臨月だけど外出しても大丈夫?携帯するべきものは?

良ければシェアをお願いします。

親子で外出

は、出産への不安から引きこもりがちになりますが、普段と変わらず出かけましょう。むしろ、気にしすぎることで予定日を過ぎてしまうことがあります。ママは、自然に元気に過ごし、ストレスを溜めないことが一番です。

しかし、無理な遠出や激しい運動は危ないのでやめましょう。ここでは、臨月に外出するときの注意点や必需品について紹介します。

スポンサーリンク

臨月の基礎知識と理想の過ごし方

臨月になると、いつ陣痛が起きてもおかしくありません。しかし、出産のためには適度な運動やリラックスすることがとても大切です。臨月のときの母体と赤ちゃんはどんな状況なのでしょうか。またそれを踏まえたうえで理想の過ごし方を考えましょう。

臨月時の母体と赤ちゃんの状態とは

臨月とは、妊娠10ヵ月、36週~39週頃のことを指します。37週を過ぎるといつ出産しても問題のない正期産になります。

赤ちゃんの体は大きく育ち、ママのお腹も大きくなっているため、動くことが億劫になってしまう人も少なくありません。また、出産に向けて子宮が下がってくるため、妊娠後期つわりを起こす人もいます。体調には十分気を付けなければならない時期です。

臨月時の外出はどこまでならいいの?

臨月時の外出は、基本的には問題がないと言われています。理由としては、ママの気持ちをリフレッシュさせることや軽い運動が安産につながると言われているからです。しかし、それは健康に全く問題がない場合です。お腹の張りや痛みを感じるときは、ゆっくり過ごすようにしましょう。また、運動制限などをされている場合は、医師と相談して外出の範囲は決めましょう。

臨月になったときの理想の過ごし方とは

臨月になると、赤ちゃんとの対面に心を躍らせる人がほとんどです。なかには、子宮が下がることで胃に負担がかかり、つわりのような症状が出る人もいます。しかし、どのママにも共通していえることは、自分の時間を持ち、大切に過ごすことです。赤ちゃんが生まれると行きたいところに行けなかったり自分の時間が制限されたりしてしまいます。そのため、ママの気持ちを楽にするような過ごし方をしましょう。

合わせて読みたい

大きいお腹が原因!妊娠中の体型変化でおこる4つの困ったこと
妊娠中には、経験してみなければわからないことがたくさんあります。しかし、情報を得ておけば、事前に良い心構え、準備ができます。妊娠で大変なのは、つわりだけではありません。お腹が大きくなるにつれ、困ることも増えていきます。 今回は、妊娠中の体型の変化とともに起こる4つの困ったことと、対処法をまとめ...

臨月の外出に適した移動手段とは

行先や交通機関などはさまざまです。しかし、体に無理をさせるような外出はよくありません。体に負担をかけることなく移動できる、お出かけの移動手段とはなんでしょうか。普段から利用できる代表的な交通手段をまとめて紹介します。

徒歩圏内の散歩は安産につながる

臨月は安全第一ですが、外出や運動をすることがすすめられています。理由としては、運動をすることで、子宮口に刺激を与え、柔らかく開くようにしてくれるからです。

徒歩圏内の外出は、臨月の運動の基本です。1時間前後の時間を使い、のんびりと自分のペースで歩きます。そのとき、お腹の張りや痛みを感じたらすぐに休憩しましょう。

電車移動をするためには時間帯が大切

電車の利用者数は時間帯によってばらつきがあります。電車を利用する際は通勤・帰宅ラッシュの時間帯は避けましょう。また、電車は幅広い年齢層の人や異国の人などさまざまな人が利用します。そのため、インフルエンザなどの流行や感染症などの感染に気を付けなければなりません。基本的に交通機関を利用する際は、マスクを装着しておきましょう。

臨月に車移動は?運転はしていいの?

臨月時に車に乗ることはあまりおすすめできません。プライベート空間であり、陣痛が起きた際もいち早く病院に向かえる点はメリットですが、妊婦が同じ姿勢をキープすることは、とても疲れやすく体の負担となります。また、車移動は渋滞に巻き込まれる可能性があるため、時間通りの行動が難しくなります。外出の予定を、決めた時間内に行うためには、車での移動はさけ、公共交通機関を利用しましょう。

合わせて読みたい

時期別で便利!妊娠したら必要な9つのもの
初めての妊娠、ドキドキしながら赤ちゃんの誕生を待っている人が多いことでしょう。赤ちゃんの胎嚢や心拍が確認できたら一安心、この頃からマタニティウエアやグッズの準備を始めます。 しかし、最初に必要と思われるものをすべて購入してしまうと、余分な買い物をしてしまったり、置き場に困ったりしてしまうことも...

臨月の外出時に持っておきたい必需品

臨月になると距離に関係なく、いつでも出産に臨めるように備え、携帯しなければならない必需品があります。また、いつ陣痛や破水が起きてもいいように入院バッグは、臨月前から用意しておきましょう。ここでは、臨月に持ち歩くべき必需品を紹介します。

持ち物の基本は、緊急連絡先と

まず、臨月に限らず持っておきたい基本的な持ち物が、緊急連絡先が記入されたものと母子手帳です。緊急連絡先は一か所だけでなく、多めに書いておきましょう。また、妊娠状況がわかる母子手帳と通院している病院が書かれているものを常に携帯するようにしましょう。自力で連絡ができないような状態のときに、周りの人が病院に連絡できるように準備することが安全につながります。

あると便利な夜用生理用ナプキン

出かけた先で破水をしてしまうことがあります。そんなときに携帯しておくと便利なものが夜用の生理用ナプキンです。破水した際、水分を吸収する必要もありますが、それ以上に膣内に細菌が入らないように清潔にしなければなりません。そのため、タオルなどを使用するより、防水シートや生理用ナプキンを使い病院に向かいます。人によっては、ドバっと破水するため、吸水性がある夜用のナプキンを持っておくことがおすすめです。

出かけた先の環境に合わせた服装

妊婦は、体温調節がうまくいかないことが多いので、お腹を冷やさないためにも羽織るものがあるととても便利です。外出先の気温によって変えられるように薄いカーディガンなどを持参しましょう。また、免疫力の低下などからウイルスや菌をもらいやすいため、マスクをして出かけるようにしましょう。体調管理は大切なママの仕事です。念のためを考えて服装も工夫しましょう。

おわりに

臨月は出産の直前です。常に健康の変化に気を付け、体に疲れがたまるような過ごし方はやめましょう。また、健康で元気な赤ちゃんを出産するためにも、ママがリフレッシュできるような時間を過ごし、体調に合わせた外出をしましょう。

ピックアップ

妊娠週別に懸念される妊婦と胎児の症状まとめ
妊活している方、または妊娠したばかりの方にとって気になるのは妊娠週別の赤ちゃんの成長と、それに伴う母体の症状ですね。事前にどういう症状が出るのか知っておくだけで安心できますし、実際にその時がきたらきちんと対処することができます。今回はそんな妊娠週別の母体と赤ちゃんの様子についてご紹介いたします。...
出産前の入院準備!バッグに入れて準備しておきたい、便利な持ち物リスト
妊娠後期に入った妊婦さんであれば、まもなく会える赤ちゃんの顔を想像して、毎日が期待と不安で胸いっぱいではないでしょうか。本番の出産予定日に向け、少しずつ入院の準備をしておくことで、そわそわした気持ちを落ち着かせることができます。入院してから「用意しておけばよかった!」と後悔しないためにも、持ち物...
よだれつわりがしんどい!よだれつわりの原因・症状・対策方法
妊娠中のつらい症状のひとつが「つわり」です。期間や症状の重さなどは人によって異なりますが、出産を経験したことのあるお母さんならそのつらさがわかるかと思います。しかし、今回ご紹介するのはつわりの中でも珍しい「よだれつわり」です。出産経験者の方でもご存知ない方がいらっしゃるのではないでしょうか? 実...
28歳。A型。独身。
結婚についてよく聞かれるお年ごろ。専門知識に目がなく、探しものやコラムを書くのが好き。女性が安心して生活を送れるよう食品に含まれている添加物や成分について研究中。「食」に関する記事の執筆を主に担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
臨月だけど外出しても大丈夫?携帯するべきものは?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠後期(8カ月~10カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る