スマホを手放して子どもとデジタルデトックスに挑戦

デジタルデトックス
パソコンやスマートフォンが普及してから、家にいながら買い物ができたり、遠く離れた人と連絡が取れたりと、生活が大変豊かで便利になりました。しかし、その一方でデジタル機器に依存してしまい、スマホやパソコンのせいで偏った生活を送っている人もいます。そんな現代ならではの問題を解決してくれるのが、デジタルデトックスと呼ばれるものです。今回は、デジタルデトックスについて、詳しくご説明します。

デジタルデトックスの特徴とは?

家族の会話
デジタルデトックスについて、まだ詳しく知らないという方も多いでしょう。そこで、まずデジタルデトックスの特徴をいくつかご紹介しましょう。ご自身や子どものスマホやパソコン中毒の解決法になるかもしれませんよ。

デジタル機器から徹底的に離れる

名前の通り、デジタルデトックスはスマホやパソコンなどのデジタル機器から、1日徹底的に離れるものです。便利になったこの時代に、デジタル機器を一切使わずに過ごすなんて難しいと思うかもしれませんが、そういったものがなくても意外と生活することはできてしまいます。そもそも、デジタル機器がここまで発達したのはこの数十年くらいですから、つい最近まではこうした機器がなくても十分に生活できていたのです。

デジタル機器への依存を解消できる

最近は誰でもスマホを持っているので、子どもにスマホやタブレットを持たせているという方もいるでしょう。しかし、まだ自分のコントロールが利かない子どもだからこそ、何時間もスマホを使ってしまい、依存症になる子もいます。無理やり機器を取り上げることもできますが、子どもの反感を買ってしまいます。しかし、デジタルデトックスなら1日機器から離れて外で過ごすだけなので、自然に依存を治すことが期待できるのです。

親世代もデジタル機器から離れられる

デジタルデトックスの基本的な方法は、家族全員でデジタル機器を持たずに出掛けるというものです。そのため、子どもだけでなく親世代もスマホやパソコンから離れることになります。スマホ依存症になるのは子どもというイメージがあるかもしれませんが、大人でも依存している人は意外と多いのです。つまり、デジタルデトックスは幅広い世代にとってメリットがあるのです。また、みんなで出掛けることで家族の時間が増えて絆が深まるというメリットもありますね。

合わせて読みたい

子どもが話しかけてもママはスマホに夢中。スマホネグレクトの危険
子どもが話しかけてもママはスマホに夢中。スマホネグレクトの危険
スマホネグレクトとは、親がスマホに夢中になって、子どもを無視したり放置したりすることです。ネグレクトは、育児放棄という虐待。スマホは便利...

デジタルデトックスはどのように行う?

家族で出かける
スマホやパソコンから完全に離れることで、依存から離れることができるデジタルデトックスですが、具体的にはどのように行うのでしょうか?デジタルデトックスをする前に、ぜひ知っておいてほしい方法をまとめました。

家族全員でスマホを持たずに出掛ける

デジタルデトックスは、家族全員で行いましょう。また、普段はどこへ行くにも必ずスマホを持って行くと思いますが、デジタルデトックスではあえて持って行かずに外出します。今のご時世にスマホを持たず外に行くというのは違和感がありますし、何かあったときは大丈夫なのかと不安になると思いますが、案外なくてもどうにかなるものです。普段のデジタル機器漬けから解放されるためにも、勇気を出してスマホを手放しましょう。

カーナビなども使わずにお出掛けする

デジタルデトックスの際に手放すのは、スマホだけではありません。デジタルデトックスではカーナビなどの機器も使わずに、お出掛けしてみましょう。デジタル機器が使えなくても地図やガイドブックを使って、目的地に行くことができます。最近はナビに目的地を入れて指示に従えば簡単に遊びに行くことができますが、あえてアナログの媒体を駆使して旅行することで、普段はできない貴重な体験をすることができますよ。

自然に触れる貴重な機会ができる

デジタルデトックスをするときには、ぜひ自然にあふれた場所に行きましょう。森の中に入ってキャンプや、夏なら海に行っても良いですね。スマホは何でも調べられるので便利ですが、自然の中から教わることもとても多いです。また、自然から教わることは、実際に体験してみなければ分からないようなことばかりです。最近は子どもが外で遊ぶことが少なくなったからこそ、デジタルデトックスで自然にあふれたところへ行ってみましょう。

合わせて読みたい

スマホ脳が学力低下を招く!?スマホと成績の関係
スマホ脳が学力低下を招く!?スマホと成績の関係
手軽で便利な「スマホ」もはや持っていることが当たり前の世の中ですね。スマホがあれば簡単にさまざまな情報を仕入れたり、容易に持ち運びできて...
福祉系大学で心理学を専攻。卒業後は、カウンセリングセンターにてメンタルヘルス対策講座の講師や個人カウンセリングに従事。その後、活躍の場を精神科病院やメンタルクリニックに移し、うつ病や統合失調症、発達障害などの患者さんやその家族に対するカウンセリングやソーシャルワーカーとして、彼らの心理的・社会的問題などの相談や支援に力を入れる。現在は、メンタルヘルス系の記事を主に執筆するライターとして活動中。《精神保健福祉士・社会福祉士》

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

コメント
購読はいいねが便利です!
スマホを手放して子どもとデジタルデトックスに挑戦
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る