妊婦だって刺し身が食べたい!妊婦が食べてよい刺し身を発表!

それでは発表!妊婦が食べてもよい刺し身

食べてもよいもの
妊婦が食べてもよい刺し身とは、「新鮮であれば量や回数を気にすることなく食べられる刺し身」です。しかしながら「新鮮であれば量や回数に気を付ければ食べてもよい刺し身」もあります。普段から好んで食べる刺し身がどちらなのかを知り、赤ちゃんに影響の出ないようにストレスをためずに刺し身を味わいましょう。

量や回数を気にせず食べられる刺し身

スーパーの刺し身コーナーやすしネタとしても身近な、キハダマグロ、ビンナガマグロ、メジマグロ、カツオ、タイ、アジ、イワシ、サケ、サバ、サンマ、ブリ、チゴダラ、アカムツ、イカ、タコは量や回数を気にせずに食べられる刺し身です。水銀含有率が高いと言われるマグロ、のどぐろも、その全てが高いわけではありませんので気にせずに食べても大丈夫です。

1回4切れ程度を週2回であれば食べてもよい刺し身

水銀含有率が高い部類に入るものの、1回4切れ程度、一人分約80gを週2回程度であれば食べてもよい刺し身には、キダイ、マカジキ、ミナミマグロ、ユメカサゴ、ヨシキリザメ、イシイルカがあります。普段あまり目にしない、食べること自体少ない魚が多いのが特徴です。これらは週2回食べてもよいんだ程度に覚えておけばよいでしょう。

食べてもOK!ただし、量と回数に注意する刺し身

キンメダイ、メカジキ、クロマグロ、メバチマグロ、エッチュウバイガイ、マッコウクジラ、ツチクジラ、コビレゴンドウ、バンドウイルカ。これらは水銀含有率が高く、妊婦は注意が必要と言われる魚ですが、1回4切れ程度、一人分約80gを週1回程度であれば問題ないと言われています。水銀が含まれているからと我慢する必要はありませんので、量や回数に気を付けて食べましょう。

マグロの水銀

おわりに

魚には栄養が豊富に含まれています。水銀含有率は気になるものですが、刺し身を食べることは赤ちゃんの成長につながることです。大量に食べない限り赤ちゃんに影響は出ないと言われていますので、あまり神経質にならずに刺し身を楽しみましょう。

ピックアップ

赤ちゃんは夏バテしやすい。夏バテの予防対策
赤ちゃんは夏バテしやすい。夏バテの予防対策
近年では猛暑による熱中症をはじめ、暑さによるさまざまな問題がニュースでも取り上げられています。真夏にあれば、大人でもぐったりするような暑...
赤ちゃんがコンセントにさわると危険!安全対策しておこう
赤ちゃんがコンセントにさわると危険!安全対策しておこう
新生児のころは布団ですやすや寝ていた赤ちゃんも、成長するごとに行動範囲が広がっていきます。そうなると、赤ちゃんが自ら移動し、興味のあるも...
赤ちゃんの夜泣きは妻任せ?そのとき夫はどう対応するべき?
赤ちゃんの夜泣きは妻任せ?そのとき夫はどう対応するべき?
赤ちゃんの夜泣きは、終わりがみえないトンネルのようなもので、心身ともにへとへとになります。赤ちゃんが夜泣きをしたとき、妻は夫にも対応して...
7歳3歳1歳の1男2女のママです。毎日子育てに奮闘中!

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る