。これは同時に、公共の場で妊婦に優しい環境づくりを啓発する際に自由に使用することのできるマークでもあります。

29歳。A型。既婚。 2014年に入籍、現在は共働きの妻と共に妊活中。夫婦で一緒に取り組む「妊活」を広めるため、男性に知っておいてほしい妊活をはじめとした妊娠・出産に関する記事の執筆を主に担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
マタニティマークの配布はいつから?どこでもらえるの?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠初期(~4カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る