出産をするのはいつがいいの!?2つの観点から検証

良ければシェアをお願いします。

出産するのはいつがいいの!?2つの観点から検証

妊活をするにあたって、赤ちゃんが生まれてくる時期が何月になるのかを気にしたことはありますか?それぞれの生まれ月によって、子育ての方法や自治体などから受けられる保障や支援制度、学年ごとでの発育の違いなど、色々と変わってきます。

今回は、誕生月別で分かれるそれぞれの特徴を、大きく2つの観点でご紹介していきます。

スポンサーリンク

誕生月別に見る4つの季節ごとのメリット・デメリット

いつの出産がいいのか、ということを考える時に、当然季節のことは頭に入ってきますよね。
暑さや寒さに伴い、準備するものも変わりますし、体調などにも違いは出てきます。
このパートでは、季節ごとに変化する出産と子育てのメリット・デメリットをまとめてみました。

季節メリットデメリット
・過ごしやすい気候で温度調節が簡単にできる
・4月~6月生まれは保育園の入園で有利
・つわりが夏の暑い時期になる
・お散歩デビューが真夏
・産後の入浴がシャワーのみで済む
・赤ちゃんの服が軽装で楽
・ママはホルモンバランスの乱れであせもなどに敏感になる
・妊婦は体温が高いので辛い
・6ヶ月後の新生児期を過ごしやすい
・冬はお寝んねの時期なので外部との接触を避けられる
・沐浴やお風呂が寒い時期から始まる
・授乳期が冬なのでミルクが冷めやすくなる
・お出かけデビューが春になる
・部屋が暖かく保てれば体温調整は楽
・初期のつわりが暑い時期にくる
・赤ちゃんの風邪をひくリスクが高まる

季節ごとという観点であれば、どの時期でもメリットとデメリットが混在しているようですね。次のパートでは、また違う観点から出産の時期について見ていきたいと思います。

合わせて読みたい

出産予定日に産まれる確率とは?出産予定日の計算方法
妊娠すると真っ先に気になる出産予定日、いつ生まれてくるのかワクワクドキドキし、楽しみになります。しかし、「2週間早く生まれた」、「予定日を過ぎてもなかなか生まれてこなかった」と予測通りに生まれたという話はあまり聞きません。 今回は、予定日をどのように計算し、出産の確率はどのように導き出すのか、...

早生まれと遅生まれはどっちがトク?

日本では、1年の区切りを4月と定めているため、暦通りではなく、年度制によって学年が変わる制度になっています。俗にいう「早生まれ」と「遅生まれ」というものです。

早生まれ:誕生日が1月1日~4月1日
遅生まれ:誕生日が4月2日~12月31日


上で述べたように、早生まれは1月1日~4月1日までに生まれた子で、遅生まれは4月2日~12月31日までに生まれた子を指します。

では、早生まれと遅生まれではどのような違いが生じるのでしょうか。

その詳細は以下の通りです。

早生まれは発育が遅い?

かけっこ

早生まれの子は、どうしても学年で区切ってしまうと、幼少期の発育が遅れてしまいます。

確かに、4月2日に生まれた子と次の年の4月1日に生まれた子とでは、1年もの違いがあるわけですから、体力の充実度・勉強の理解度という点で、ある程度の差が出てくるのは想定できますよね。

ただ、早生まれの子が不利と決めつけるのも間違いだと思います。

さまざまな親御さんの意見では、学校で、遅生まれだから当たり前にできるというプレッシャーを感じたり、早生まれの子に合わせた授業進度になったりするなどの声も多くあり、必ずしも遅生まれの子が有利という認識ではないようです。学年が上がれば上がるほど、その違いはどんどんなくなりますから、心配する必要は全くないでしょう。

合わせて読みたい

知っておくと得する3つの出産費用節約術
出産にかかる費用がどのくらいなのか検討はつきますか?実は妊娠から出産までにかかる費用は決して少なくありません。妊活中からきちんと計画を立てておかないと、後々困ってしまうことがあります。 今回は知っておくと得する出産費用と、その節約術を紹介していきます。 必要な費用を整理する 出産までに...

税金や手当ての面では?

書類

早生まれと遅生まれを比較した時に出てくる違いの2つ目は、「扶養控除」と「児童手当」です。それぞれの違いを詳しく見てみましょう。

扶養控除

扶養控除は現在の法律だと、16歳以上の扶養家族が控除の対象という風に定められています。この16歳であるかどうかを判断する基準ですが、その年の12月31日(翌1月1日も含む)に満何歳であるかです。下記は扶養控除における早生まれと遅生まれの判定基準になります。

早生まれの子:1月2日~4月1日
遅生まれの子:4月2日~1月1日


これを今年の平成27年で考えてみると、平成12月度のお子さんが新たな対象となりますが、上の判定基準に照らし合わせたとき、同年1月1日以前に生まれた子は控除され、1月2日以降に生まれた子は控除がないということですね。

児童手当

児童手当に関しても、生まれた月が大きく関わってきますが、扶養控除と違って年度毎の切り分けになるというのがポイントになります。支給期限は中学校卒業までと定められており、中学生の場合、毎月の支給額は1万円です。

年度毎ということは、4月生まれの子は4月の段階から毎月もらい続けることが可能なのに対し、3月生まれの子は1ヶ月間のみの支給になってしまいます。

つまり、3月生まれの子と4月生まれの子では、11万円の金額差が生じるということです。

児童手当に関しては、以前から改正が叫ばれていますが、まだまだ4月~12月までの遅生まれの子が得られる権利に偏ってしまっている状況です。

おわりに

いかがでしたか?今回は、赤ちゃんの生まれる季節と生まれ月から、それぞれの特徴やメリット・デメリットをご紹介しました。季節という観点では一長一短あり、甲乙付け難いと言えますが、国や自治体から支給される手当などは4月~12月の遅生まれ組にメリットが多い印象です。

各々、最適な出産時期というのはもちろん考えるとは思います。しかし、赤ちゃんは授かりものですから、中々その通りにはいかないものです。

どんな時期に赤ちゃんが生まれてくれてもいいように、今のうちにさまざまな想定をしてみると良いと思います。

ピックアップ

産後うつとは?症状・原因・治療法まで徹底解説
産後うつとは、その名の通り産後に起こるうつ症状のことです。出産後は妊娠中に変化していたホルモンバランスが正常に戻りつつある状態で、気持ちも不安定になりがちです。その時に誘発されるうつ病の一種で、出産女性の10~15%が経験すると言われています。 出産後は赤ちゃん中心の生活になるためママの身体や...
赤ちゃんのしつけはいつからする?ママさんのお悩みを解決!
赤ちゃんには何を話しても分からないから、しつけをするのは1歳を過ぎたあたりから・・と考えてはいないでしょうか。しかし、しつけを始める時期は早ければ早いほど良いと言えます。といっても、0歳の赤ちゃんに食べ方を厳しくしつけたり、言葉できつく言ったりしても効果はありません。この時期に大切な事は、後に繋...
出産時に利用できる9つの手当金・助成金・給付金
出産にかかる費用はどのくらい必要か把握されていますか?主に分娩費と入院費を合わせたものが出産費用とされますが、全国的な平均額は約40万~50万の間です。 1人の赤ちゃんを産むのに出産時だけで、これほどの大金が必要となります。妊娠~出産までということを考えたら、さらに金額は大きくなりますよね。 ...
33歳。B型。既婚。
妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。
購読はいいねが便利です!
出産をするのはいつがいいの!?2つの観点から検証
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

陣痛についてのどのようなイメージがありますか?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

出産前の悩みについて・・・あわせて読みたい

出産予定日に産まれる確率とは?出産予定日の計算方法
妊娠すると真っ先に気になる出産予定日、いつ生まれてくるのかワクワクドキドキし、楽しみになります。しかし、「2週間早く生まれた」、「予定日を過ぎてもなかなか生まれてこなかった」と予測通りに生まれたという話はあまり聞きません。 今回は、予定日をどのように計算し、出産の確率はどのように導き出すのか、...
前駆陣痛から本陣痛に変わるまでの期間
妊娠後期に入って出産が近づいてくると、ナーバスになる妊婦さんはたくさんいます。特に陣痛に関して意識する方が多く、陣痛にちゃんと気づくことができるか、痛みはどのくらいなのかと不安を感じるものです。陣痛と一口に言っても、前駆陣痛・本陣痛と段階があるため、わかりづらく不安要素になってしまいがちです。 ...
知っておくと得する3つの出産費用節約術
出産にかかる費用がどのくらいなのか検討はつきますか?実は妊娠から出産までにかかる費用は決して少なくありません。妊活中からきちんと計画を立てておかないと、後々困ってしまうことがあります。 今回は知っておくと得する出産費用と、その節約術を紹介していきます。 必要な費用を整理する 出産までに...
出産をするのはいつがいいの!?2つの観点から検証
妊活をするにあたって、赤ちゃんが生まれてくる時期が何月になるのかを気にしたことはありますか?それぞれの生まれ月によって、子育ての方法や自治体などから受けられる保障や支援制度、学年ごとでの発育の違いなど、色々と変わってきます。 今回は、誕生月別で分かれるそれぞれの特徴を、大きく2つの観点でご紹介...
出産時に利用できる9つの手当金・助成金・給付金
出産にかかる費用はどのくらい必要か把握されていますか?主に分娩費と入院費を合わせたものが出産費用とされますが、全国的な平均額は約40万~50万の間です。 1人の赤ちゃんを産むのに出産時だけで、これほどの大金が必要となります。妊娠~出産までということを考えたら、さらに金額は大きくなりますよね。 ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る