妊娠中でもヒールを履きたい!何センチがベスト?

妊娠中のハイヒール
ヒールを履くと背が高くなったり、スタイルがよく見えたりとさまざまなメリットがあるため、愛用している方も多いと思います。たとえ、妊娠中でもおしゃれをしたいという気持ちはもちろんあるかと思いますが、おなかが大きな状態でヒールを履くのは不安もあるでしょう。今回は、妊娠中にヒールを履くことの危険性や何センチまでならOKかなどについて、詳しくまとめてみました。

妊娠中にヒールを履く危険性とは?

足の疲れ
一般的に、妊娠中にヒールを履くのは危ないという認識があります。では具体的にどういった点が危ないのでしょうか?それにはさまざまな理由がありますが、ここでは主なものをまとめていきましょう。ヒールを履くかどうか考えている方はぜひ参考にしてくださいね。

不安定なのでいつもよりも転びやすい

ヒールを履くとかかとが上がった状態になり、普段よりも不安定になりやすいので転んでしまう危険性があります。転んだり、けがをしたりするリスクがあるのはもちろんのこと、おなかに衝撃があると、赤ちゃんにも被害がある恐れがあります。ただでさえ妊娠中は、いつもよりも体調が急に悪くなりやすく不安定なため、転びやすい高いヒールは避け、低めのヒールにしておいた方がいいでしょう。

足に負担がかかりむくみやすくなる

ヒールを履いた状態は血液やリンパがたまりやすく、むくみやすいのが特徴です。よくヒールを履きながら仕事をしている女性は、むくみに悩まされていますよね。妊娠中は、自分の体重に加えて赤ちゃんの重さも足にかかっているため、普段よりもむくみやすい状態となっています。筋肉を動かせばむくみも解消できますが、妊婦さんの場合は思うように動けないことも多いでしょうから、一度むくむと後が大変になってしまう可能性が高まります。

災害や急用などの緊急時に素早く動けない

動きやすいスニーカーに比べてヒールは歩きにくかったり、走りにくかったりする場合がほとんどです。ヒールを履いているときは、いつもと歩き方が少し異なるという方も多いのではないでしょうか?そういった側面があるため、ヒールを履いているときに地震や火事などの災害が起こったり、急に体調が悪くなったりしたときに、素早く動けず危険になってしまいます。自分だけでなく、赤ちゃんも守らなくてはいけませんから、動きづらいというのは大きなデメリットになるでしょう。

合わせて読みたい

妊娠中も産後もおしゃれに着られる!マタニティサロペットの選び方
妊娠中も産後もおしゃれに着られる!マタニティサロペットの選び方
サロペットは、産前産後のママにもおすすめのファッションアイテムです。さっと着るだけでコーディネートが完成。おなか周りもラクで動きやすく、...

妊娠中に履くヒールの高さは何センチがベスト?

フラットシューズ
多少のリスクがあるとはいえ、お出掛けや結婚式などヒールを履いていくことが多いシチュエーションのときは、ヒールを履きたいと思うこともあるでしょう。そこで、妊婦さんがヒールを履くときには、何センチがベストなのかご紹介しましょう。

ヒールは高すぎない3センチ以内がベスト

ヒールには転びやすい、走りにくいといった面があります。そのため、ヒールを履くなら、高すぎるものは選ばないというのが大原則でしょう。ただし、3センチほどのヒールであれば安定感があるため、どうしても履きたい場合はこのくらいの高さのものを選ぶといいでしょう。ただし、高すぎないとはいえいつもより不安定であることは自覚し、細心の注意を払う必要があります。

おなかが大きくなってきたらヒールは避ける

イギリスのメーガン妃は、妊娠後期でも15センチほどのヒールを履いていて話題になりました。しかし、おなかが随分と大きくなる妊娠後期には、ヒールは避けた方が良いでしょう。妊娠初期に履けていたとしても、出産が近づくにつれて体の状態が大きく異なり、事情が変わってくるため、母子ともに安全に過ごすためにもスニーカーなどフラットで動きやすい靴で移動するのがおすすめです。

ヒールに慣れていない人は履かない

ヒールは歩きにくいし、足が痛くなりやすいから前からあまり履いていなかったという方は、妊娠中から履き出すのはおすすめできません。ヒールの履き心地はスニーカーやサンダルなど他の靴と異なるため、慣れるのに時間がかかります。ヒールに慣れていない中で歩くと、転ぶリスクも高くなるため、妊娠中に履くのは避けた方が賢明です。

合わせて読みたい

夫婦でウォーキング!妊娠中も旦那さんと仲良しペアウォーキングデート!
夫婦でウォーキング!妊娠中も旦那さんと仲良しペアウォーキングデート!
妊娠中はおなかのことを気にするあまり、運動をおろそかにしてしまいがち…なんて方も多いのではないでしょうか?しかし、ウォーキングであれば気...
福祉系大学で心理学を専攻。卒業後は、カウンセリングセンターにてメンタルヘルス対策講座の講師や個人カウンセリングに従事。その後、活躍の場を精神科病院やメンタルクリニックに移し、うつ病や統合失調症、発達障害などの患者さんやその家族に対するカウンセリングやソーシャルワーカーとして、彼らの心理的・社会的問題などの相談や支援に力を入れる。現在は、メンタルヘルス系の記事を主に執筆するライターとして活動中。《精神保健福祉士・社会福祉士》

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

コメント
購読はいいねが便利です!
妊娠中でもヒールを履きたい!何センチがベスト?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠初期(~4カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る