お食い初め

お食い初め

用語お食い初め

読み方おくいぞめ

子どもが、将来に渡って食べ物に困ることがないよう願う儀式のことを、お食い初めと言います。食べ物に困らないための願いや、歯が生えるまでに成長したことに感謝する意味も込められています。お食い初めは、赤ちゃんの乳歯が生えはじめる頃、生後100~120日目ぐらいに行うことが多いです。特に日にちは決まっていませんが、儀式を行うときは赤ちゃんの健康状態をみながら計画してください。

関連記事

「子どもが一生食べることに困らないようにする」お食い初め祝い膳中身はどんな感じ?
「子どもが一生食べることに困らないようにする」お食い初め祝い膳中身はどんな感じ?
平安時代から行われ続けてきた「お食い初め」には、生まれてきた赤ちゃんがこれからの生涯において食べることで困らないようにといった願いが込め...
お食い初めって何をすればいい?準備・やり方について
お食い初めって何をすればいい?準備・やり方について
生後1カ月がたち、赤ちゃんにとって初めての行事であるお宮参りも済ませ、次に待っている行事がお食い初めとなります。お食い初めのやり方は地域...
0歳の1年間で子どもにしてあげたい九つのこと
0歳の1年間で子どもにしてあげたい九つのこと
親としては、大切なわが子には、できる限りのことはなんでもしてあげたいと思うものです。そこで今回は、6カ月の「お誕生日(ハーフバースデ...
29歳A型独身。気がつけばいわゆる草食系男子。知人親戚が次々と結婚・妊娠・出産していて色々と振りまわされている真っ最中。主に病院情報に関する調査・まとめを担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る