あなたは大丈夫?スマホの見すぎで「スマホ二重アゴ」に激変

スマホで二重顎
スマホは今や、老若男女問わず必要なアイテムとなっています。いつでもどこでも思いついたときに情報を検索したり、ゲームを楽しんだりなどが気軽にできるので、つい夢中になることもありますよね。しかしスマホは便利な半面、私たちの心や身体に不調をもたらすことがあるのです。特にスマホを見すぎると二重アゴになってしまう危険性もあります。
ここでは、スマホの心身への影響や二重アゴになる原因や対策についてご紹介します。

スマホの見すぎで生じる不調にはどんなものがある?

スマホで肩こり
スマホを長時間見ていると、身体が疲れて、気分が悪くなったという経験をしたことのある方も多いことでしょう。スマホを見続けると、下向きの体勢をずっと維持しておかなければなりませんし、ブルーライトの影響を受けやすい状態となってしまうのです。スマホを見続けることでどのような心身の不調が生じるかを以下に見て行きましょう。

頭痛や肩・首コリなどが起こる

スマホを見ているときは大抵画面に近づき、前かがみで過ごすことがよくありりでしょう。私たちの身体は前かがみになると自然に、顔や首なども下を向いた姿勢になります。そうすることで、顔から肩、首の筋肉が緊張し硬くなるといわれています。筋肉が硬くなると体内の血液のめぐりが滞ってしまうため、頭痛や肩・首コリにつながってしまうのです。

不眠やうつ症状が出現することも

スマホを長く見すぎると、自律神経を乱してしまう恐れがあります。自律神経には、緊張状態にする交感神経と副交感神経があります。スマホは心身をリラックスさせる副交感神経の機能が阻害されるのです。そうなると脳が必要以上に活性化するため夜も眠れなくなったり、疲れやすくなったりしてしまいます。このような状態が続くことで、心にも影響を及ぼしうつ症状が出ることもめずらしくありません。

いつのまにか二重アゴになってしまう

二重アゴは主に体重が増えたり、顔が太ったりしたときになるものです。しかしスマホを見すぎることで顔下の首まわりの筋肉が縮みます。そのせいでアゴの下に余分な肉が付いてしまうといわれています。顔自体は太っていないのに、アゴが二重に見えるようになったら気を付けたいところですね。

合わせて読みたい

あらやだ、二重あご!二重あごの原因と解消方法。キレイなママでいるために
あらやだ、二重あご!二重あごの原因と解消方法。キレイなママでいるために
肥満や加齢が原因だというイメージが強い二重あご。でも実際のところ、「別に太ったわけではないはずなのに、二重あごが気になる…」という方も多...

スマホの見すぎと二重アゴの関係とは

ストレートネック
上記でも少し触れましたが、スマホを見すぎる生活が続くと、二重アゴになってしまうことがあります。二重アゴというと、太ったときに現れやすい症状です。スマホを長時間見ることで二重アゴになりやすい環境を作ってしまうこともあるのです。その原因の詳細についてお伝えします。

姿勢の悪さが原因でアゴがむくむ

スマホを見ているときは、首を前に出し前かがみになりながら過ごす方が多いです。このような姿勢を続けると、首に負担がかかり血流が悪くなってしまいます。また姿勢が崩れていることで頭の重みが身体全体にかかるため、血液の循環はより滞ります。体内のめぐりがうまく行かなくなると老廃物がたまりやすくなるので、アゴがむくみ、二重アゴをもたらします。

ストレートネックになってしまったから

ストレートネックとは、首の骨がまっすぐに伸びて固定された状態のことをいいます。本来なら、首の骨はゆるやかな曲線のような状態になっています。しかしスマホを長時間見ていると頭が前方に傾きゆがんでしまうため、アゴを引く筋肉が衰えるとされています。この筋肉の働きが不十分になることで、アゴまわりに脂肪が付きやすくなり、たるみが生じやすくなり二重アゴの原因になってしまうのです。

舌を動かさないことでアゴの筋肉がゆるむ

スマホを見すぎる時間が長いほど、必然的に人と会話をすることは少なくなります。つまりスマホをしている間は黙っていることになりますので、舌を動かしていないことにつながります。実は、舌を長時間動かさないでいると唾液の分泌量が減るとともに、顔の筋肉も使わない機会が増えるのです。つまり唾液が出ないと身体の調子が悪くなり、口のまわりの筋肉も動かさないため、アゴの筋肉がゆるみ二重アゴになるといわれています。

食いしばりをしている

スマホを見ているとどうしても顔が下を向いてしまいます。特に映画、ドラマだと気がつかないうちに長時間集中して画面見ることに。このとき、知らず知らずのうちに食いしばりをしてしまっているのです。さらに下を向くことで

口がへの字になる → 口まわりの筋肉がこわばる → 顔がゆがみ脂肪が顔全体に落ちてく → 脂肪が付く → フェイスラインが崩れる

という負の連鎖が起こってしまうのです。

合わせて読みたい

ケーゲル体操で安産と産後ダイエット!一体どんな体操?
ケーゲル体操で安産と産後ダイエット!一体どんな体操?
ケーゲル体操は、子宮などの内臓を支える働きのある骨盤底筋を引き締めるための体操です。出産前から行うことで安産になりやすく、産後では母体の...
福祉系大学で心理学を専攻。卒業後は、カウンセリングセンターにてメンタルヘルス対策講座の講師や個人カウンセリングに従事。その後、活躍の場を精神科病院やメンタルクリニックに移し、うつ病や統合失調症、発達障害などの患者さんやその家族に対するカウンセリングやソーシャルワーカーとして、彼らの心理的・社会的問題などの相談や支援に力を入れる。現在は、メンタルヘルス系の記事を主に執筆するライターとして活動中。《精神保健福祉士・社会福祉士》

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

コメント
購読はいいねが便利です!
あなたは大丈夫?スマホの見すぎで「スマホ二重アゴ」に激変
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る