やはり胎教にはモーツァルト?胎教によいクラッシック音楽6選!

良ければシェアをお願いします。

クラシック

妊娠したとなると、子どものためになることならなるべく早いうちから少しでもやってあげたいと思うのが親心というもの。その中でも気軽にできるものがで、お腹の赤ちゃんと良い音楽を聴くというのが一般的な方法です。しかし、実はもっと様々な方法や意義があるのです。ここでは胎教の基礎知識とおすすめのクラシック音楽をご紹介します。

スポンサーリンク

胎教って何?何のためにするの?

胎教は胎内教育ともいい「優秀な子に育てるため、胎児のうちから始める早期教育」と考える人もいます。胎教には様々な考え方や捉え方がありますが、要するに胎児に何かしらの良い影響を与えるために、胎児の脳を刺激したり母体を精神的に安定させたりすること、といえます。

胎教によってどんな効果が得られるの?

大ざっぱに言えば、胎教とは胎児との時間をより良く過ごすために何をするか、ということといえます。妊婦が精神的に安定した状態でいることが、胎児に良い影響を与えるのでしょう。科学的根拠はないとされていますが、胎教の効果には「情緒の安定した子になる」「夜泣きをしないなど育てやすい子になる」などが挙げられています。

効果的な胎教にはどんな方法がある?

胎教の方法には、良い音楽を聴かせる、胎児に優しく話しかける、絵本を読み聞かせるなどのほか、胎児が中からお腹を蹴ったら同じ場所を外から軽く叩き返すゲームのようなものもあります。どんな方法が効果的かと難しく考えすぎず、妊婦が純粋に心地良いと思えることをやってみると良いでしょう。また、妊婦の運動や食生活を考えることも胎教の一種と考えられています。

胎教はいつから始めると効果的?

胎児の脳には妊娠3ヶ月頃の記憶があるとか、妊娠6ヶ月頃からは脳の機能が著しく発達するのでその頃から良質の芸術などに触れるのが良いとも言われます。しかし、酷いつわりや忙しい仕事のために時機を逃したと後で悔やむことはありません。やろうと思った時がベストのタイミングであり、全く胎教をやらなくても特に問題はありません。

合わせて読みたい

妊娠中のストレスを解消する3つの方法
妊娠中は様々なストレスにさらされますが、特に初めての出産の場合はお腹にいる赤ちゃんのことを考えて、「自分はこの子にとって良い母親になれるのだろうか」という不安が一番大きなストレスになると思います。 誰もが抱えるストレスですが、ずっと解消されないままでいると、胎児にとっても自分にとっても悪影響を...

定番、モーツァルト鑑賞!どの曲が良い?

胎教の定番中の定番は、胎児に音楽、特にクラシック音楽を聴かせることでしょう。中でもモーツァルトの楽曲には「1/fのゆらぎ」というヒーリング効果があるとされる現象が見られるためによく利用されます。ここでは胎教に適したモーツァルトの楽曲を3曲ご紹介します。

鉄板!「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」

モーツァルトの楽曲の中でも非常に有名で、胎教にもよく使われているのが「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」というセレナーデです。誰の耳にも心地良く明るい気持ちになる曲で、赤ちゃんに対する夢や希望が思わず膨らみます。赤ちゃんに話しかけたり、生まれてくる赤ちゃんがどんなふうに成長していくのかに思いを馳せる時のBGMとして最適です。

美しい旋律「ディヴェルティメントニ長調K136」

モーツァルトがわずか16歳の頃に作曲したという「ディヴェルティメントニ長調K136」は、弦楽四重奏のための曲で、モーツァルトの楽曲の中で最も有名な作品です。貴族達の社交場や食卓など屋内で演奏されるための楽曲であり、明るく軽快なメロディながら、聴いているうちに自然とその優雅さの中に入り込んで、世界は美しいとしみじみ感じてしまうはずです。

可愛らしさ溢れる「春への憧れK.596」

「春への憧れK.596」は、子ども用の歌曲として作曲され、日本でも明治時代から親しまれてきた作品です。子ども用というだけあって複雑な旋律はなく、明るさと可愛らしさに満ち溢れています。ピアノの初歩の練習曲としても知られていますが、ピアノやハープでの演奏のほか、声楽家やウィーン少年合唱団による歌声の美しさにも心洗われます。

合わせて読みたい

妊娠16週~27週までの赤ちゃんの成長を解説!
妊娠中期は安定期の時期です。辛くしんどかった妊娠初期の悪阻などが収まってくる時期ではありますが、安定期とは言え妊娠中期ならではの症状や赤ちゃんの変化があります。 この時期の赤ちゃんはお腹の中でどのような過ごし方をしているのでしょうか。また、お母さんにどんな影響があるのでしょうか。そんな事を...

モーツァルト以外のおすすめクラシック!

モーツァルト以外のクラシック音楽にも、胎教におすすめのものがたくさんあります。妊婦さんが楽しく音楽を楽しむために、胎教には自然と明るく優雅な楽曲を選曲することが多くなりますが、妊婦さんのその時々の状況に合わせていろいろな色調を持った音楽を楽しんでください。

誕生が楽しみになるヴィヴァルディ「四季」より「春」

ヴィヴァルディの「四季」は4つの季節にそれぞれ3楽章があり、計12楽章で成り立っているヴァイオリン協奏曲集です。日本で最も有名なのはこの「春」でしょう。多くの生命の始まりである「春」ですから、いかにも赤ちゃんと聴くのに相応しいタイトルです。他の季節の楽章も素晴らしい音楽ばかりですので、この機会に通しで聴くのもおすすめします。

哀愁も感じるショパン「ワルツ第10番」

美しい旋律の中に悲しみも凝縮されているかのようなショパンの「ワルツ第10番」。どこか人の心を感傷的にさせ、決して明るい気分になるタイプの楽曲ではありません。しかし涙を流すことでストレスが解消され癒しになるという話もあります。妊娠中においても、むやみに明るいことを考えたくない気分の時もあるでしょう。ただただ美しさに浸っているうちに、心癒されるはずです。

ハッピーな時間を!ボッケリーニ「メヌエット」

ボッケリーニ「メヌエット」と呼ばれている楽曲は、正式には「弦楽五重奏曲ホ長調G275」の第3楽章という名の宮廷舞踊曲です。誰もが一度は聴いたことがあるはずの有名な楽曲です。ゆったりとしたリズムの中に軽やかさがあり、目を閉じて聴けば優美な貴族達の社交パーティーの世界にも誘われそう。静かに聴きながら眠れば赤ちゃんと一緒に良い夢が見られそうです。

おわりに

なかなかクラシック音楽に触れる機会がなかった方でも、胎教をいい機会として是非聴いてみてください。どうしても眠くなってしまう方も多いと思いますが、それは心地良くなってしまうからであり、良質な音楽である何よりの証拠です。それに素敵な音楽とともに妊婦生活を過ごせば、後でその音楽を聴くたびにその時代を自然と思い出せるでしょう。

ピックアップ

妊娠中におすすめなアロマリラックス法3選
マタニティブルーという言葉があるように、妊娠中はストレスや疲れが溜まりやすい時期です。気軽に薬を飲むこともできないため、ちょっとした体調の変化に不安を抱える妊婦さんも多いようですね。そんな時はアロマテラピーの香りで心身ともにリフレッシュし、不調を緩和してみてはどうでしょうか。良い香りに包まれて自...
胎動はいつから?さまざまな胎動の種類について
胎動を感じ始めると、お母さんになる喜びを実感するという声をよく耳にします。胎動は新しい命からお母さんへのメッセージなため、妊娠すると「早く胎動を感じたい」と胎動を心待ちにする方が非常に多いです。 そこで今回は、胎動はいつからわかるのか、どのような種類があるのかなど、胎動に関する基本知識をまとめ...
妊娠中の旅行はいつまで平気?気をつけておきたい3つのこと
妊娠中ずっと家にいてばかりだとストレスが溜まり、気晴らしがしたくなります。ただ、妊娠中の旅行はママの体や赤ちゃんに負担をかけてしまうのではないかと心配なことも多いです。 確かに環境が変わると普段より疲れが溜まりやすくなるため、妊婦さんは特に体調に気をつけなければなりません。ですが、万全の体調で...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。
購読はいいねが便利です!
やはり胎教にはモーツァルト?胎教によいクラッシック音楽6選!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠中期(5カ月~7カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

妊娠中期(5~7ヶ月)の悩みについて・・・あわせて読みたい

妊娠中の旅行はいつまで平気?気をつけておきたい3つのこと
妊娠中ずっと家にいてばかりだとストレスが溜まり、気晴らしがしたくなります。ただ、妊娠中の旅行はママの体や赤ちゃんに負担をかけてしまうのではないかと心配なことも多いです。 確かに環境が変わると普段より疲れが溜まりやすくなるため、妊婦さんは特に体調に気をつけなければなりません。ですが、万全の体調で...
女の子or男の子?赤ちゃんの性別が判断できるのはいつ?
妊娠してまず気になることは、赤ちゃんの性別ではないでしょうか。昔は妊娠中に性別を判断する術がなかったため、お腹の形や母体の顔つきの変化などで推測するしかありませんでした。しかし、近年は超音波機器の発達により、妊娠中に赤ちゃんの性別を判定することができるようになったのです。では、実際にいつ頃から性...
胎動はいつから?さまざまな胎動の種類について
胎動を感じ始めると、お母さんになる喜びを実感するという声をよく耳にします。胎動は新しい命からお母さんへのメッセージなため、妊娠すると「早く胎動を感じたい」と胎動を心待ちにする方が非常に多いです。 そこで今回は、胎動はいつからわかるのか、どのような種類があるのかなど、胎動に関する基本知識をまとめ...
安定期とはいつからいつまで?知っておきたい4つのこと
「安定期」という言葉は、妊娠中は耳にする機会の多い言葉だと思いますが、「安定期」についてよくご存じの方は案外少ないのではないでしょうか。「妊娠何ヶ月目から何ヶ月までを安定期と呼ぶのか」など、なかなか知識を得られる機会の少ない「安定期」について、詳しく知っておきたい4つのことをご紹介します。 ...
子癇発作ってなに?原因・症状・治療法まとめ
体にさまざまな変化が起こる妊娠中の病気として「子癇発作」があります。場合によっては命にかかわる症状もあるとても恐ろしい病気です。それらの症状が「いったいどんなもので」「どんなことが原因で起きて」「どんな症状になって」「そしてどんな治療方法があるのか」を知っておくことで、冷静に慌てずに対処でき...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る